Menu Links
  • Photography: Jiro Fujita

これも、縄文!?|Editor’s Note #46

, 2014/12/01

今から遡ること10,000年前、日本列島には日本人のルーツ、縄文人が暮らしていた。そして信じられないことにその原始的な文化は、今の日本の暮らしや精神のなかに受け継がれている。これも、あれも、それも、縄文!

これも、縄文!(1):ゆるキャラ
日本人はキャラクターが好きだ。最近は「ゆるキャラ」がブームで、スポーツチームのマスコットから、県や市町村、警察にもオリジナルキャラクターがいる。縄文人たちもまた、土偶と呼ばれる人形を好んでいた。なかでも有名なものは、今日のキティちゃんに匹敵する遮光器土偶だろう。

これも、縄文!(2):漆工芸
外国人を魅了し、日本を象徴するもののひとつが漆の工芸品だ。漆もまた、縄文時代から連綿と受け継がれてきたものである。目を疑うような高度な技術でつくられた漆の工芸品が、あちこちの縄文遺跡から見つかっている。そして今も日本人は赤や黒の漆のお椀で、毎朝、みそ汁を飲んでいる。

これも、縄文!(3):鍋
日本の冬の定番といえば、鍋料理。季節の野菜に魚介類や肉類を入れた煮込み料理だが、これもまた縄文にルーツがある。土器を制作し、冬の食卓を飾るレシピを考案したのも、縄文人なのだ。

これも、縄文!(4):祭り
日本のどの地域にも季節ごとに伝統的な行事があり、村の人々が集い、飲んだり食べたり、歌って踊る祭りがある。最近ではその祭りがキャンプや音楽を楽しむ野外フェスティバルとして人気だ。自然の恵みや先祖に感謝する祭りの習慣もまた、縄文のころから始まっている。

そんな縄文の世界へ今回、一緒に旅するのはミュージシャンの池田貴史さん。ひとたび縄文に触れたら、あなたも「これも、縄文?」と言いたくなることまちがいなし!
 

Is this Jomon!?

Welcome to BC 10,000, -home to the JOMON people, Japan’s original natives. It seems incredible that such a primitive culture is responsible for the way we live, think and work today- but read on, kore mo, are mo, sore mo JOMON da yo!

Is this Jomon! (1) : Animated Characters.
In Japan everything has an animated character from sports teams, to the police department, to ciites, Japanese people love yuru characters. The Jomon people, were the same carrying their Dogu, hallow pieces of hardened clay characters, everywhere they went. The most famous character, on a scale with today’s Hello Kitty would be the Shako Dogu.

Is this Jomon! (2) : Japanese Lacquer.
In Japan, Japanese Lacquer has throughout time impressed foreigners with it’s extreme beauty but few Japanese people realize that this highly prized material was created by the Jomon people. Even in today’s most modern homes a daily portion of miso soup is commonly served up in a Japanese Lacquer red or black bowel, the same colors that the Jomon people used 10,000 years ago!

Is this Jomon! (3) : The Cooking Pot & Japanese Stew.
In Japan, Japanese Stew or nabe with it’s mixed variations of vegetables, fish and meat is a Japanese winter time classic. The Jomon people not only developed Japan’s first pots and pans but they invented this Japanese classic winter recipe as well.

Is this Jomon! (4) : Camp Festivals & Worship.
In Japan festivals, matsuri have always been popular. Traditionally, town’s people gather together on various dates throughout the year to pay respect to yearly customs while eating, drinking, talking and dancing. Recently, camp & music festivals have become abundant throughout the year. The custom of paying daily respect to their ancestors also began with the Jomon people.

Read on as musician, Ikeda Takafumi takes us into the Jomon’s world. You’ll, no doubt, find yourself saying “Is this Jomon!?”.
 
