Menu Links
  • smartwool × papersky

Smartwool×PAPERSKY WHOSE SOCKS? vol.13 GOMAさん

, 2014/12/08

本誌との連動企画「smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?」。通気性と保温性にすぐれたスマートウール社のソックスを、毎号、アウトドアやスポーツ等、さまざまな分野でご活躍の方々に履いていただき、本誌ではゲストの足下の写真だけを掲載、それが誰の足かを想像し、ウェブサイトでゲストを紹介するといった企画です。

Smartwool×PAPERSKY WHOSE SOCKS?
ANSWER : ディジュリドゥ奏者 GOMAさん

第13回目のゲストは、オーストラリアの先住民アボリジニの木管楽器、ディジュリドゥ奏者のGOMAさん。ディジュリドゥ奏者として国内外で活躍していたGOMAさんは、2009年に交通事故に遭い、過去の記憶の一部を失ってしまいます。「高次脳機能障害」と診断され一時は音楽活動を休止したものの、2011年に奇跡の復活を遂げたGOMAさんですが、現在も障害と向き合いながらの生活を続けています。リハビリとして続けるようになったランニングやヨガが、現在のライフスタイルになっていると言うGOMAさんにお話をうかがいました。

「今、ディジュリドゥを始めた頃のことを聞かれても、正直あまり記憶がありません。吹いてみたらすぐに吹けたから、その後どんどんのめり込んでいった気がします。ディジュリドゥを吹かない日はないほどの生活をしていましたが、交通事故の後、目の前にあるディジュリドゥを見てもそれが楽器だということすら分からなくなっていました。そんなとき自然と手が動いたことが絵を描くことでした。絵の経験などなかったのに、突然、描き始めたんです。それは、自分がディジュリドゥを始めた頃に似ていて、何かスッと入ってきたものがありました。」

昔の記憶だけでなく、ついさっきの出来事までも忘れてしまう状況のなかで、GOMAさんは日々の出来事を日記やビデオカメラで記録したり、また自分のなかに見えてきたイメージを忘れないよう、ひたすら絵に描き留めていたと言います。その絵はまるでアボリジニアートのような細かな点描画。ディジュリドゥと点描画、どちらもアボリジニ文化を象徴するものという偶然も不思議ですが、点描画を描き始めると一晩中描き続けてしまうこともあったとか。

「絵を描いているとこころが落ち着くんです。記憶障害は、頭で覚えようとしてもなかなか難しい。ディジュリドゥを再開したときも、音を出そうとは思わず身体感覚を頼りに吹いてみたら音が出た。その時、脳での記憶が難しくても身体は確実に記憶していることに気がついたんです。」

障害と向き合いリハビリをするなかで、医師からも運動して身体を動かすことが脳にも良いと言われたGOMAさんは、積極的に身体を動かすようになります。

「リハビリとして続けていることは、ランニングとヨガ。どちらも事故以前からやっていたことだけど、今は自分のライフワークとしてなるべく続けるようにしています。特に走ることは、続けていくうちにどんどん楽しくなってきて。近所の多摩川沿いを毎日10kmくらい走っています。単調なコースしか走れないけど、季節によって見える景色が違ったり、まわりにもたくさんのランナーやサイクリストがいて、頑張る気持ちが湧いてくる。もちろん雨が降ったり、腰が重くて走ることが面倒になることもあります。でも、走ったあとのすっきりした感覚やごはんは格別においしい。多摩川沿いという環境も恵まれていますね。」

こうして振り返りながら話せるようになったのは、最近になってからだと言います。
「今の自分の脳や身体でできることは、同じことを何度も繰り返して、身体に記憶を残していくこと。走って身体に記憶することも、ディジュリドゥを何度も吹くことで身体が覚えることも一緒だと思います。それらを事故後からずっと続けてきて、ようやくステージに戻ることができた。事故前のようにライブをこなすことはできないけれど、その分時間をかけて、身体の記憶に残ったものをライブで表現することができる。今の自分ができることを続けていこうと思います。」

最後に、この取材で初めてsmartwoolにを履いたGOMAさんに感想を聞いてみた。
「普段のランニングではあまりソックスには気にかけないんだけど、このソックスは踵のフィット感がすごくいいね。フカフカしたソールのクッションもとても気持ちよくて履きやすい。帰宅して、夕方これを履いて走るのが楽しみです。」
そう言って、smartwoolを履いたまま、GOMAさんはスタジオを後にしていきました。

これまでのWHOSE SOCKS? インタビュー一覧はこちら。
http://www.papersky.jp/tag/whose-socks/
 
»PAPERSKY#29 AUSTRALIA | playing songlines
 

PhDランウルトラライトマイクロ
[SW71048] ¥1,944
・クッションを省き、薄く軽快なソックス
・ウルトラライト ノンクッション
サイズ:M、L
カラー:シルバー、スマートウールグリーン、アークティックブルー、ブライトレッド、グラファイト、ブラック
素 材:メリノウール54%、ナイロン42%、ポリウレタン4%

PhDランライトマイクロ
[SW71052] ¥2,052
・ソール部のみクッションを配置
・ライトハーフクッション
サイズ:M、L
カラー:シルバー、スマートウールグリーン(新色)、ブライトレッド、グラファイト、ブラック
素 材:メリノウール71%、ナイロン27%、ポリウレタン2%

PhDランライトミニ
[SW71054] ¥2,052
・ソール部のみクッションを配置
・ライトハーフクッション
サイズ:M、L
カラー:シルバー、グラファイト、ネイビー(新色)、ブラック
素 材:メリノウール70%、ナイロン28%、ポリウレタン2%

» PAPERSKY #46 Northern Japan | Jomon & Craft Beer Issue

Tags: , ,









AUSTRALIA

時を超えたコミュニケーション|ワラス・ロックホール

アリススプリングスから勇壮なジェームズ山脈に沿って約120km。砂を含んだ乾いた風が舞う一本道を、ひ… »STORY

AUSTRALIA

必要なものと不必要なものを知り尽くしていたアナング族

飛行機から見たウルルは、まさに地球のへそと呼ぶにふさわしい景観。赤く広がる土にポコンと突きでた巨大な… »STORY

SMARTWOOL

WHOSE SOCKS? vol.3 プロフリークライマー 小山田大さん

本誌との連動企画「smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?」。通気性と保温… »STORY

AUSTRALIA

オーストラリアの先住民、アボリジニに伝わるソングライン

航空写真で世界中の地図を見ることができるようになっても、そこには写ることのない道がある。それは人々の… »STORY

メルボルンのミュージシャン Jess Harlen – I Go

ニュージーランドの先住民マオリの血を引き、エモーショナルな歌声とパワフルな曲調が魅力のジェス・ハーレ… »STORY

AUSTRALIA

オーストラリア、ソングラインを奏でながら(No.29)

今号のPAPER SKYはとても特別だ。なぜなら、オーストラリア先住民、アボリジニの文化に関する特集… »STORY

AUSTRALIA

「ビッグ&ブルー」を求めて、オーストラリア(No.15)

今号のPAPER SKYのために、僕たちはドライヴに出かけた。それは「地球の裏側の国、オーストラリア… »STORY

place
オーストラリア

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.