Menu Links
  • 「へんろ道」周辺には新旧様々な標石が建てられている
  • 第78番札所・郷照寺本堂には、珍しい立体の天井画が
  • 江戸時代からところてん茶屋を営んでいるという「清水屋」
  • 黒みつをたっぷりとかけて頂くところてんは絶品
  • 昔ながらの「へんろ道」が保存されている根香寺に向かう林道
  • 目移りせずにはいられない人気店「蒲生うどん」のトッピング
  • 修験道のお寺である根香寺の境内には静謐な空気が漂う
  • 旅の最後に立ち寄った仏生山温泉で、建築家の岡昇平さんと
  • 計7日間1200kmを超える距離を走り切ったプリウスPHV
  • 長旅の末、第88番札所に辿り着いたルーカスとプリウスPHV

DAY7: Kagawa 1200kmの旅路を完走し、1200年先に思いを馳せる

, 2014/12/18

昨日あれだけ甘味を堪能したにも関わらず、本日最初に立ち寄ったのは、第79番札所・天皇寺…ではなく、そのそばにあるところてん茶屋「清水屋」だ。近くの湧水でつくられるところてんに黒蜜をたっぷりとかけるルーカス。やはり四国は甘味天国だ。

しかし、香川といえばやはりうどん。「清水屋」からほど近い県内有数の人気店「蒲生うどん」で本場の讃岐うどんを堪能し、いよいよゴールへのカウントダウンが始まる。第81番札所・白峯寺から、往年の遍路道が残る林道を通って、第82番札所・根来寺へ。見頃を迎えた楓が美しい。

石の産地として知られる牟礼町には、1969年からこの地にアトリエと住居を構えたイサムノグチの庭園美術館がある。偉大な彫刻家の深遠な思想が体現された展示蔵や住居、彫刻庭園に心を洗われた一行は、いよいよ第88番札所・大窪寺へ向かう。

ふとインジケーターを見ると、走行距離が1200kmに達しようとしている。寄り道しながら走っているだけに、1200kmは便宜上の数字に過ぎないが、ひょっとするとピッタリ1200kmで大窪寺に辿り着くのではないか。そんなミラクルを期待する一行だったが、無情にも目的地の10kmほど手前でメーターは1200kmに。達成感とともに複雑な気持ちを味わった一行だったが、この10kmは未来につながる10kmなのだと無理やり自分たちを納得させ、最後のお参りに臨む。境内には、役割を終えて奉納された多くの金剛杖が。この地で万感の想いに浸ったであろう多くのお遍路さんたちに思いを馳せる。

未来のクルマ・プリウスPHVで巡った道中で出会った四国の人たちの笑顔は、この先1200年も続いていくに違いないと1200kmの旅路を反芻しながら、建築家・岡昇平さんが手がけたスタイリッシュな仏生山温泉で、ゆっくりと旅の疲れを癒やしたのであった。
 
Information
郷照寺/Gosho-ji
香川県綾歌郡宇多津町1435 TEL:0877-49-0710

清水屋/Kiyomizu-ya Tokoroten shop
香川県坂出市西庄町759-1 TEL:0877-46-1505

蒲生うどん/Gamou Udon restaurant
香川県坂出市加茂町420-3 TEL:0877-48-0409

白峯寺/Shiromine-ji
香川県坂出市青海町2635 TEL:0877-47-0305

根来寺/Negoro-ji
香川県高松市中山町1506 TEL:087-881-3329

イサムノグチ庭園美術館/The Isamu Noguchi Garden Museum
香川県高松市牟礼町牟礼3519 TEL:087-870-1500

大窪寺/Okubo-ji
香川県さぬき市多和兼割96 TEL:0879-56-2278

仏生山温泉/Busshozan onsen
香川県高松市仏生山町乙114-5 TEL:087-889-7750
 

HENRO-ing 1200 years × 1200 km × 120 sec.

PriusPHV http://toyota.jp/priusphv/

QONVERSATIONS / OHENRO
http://qonversations.net/focus/ohenro/

HENRO-ing ストーリー一覧はこちら

Tags: , , , , , , , , ,









ふたつの島でつくられるチョコレート

アフリカ大陸の南東にある大きな島国、マダガスカル。ユニークな形のバオバブの木や、原産のワオキツネザル… »STORY

HOMEMAKERSのジンジャーシロップ|日本のつくり手 第4回

瀬戸内海に浮かぶ小豆島。雨が少なく、日照時間が長いため、オリーブや柑橘類の栽培に適した温暖な気候の島… »STORY

風が吹いてきたよ 2017 小豆島・肥土山音楽祭 開催

香川県・小豆島発の音楽・食のイベント「風が吹いてきたよ 2017 小豆島・肥土山音楽祭」が、10/2… »STORY

強く生きるための、智恵と健康法を授ける|Meet the Monks (4)