PAPERSKY #46 | Northern Japan | Jomon & Craft Beer
縄文土器はお好き!? レキシ・池田貴史さんと
日本のルーツを探訪する、北の縄文遺跡ツアー
2014年11月30日 発売
Papersky Store, fujisan(紙版・デジタル版), Amazon

Tags: , , , , , ,









堀井和子さんと北東北|PAPERSKY japan club

久しぶりに北奥を旅した。「ほくおう」と言ってもスウェーデンやフィンランドのことではない。青森、秋田、… »STORY

想いは時を超越する|縄文時代早期~晩期 北海道函館市

函館市には、87カ所もの縄文遺跡がある。それほどまでにここが縄文人の人気エリアであったのは、目の前は… »STORY

縄文人好きする色って?|縄文時代後期 北秋田市~鹿角市

鳥がさえずり、リスが木を伝う気持ちのいい森をしばらく行くと、視界が開けた高台に出る。北側に白神山地を… »STORY

プリミティブな雰囲気の縄文ランプ|Jomon Modern Crafts 4

縄文時代の中ごろ、関東から信州にかけて隆盛を極めた土器の様式がある。考古学者によって勝坂式や曽利式と… »STORY

岩手御所野の土を野焼きした土面|Jomon Modern Crafts

「この土面は岩手の御所野遺跡の粘土でつくり、野焼きしたもの。モチーフになっているのは、岩手県から出土… »STORY

地元に愛される公園とビール|縄文時代中期 岩手県二戸郡

75,000m2という広大な御所野遺跡には、縄文時代中期後半、およそ500年間にわたって人々が定住し… »STORY

土地は記憶し続ける|縄文時代早期~晩期 青森県八戸市

八戸市内には500近くもの遺跡があるという。それは、もともとこのエリアに遺跡が多く存在するというより… »STORY

祖先の心情に共感する|縄文時代前期~後期後半 青森市

さして長くもないトンネルを抜けると縄文であった。暗い視界から突然、目の前に広がる青空と緑の圧倒的な解… »STORY

縄文土器とエゾシカ皮の太鼓|Jomon Modern Crafts 3

茂呂剛伸さんは北海道を拠点に活動する縄文太鼓奏者。赤茶色の土器に動物の皮を張った縄文太鼓で和太鼓とア… »STORY

古往今来、津軽富士|縄文時代前期~晩期 つがる市~弘前

貝塚は海の近くにあるのが普通だ。田小屋野貝塚はなぜ内陸にあるのかというと、津軽平野がかつては十三湖の… »STORY

亀ヶ岡式土器文様のガーリックポット|Jomon Modern Crafts

縄文時代末期、1万年以上続いた土器づくりの文化は文様の成熟期に入る。その中心となったのが、東北地方北… »STORY

PAPERSKY × ecocolo「縄文とクラフトワーク」展開催

雑誌『PAPERSKY』と『ecocolo』による、最新号のテーマを掛け合わせた合同展「縄文とクラフ… »STORY

Jomon Modern Crafts 縄文のDNAを現代に受け継ぐものづくり

自然と共生しながら1万年以上もの間、土器を作り続けた縄文の人びと。縄文時代の終わりからおよそ2300… »STORY

北の縄文から「時」を問い直す|津田直

氷河時代が終幕を迎え、海面の上昇によっておよそ1万5千年前に大陸から分離し、現在の日本は細長い列島と… »STORY

編集長ルーカスが選んだ縄文みやげ|PAPERSKY Store

編集長ルーカスが北日本/縄文の旅でみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに揃いました。… »STORY

レキシ・池田貴史さんと、日本のルーツを確かめる旅へ

15,000年前。氷河期が終わって温暖期に入り環境が安定すると、人々は農耕と牧畜による定住生活を始め… »STORY

PeakPerformance Stark Jacket

スウェーデンの山小屋から生まれたアウトドアブランド・PeakPerformanceによる、PAPER… »STORY

PAPERSKY#46 日本のルーツを探訪する、北の縄文遺跡ツアー

11月30日発売の 『PAPERSKY』46号のテーマは、「縄文」。1万年以上前、日本列島で暮らして… »STORY

EDITOR'S NOTE

本誌各号に掲載されている、編集長の
Editor's Noteをはじめ、ニーハイメディア・
ジャパンの活動やイベントなどを紹介

ニーハイメディア・ジャパン代表
ルーカス バデキ・バルコ

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.