Menu Links
  • Photography: Cameron Allan Mckean
  • Photography: Cameron Allan Mckean

近所づきあいに欠かせない場所|月のとうふ|神崎 自然食 (2)

, 2014/10/22

神崎町では、家々が畑の海に浮かぶ島のようにぽつりぽつりと点在している。そんな郊外にあるような、大型スーパーに行ったとしよう。冷蔵ケースには豆腐がぎっしり並べられ、きれいにパッケージされたあらゆる種類の豆腐は、ポケットに200円ほどあれば購入できる。だが、スーパーで買った豆腐にはいったい何が入っているのか考えてみたことはあるだろうか?

「おもに、この地で生産した大豆を原料に使っています」。ここは周浦宏幸の豆腐屋『月のとうふ』の前。豆腐を製造販売する小さな店舗兼工場である。「価格はそれほど安くありませんが、地元の農家さんから大豆を仕入れています。ただ、神崎町で在来種の大豆を生産しているのはその方だけなので、彼がもしいなくなったら他の方法を考えないといけないでしょうね」 この農家こそ、鈴木一司。この地で自然農法を実践している唯一無二の生産者だ。しかし、大豆生産者である鈴木と、豆腐を製造する周浦との間には単なる取引相手に留まらない深い絆がある。

彼は以前、不動産関係のサラリーマンをしていたが、8年前に病気になった。「そのとき、病気になった原因は自分のライフスタイルと食生活にあるのではないかと考えました。それから食品がどのように生産されているかに関心をもつようになり、生産者さんたちに会いにいくようになったのです」。その後、周浦はサラリーマンを辞め、東京のある豆腐屋で働き始めた。その豆腐屋は原料の大豆を鈴木の農園から仕入れていた。「食生活を変えてから1年経つと、心も身体もぐんと健康になりました。そんなある日、鈴木さんが『神崎町に来て、豆腐屋をやれよ』と誘ってくれて、2009年にお店を開いたわけです」。

そして今日も、周浦は豆腐を売りきった。ほんの数キロメートル先で生産されている大豆を使った豆腐は、他では買えない特別なものである。現在日本で販売されている豆腐の大半は外国産大豆を原料に使っている。これらの豆腐は数千キロも離れた場所や、地球の裏側で生産された大豆を使い、国産大豆の豆腐とはくらべものにならない金額で販売されている。

「新しい生活で最も難しかったことは?」と訊いてみると、次の答えが返ってきた。「田舎では近所づきあいをして、よい人間関係を築くことが不可欠です。私にはそういう経験がなく、まったく知らない世界だったので、とても苦労しましたね。当初はそのような人間関係を築くことが大切だと知らなかったんです」。そのとき、寺田と鈴木が偶然やってきて、3人が勢ぞろいした。彼らは、首都圏の端っこの小さな町に暮らしながら、よい食べ物のつくり方を日々研究している仲間である。

月のとうふ
千葉県香取郡神崎町神崎本宿2055
TEL: 0478-70-1028
tsukinotofu.com

Tags: , ,









PAPERSKY STORE @ JUNGLE FESTIVAL 2018

10月20日〜21日の2日間、千葉・南房総にある白浜フラワーパークにて開催される、ディジュリドゥ奏者… »STORY

PAPERSKY STORE @ TINY GARDEN FESTIVAL & Loppis Ueda

9月には、PAPERSKY STOREが2つのイベントに出店します。9月1日〜9月2日は、群馬県嬬恋… »STORY

GOMA「JUNGLE FESTIVAL 2018」

ディジュリドゥ奏者/画家のGOMAが主催するCAMPイベント「JUNGLE FESTIVAL 201… »STORY

PAPERSKY STORE @ Oaxacan Week in Umigoya

8月6日〜12日、葉山・一色海岸にあるビーチハウス「UMIGOYA」にて開催される「Oaxacan … »STORY

FM ヨコハマ「FUTURESCAPE」に編集長ルーカスが出演

FM ヨコハマのラジオ番組「FUTURESCAPE」(9/30放送)に、PAPERSKY編集長ルーカ… »STORY

自転車を巡るドキュメンタリー Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ

ドキュメンタリー映画「Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ」のワンデー上映会が、10/… »STORY

