Menu Links
  • papersky

鳥の眼で俯瞰する、知られざるアルプスの風景

, 2015/05/27

ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア、スロベニア、リヒテンシュタイン、スイスの七ヵ国にまたがって4,000m級の名峰が連なるヨーロッパアルプス。東西約1,000km、南北約150kmの広大な山岳地帯は、日本の本州とほぼ同じ面積を誇る。そんなヨーロッパアルプスを、これまでにない独自の視点で紹介したのが、4月18日(土)から公開されているドキュメンタリー映画『アルプス 天空の交響曲』である。

本作の最大の特徴は、ほぼすべての映像が空から撮られていることである。シネフレックスカメラという、時速320kmまで撮影可能で、高さ数千メートルからぶれることなく地面をズーム撮影できるという超高性能カメラが用いられ、山岳風景はもちろん、人々や動物の姿、大空を舞う鷲をも躍動感あふれる映像で描き出している。もちろん、珠玉のような映像は卓越した感性と技術をもつ制作チームによるものであることは言うまでもない。

これまで数々の登山家がそれぞれの物語を繰り広げ、現在もなお登山家の夢と憧れと絶望が刻まれ続けているアルプス。しかし、アルプスを空から俯瞰した風景は著名な登山家でさえ見たことはないだろう。登場する風景は観光名所にとどまらず、人知れず岩山の絶頂に鎮座する十字架だったり、山の奥深くに轟く大滝だったり、太古からの造山活動によって形成された地層や悠久の時をかけて流れ下る氷河の幾何学的な模様だったり、アルプスの恵みを糧に山麓で暮らす人々の姿であったりする。それらはアルプスに隠された宝石のような風景に思えてくる。ただ単に美しい風景を羅列するのではなく、その先にある世界を、見て、感じて、考えることのできるドキュメンタリーなのである。

日本語のナレーションは女優の小林聡美さん。極上の映像とともに、詩的なナレーションも魅力だ。映画はすでに公開中。今まで知らなかったアルプスとの出会いが、そこにある。

『アルプス 天空の交響曲』 監督:ペーター・バーデーレ&セバスチャン・リンデマン
alps-tenkuu.com

Tags: ,









クレーの心に刻まれた、三角形の山ニーセン

ベルン州南部の高地帯ユングフラウ地方に「ニーセン」というちょっと不思議な山がある。なぜ不思議なのかと… »STORY

さまざまに活躍する籠|暮らしに生きるサルデーニャの手仕事(1)

島の中東部、オリスターノより少し上に位置するサン・ヴェロ・ミリス。伝統的な籠を編む女性がいるという情… »STORY

少年たちの遊泳場から、夜は大人のバーに|Mannerbad Schanzengraben

前述のFrauenbadiとは反対に、こちらは照れ屋な男性のためのリド。大通りから一本入った路地裏に… »STORY

Tree People -「木の民」たちが守ってきたもの

生活の場、道具の資源としてだけでなく、人々の心を支え続けてきた森の木々。フィンランド中の森を訪ね歩き… »STORY

夜のライブで盛りあがるリド|Seebad Enge

日が沈むと、チューリヒのプールサイドはまた別の表情を見せる。FrauenbadiやSchanzeng… »STORY

木々に支えられてきた「森林先進国」として|Lusto & Luke

国土の75%を森林が占めるフィンランドの人々にとって、森はつねにすぐそばにある心の拠り所であり続けて… »STORY

サウナはフィンランド人の大切な社交場|Finnish Sauna

フィンランド人のライフスタイルを語るうえで「サウナ」を外すことは、日本人の生活から「温泉」を外すくら… »STORY

おいしいがつなぐもの

去年の夏休みは、クロアチアの南端のイストラ半島と、フィンランドの西の町キュロを訪れた。ヨーロッパの南… »STORY

ENALLOID × PAPERSKY “Through the Lens” 003 若木信吾

PAPERSKY本誌との連動企画「ENALLOID × PAPERSKY “Through the … »STORY

Vete-Katten|FIKA café in Stockholm 10

ヨーロッパらしいクラシックなティーサロンのたたずまいを残す、1928年創業の老舗ベーカリーカフェ「V… »STORY

ENALLOID × PAPERSKY “Through the Lens” 001 若木信吾

今号よりスタートした、PAPERSKY本誌との連動企画「ENALLOID × PAPERSKY “T… »STORY

Bageri Petrus|FIKA café in Stockholm 9

週末ともなると店の前に長蛇の列ができるほど、パンのクオリティに定評のあるベーカリーカフェ。今回の滞在… »STORY

Hotel Allegro Bern|眺めのいいスイスのホテル 5

ベルンはスイス連邦の首都であるとともに、旧市街の美しい街並みが1983年にユネスコ世界遺産にも登録さ… »STORY

フランス、古今の岩登りを巡る旅

アトリエ小屋の本棚に、一冊の古い本がある。 『雪と岩』 著者の名前はガストン・レビュファ。日本で… »STORY

屋根裏部屋の誇り

野地板と呼ばれる4mの杉板を三角形に組み合わせて垂直に立てる。下に置いた新聞紙に火をつけると、発生し… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.12 Sweden

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

Sophies Canelé|FIKA café in Stockholm 8

ストックホルムの街にはちょっとめずらしいカヌレの店を発見。2年前にオープンしたばかりというここは、オ… »STORY

Kaffe|FIKA café in Stockholm 7

オシャレ過ぎても居心地が悪い。少しの“いなたさ”を求める人におすすめのカフェ。もともとこの近くでカフ… »STORY

6/5/4|FIKA café in Stockholm 6

インディペンデントでクリエイティブな店が集まるソーホーエリアの一角にあるサーフショップ。そのたたずま… »STORY

Drop Coffee|FIKA café in Stockholm 5

カフェから10分ほどの場所にロースタリーをもち、扱う豆はすべて実際に産地を訪ねて見極めたもののみ、フ… »STORY

Hotel Schatzalp|眺めのいいスイスのホテル 3

美しいアールヌーヴォー様式の建造物で、1900年にこのホテルが建てられて以来、今もそのクラシックな雰… »STORY

Green Rabbit|FIKA café in Stockholm 4

次々と新しいレストランがオープンし、食のシーンがますます元気なストックホルムで、ミシュランの2つ星を… »STORY

Petrus Jakobsson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 4

「子どものころから手づくりの食べ物に囲まれて育ちました。特にフィーカは思い出深くて、子どもながらにコ… »STORY

Elisabeth Johansson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 3

店はもたず、雑誌やテレビなどを中心にフードスタイリストとして活躍しているエリザベス・ヨハンソンは、母… »STORY

Per Olsson|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 2

ストックホルム中心地から地下鉄で30分ほどの郊外に、昔ながらのたたずまいをしたカフェ「Nya Lun… »STORY

Conrad Tyrséns|フィーカの時間を彩る4人のシェフたち 1

ストックホルムから南へ200kmほどの距離にある、ゴッドランド島ヴィスビーで生まれ育ったというコンラ… »STORY

place
アルプス

© 2008-2020 Knee High Media. All Rights Reserved.