Menu Links
  • Photography: Cameron Allan Mckean
  • Photography: Cameron Allan Mckean

神崎を変える小さな芽|こうざき自然塾|神崎 自然食 (2)

, 2014/09/29

「我が家はここで20代ほど続く農家です。私も18歳のころから農業を始めました」と鈴木一司は言い、私たちを裏の事務所に案内してくれた。そして、手を使って働いてきた人特有の太くてごつごつした指で2種類の名刺を出した。ひとつは「鈴木一司 大豆生産者」、もうひとつには「鈴木一司 米生産者」。神崎町の彼の田畑では、年間で米を約120t、大豆を約40t生産している。その90%は化学肥料をいっさい使わずに生産されたものだ。だが鈴木は「完全な自然農法を目指して努力を続けている」と言う。鈴木の関心は、神崎町で暮らす人々のためによい原料をつくることにある。「自然農法に転身したのは5〜6年前のことでした。農作物を自然な方法で育てていない自分は、本物の農家ではないと思ったんですよ」

日本の昔からの零細農家に福岡正信(1913-2008)という生産者がいる。彼は「自然に還る」ことが、品質のよい食料品をつくるためだけでなく、新しい生き方を創造するための手段になると考えた。化学肥料をいっさい用いない農業に対する熱い思いを綴った『わら一本の革命』(春秋社)という福岡の著書は、自然農法の世界で最も重要な本のひとつになっているが、その冒頭には次のように書かれている。

「人間革命というのは、この、わら一本からでも起こせる、と私は信じております。このわら、見かけは、きわめて軽くて小さい。こんなわら一本から革命が起こせるというと、普通、いかにも奇妙に思われがちですが、実は、このわら一本の革命というか、わら一本の重さというか、一物一事が何であるかを、私はあるとき知ったんです。」

神崎町でのささやかな革命がもたらした成果のひとつは、よい食べ物を媒介として、この町へ移り住もうという動きが見えてきたことである。鈴木の農園は、こうした生産者たちの生態系全体を支える存在として、寺田本家の自然な酒づくりから近所の豆腐屋まで、さまざまな実践者に原料を提供している。

帰り際に鈴木は、これから植えつけを行うという種もみを見せてくれた。布袋を開いて、そっと手ですくい取る。手の平の上で種もみを広げ、少しずつ動かしながら、目を細めて種もみのひとつひとつをじっくりと確認する。「ほら、ここに」と鈴木が言った。まだなんの価値もないような小さな芽だったが、それはやがて神崎を大きく変えることになるだろう。

こうざき自然塾
千葉県香取郡神崎町神崎神宿674
TEL: 0478-72-3667
www.kozaki-shizenjyuku.jp

Tags: , ,









PAPERSKY STORE @ JUNGLE FESTIVAL 2018

10月20日〜21日の2日間、千葉・南房総にある白浜フラワーパークにて開催される、ディジュリドゥ奏者… »STORY

PAPERSKY STORE @ TINY GARDEN FESTIVAL & Loppis Ueda

9月には、PAPERSKY STOREが2つのイベントに出店します。9月1日〜9月2日は、群馬県嬬恋… »STORY

GOMA「JUNGLE FESTIVAL 2018」

ディジュリドゥ奏者/画家のGOMAが主催するCAMPイベント「JUNGLE FESTIVAL 201… »STORY

PAPERSKY STORE @ Oaxacan Week in Umigoya

8月6日〜12日、葉山・一色海岸にあるビーチハウス「UMIGOYA」にて開催される「Oaxacan … »STORY

FM ヨコハマ「FUTURESCAPE」に編集長ルーカスが出演

FM ヨコハマのラジオ番組「FUTURESCAPE」(9/30放送)に、PAPERSKY編集長ルーカ… »STORY

自転車を巡るドキュメンタリー Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ

ドキュメンタリー映画「Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ」のワンデー上映会が、10/… »STORY