西之瀧は800年以上の歴史をもつ、小豆島最古の霊場。本殿のある岩窟には、龍水と呼ばれる清水が湧く。断… »STORY

小豆島遍路 Day7 | “日本の原風景”、千枚田の里山で7日間の旅を終えた

いよいよ最終日。今日は島のほぼ中央、肥土山・中山地区の田園風景を歩く。迎える案内人は、2012年に肥… »STORY

SNSを駆使して神木を守る、次世代の住職|Meet the Monks (3)

宝生院といえば、国の特別天然記念物に指定されているシンパクが有名だ。古墳時代に応神天皇が手植えしたと… »STORY

小豆島遍路 Day6 | 江戸時代 vs 現代、イノシシ対策に思うこと

小豆島には昔からシカ、サル、イノシシなど、多くの野生動物が棲息していた。江戸時代中期、動物から農作物… »STORY

新旧の試みで、現代の寺のあり方を考える|Meet the Monks (2)

農村歌舞伎という特殊な文化を守る地域ゆえだからだろうか、肥土山集落の結束力は異様に強いのだという。そ… »STORY

小豆島遍路 Day5 | 小豆島は石の島。岩の巨大彫刻を眺めて歩く

本日は島の中心部に位置する景勝地、寒霞渓周辺の霊場巡り。寒霞渓は「日本三大渓谷美」と称される観光スポ… »STORY

歩き遍路には小豆島の魅力の素が詰まっている|Meet the Monks (1)

おそらく島で最も遍路道を歩いている僧侶だろう。常光寺の副住職で、碁石山の堂守を務める大林慈空さん。出… »STORY

小豆島遍路 Day4 | ツラい急坂のご褒美は、瀬戸内海随一の景勝美

1日目の土庄はごま油の香りだったが、この地区は醤油の懐かしいにおいに包まれていた。「醤の郷」という名… »STORY

小豆島遍路 Day3 | 豆坂を越えて、コーヒーに出合うまで

江戸時代から花崗岩の産地として知られた小豆島。丁場跡や切石積など石の文化の片鱗が各地で見られるが、当… »STORY

小豆島遍路 Day2 | 海と山をつなぐ遍路道、ダイナミックな起伏を行く

今日は島の北側を攻める25kmの旅。朝8時、今日の案内人、いのうえただひろさんと落ち合った。いのうえ… »STORY

小豆島遍路 Day1 | 海岸沿いを歩き、竜宮城のような庵に寄り道

高松港から朝一番の高速船に乗り、小豆島・土庄港に渡る。穏やかな洋上を往く、およそ30分の航海。船から… »STORY

平野甲賀|日々是好日。文字と向き合う小豆島の日々

日本を代表する装丁家でグラフィックデザイナーの平野甲賀さんが、小豆島に移住したのは2014年のこと。… »STORY

お遍路さんの気分で歩いた小豆島、150kmの旅路

のんびり歩いて旅をして、街と親しくなってくると、空気のにおいや風の肌触り、そんな曖昧なものの移り変わ… »STORY

ニッポン散歩、自転車でまいりましょうよ|PAPERSKY bicycle club

季節は待望の春、そして初夏へと流れている。私が暮らす京都は、観光シーズンまっただ中。町は車やバス、人… »STORY

ルーカス B.B.と歩く、小豆島88カ所 歩き遍路の7日間

ここ数年、古道歩きに夢中のPAPERSKY編集長ルーカス B.B.が降り立ったのは、瀬戸内海で2番目… »STORY

マップでめぐる小豆島|+10 City Maps No.20 Shodoshima

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第20弾は、瀬… »STORY

編集長ルーカスが選んだ小豆島みやげ|PAPERSKY STORE

編集長ルーカスが小豆島でみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに並んでいます。小豆島の… »STORY

天国のトレイル|Editor’s Note #53 小豆島

小豆島を訪れたのは、これまでに5回ほど。訪れるたびに新たな発見があり、そのたびにこの島に魅了されてい… »STORY

PAPERSKY #53 小豆島特集号 SHODOSHIMA | HIKE Issue

4月30日発売のPAPERSKY 53号は、小豆島特集。瀬戸内海に浮かぶ、豊かな自然と文化に恵まれた… »STORY

とっておきの島カレーを召し上がれ|小豆島

小豆島の旬の食材をひと皿に集めて、島のみんなに振る舞いたい! そんなおもてなしの気持ちから、graf… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|小豆島編

「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」の小豆島編を公開し… »STORY

カラビナを付けて旅のお供に、Hiker’s Towel|PAPERSKY Store

旅やハイキング、サイクリングにぴったりのPAPERSKYオリジナルタオル「Hiker's Towel… »STORY

茹できびドライブスルー|PAPERSKY food club

6月、梅雨の時期の高知は本当に雨がよう降ります。実は、高知は年間雨量と日照量ともに全国1位! そのお… »STORY

name
清水屋
place
香川
address
坂出市西庄町759-1
phone
0877-46-1505

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.