Tour de Nippon in Gunma Movie

2017年5月に開催したTour de Nippon in 群馬のレポート動画ができました。六月の収… »STORY

今井だるま店のだるま|Urban Research Doors 日本のつくり手 第10回

だるまはその赤色が病気や災いを防ぎ、魔除けの効果があると信じられ、古くから縁起物として親しまれてきた… »STORY

初夏の群馬へ。小麦畑を縫ってバイク&山の姿に触れるハイクな週末

六月の収穫を目前に控えた、黄金色の小麦畑。新緑美しい五月のツール・ド・ニッポンでは、群馬での充実した… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 群馬

秋から春に吹く上州からっ風。冬の長い日照時間と乾燥した季節風により、群馬では良質な小麦がとれる。南に… »STORY

WORKING FISHERMAN vol.4 江の島片瀬漁協 湘南丸 浜野展行さん

ノルウェー発祥のアウトドアブランド、ヘリーハンセンは、1877年、商船隊の隊長だったヘリー・J・ハン… »STORY

le coq sportif「ツール・ド・ニッポン in 群馬」プレゼントキャンペーン

5月27日(土)・28日(日)に開催される「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 群馬」の参… »STORY

“Good People, Town, Shoes” vol.1 ジョウモウ大学 橋爪光年さん

屋根のない場所すべてを楽しむための革新的フットウェアを展開する、アメリカ・ポートランドに本拠を構える… »STORY

Tour de Nippon in Gunma 参加募集スタート

初夏の旅先は、群馬へ。列車でのんびり移動しても、東京から2時間たらず。町の風景と田畑が織りなす車窓の… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.34 坂口修一郎

毎回、ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する… »STORY

PAPERSKY STORE @ 群馬・桐生 パーベイヤーズ 3/10 OPEN

3/10、群馬・桐生にオープンする、旅とフィールドワークのコンセプトショップ「Purveyors.(… »STORY

益子に降り立った星|PAPERSKY japan club

初めて栃木県の益子を訪れたのは十数年前のこと。当時「少年民藝館」という本との出会いから「民藝」の世界… »STORY

石川直樹「この星の光の地図を写す」|水戸芸術館現代美術ギャラリー

世界をフィールドに活躍する写真家、石川直樹による初の大規模個展「この星の光の地図を写す」が、水戸芸術… »STORY

WORKING FISHERMAN vol.3 葉山町漁業協同組合 畠山晶さん

ノルウェー発祥のアウトドアブランド、ヘリーハンセンは、1877年、商船隊の隊長だったヘリー・J・ハン… »STORY

PAPERSKY 縄文土器づくりワークショップ @ Tiny Garden Festival

今週末(9/3, 9/4)に開催される、URBAN RESEARCH DOORS主催のフェス「TIN… »STORY

サングラスも寝袋でおやすみ|PAPERSKY Store 寝袋サングラスケース

遊び心あふれる寝袋のかたちで、キャンプやハイキングで持ち運ぶのが楽しくなるサングラスケース。群馬・高… »STORY

カフェオーナー兼マスター 堀内隆志|Papersky Interview

鎌倉のcafe vivement dimanche(カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ)は、美味しいコ… »STORY

WORKING FISHERMAN vol.1 大磯町漁業協同組合 辻井将さん

ノルウェー発祥のアウトドアブランド、ヘリーハンセンは、1877年、商船隊の隊長だったヘリー・J・ハン… »STORY

PAPERSKY発のコンセプトショップ @ HOTEL EDIT YOKOHAMA

横浜・桜木町にある「HOTEL EDIT YOKOHAMA」内の1階スペースに出店している、PAPE… »STORY

PAPERSKY BICYCLE MAP vol.13 川崎 KAWASAKI ROOTS

「PAPERSKY BICYCLE MAPS」第13弾は、神奈川・川崎。川崎市で唯一、海を臨むことが… »STORY

石川直樹「NEW MAP -世界を見に行く」 横浜市民ギャラリーあざみ野

横浜市民ギャラリーあざみ野にて、世界を旅する写真家・石川直樹の個展「NEW MAP -世界を見に… »STORY

name
月のとうふ
place
千葉
address
神崎町神崎本宿2055
link
tsukinotofu.com

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.