Tour de Nippon in Gunma Movie

2017年5月に開催したTour de Nippon in 群馬のレポート動画ができました。六月の収… »STORY

今井だるま店のだるま|Urban Research Doors 日本のつくり手 第10回

だるまはその赤色が病気や災いを防ぎ、魔除けの効果があると信じられ、古くから縁起物として親しまれてきた… »STORY

初夏の群馬へ。小麦畑を縫ってバイク&山の姿に触れるハイクな週末

六月の収穫を目前に控えた、黄金色の小麦畑。新緑美しい五月のツール・ド・ニッポンでは、群馬での充実した… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 群馬

秋から春に吹く上州からっ風。冬の長い日照時間と乾燥した季節風により、群馬では良質な小麦がとれる。南に… »STORY

WORKING FISHERMAN vol.4 江の島片瀬漁協 湘南丸 浜野展行さん

ノルウェー発祥のアウトドアブランド、ヘリーハンセンは、1877年、商船隊の隊長だったヘリー・J・ハン… »STORY

le coq sportif「ツール・ド・ニッポン in 群馬」プレゼントキャンペーン

5月27日(土)・28日(日)に開催される「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 群馬」の参… »STORY

“Good People, Town, Shoes” vol.1 ジョウモウ大学 橋爪光年さん

屋根のない場所すべてを楽しむための革新的フットウェアを展開する、アメリカ・ポートランドに本拠を構える… »STORY

Tour de Nippon in Gunma 参加募集スタート

初夏の旅先は、群馬へ。列車でのんびり移動しても、東京から2時間たらず。町の風景と田畑が織りなす車窓の… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.34 坂口修一郎

毎回、ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する… »STORY

PAPERSKY STORE @ 群馬・桐生 パーベイヤーズ 3/10 OPEN

3/10、群馬・桐生にオープンする、旅とフィールドワークのコンセプトショップ「Purveyors.(… »STORY

益子に降り立った星|PAPERSKY japan club

初めて栃木県の益子を訪れたのは十数年前のこと。当時「少年民藝館」という本との出会いから「民藝」の世界… »STORY

石川直樹「この星の光の地図を写す」|水戸芸術館現代美術ギャラリー

世界をフィールドに活躍する写真家、石川直樹による初の大規模個展「この星の光の地図を写す」が、水戸芸術… »STORY

WORKING FISHERMAN vol.3 葉山町漁業協同組合 畠山晶さん

ノルウェー発祥のアウトドアブランド、ヘリーハンセンは、1877年、商船隊の隊長だったヘリー・J・ハン… »STORY

PAPERSKY 縄文土器づくりワークショップ @ Tiny Garden Festival

今週末(9/3, 9/4)に開催される、URBAN RESEARCH DOORS主催のフェス「TIN… »STORY

サングラスも寝袋でおやすみ|PAPERSKY Store 寝袋サングラスケース

遊び心あふれる寝袋のかたちで、キャンプやハイキングで持ち運ぶのが楽しくなるサングラスケース。群馬・高… »STORY

カフェオーナー兼マスター 堀内隆志|Papersky Interview

鎌倉のcafe vivement dimanche(カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ)は、美味しいコ… »STORY

WORKING FISHERMAN vol.1 大磯町漁業協同組合 辻井将さん

ノルウェー発祥のアウトドアブランド、ヘリーハンセンは、1877年、商船隊の隊長だったヘリー・J・ハン… »STORY

PAPERSKY発のコンセプトショップ @ HOTEL EDIT YOKOHAMA

横浜・桜木町にある「HOTEL EDIT YOKOHAMA」内の1階スペースに出店している、PAPE… »STORY

PAPERSKY BICYCLE MAP vol.13 川崎 KAWASAKI ROOTS

「PAPERSKY BICYCLE MAPS」第13弾は、神奈川・川崎。川崎市で唯一、海を臨むことが… »STORY

石川直樹「NEW MAP -世界を見に行く」 横浜市民ギャラリーあざみ野

横浜市民ギャラリーあざみ野にて、世界を旅する写真家・石川直樹の個展「NEW MAP -世界を見に… »STORY

name
こうざき自然塾
place
千葉
address
神崎町神崎神宿674
link
www.kozaki-shizenjyuku.jp

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.