Menu Links
  • Photography: Luca Gabino

ビッティで、羊飼いの暮らしぶりから羊の恩恵を学び、堪能する

, 2014/07/14

今回の旅で6泊もお世話になったアグリツーリズモのErtilaでは、朝食はミルクにヨーグルトとプリン、夕食は肉や内臓の料理と、終始、羊のお世話になりっぱなしだった。そんな羊の国・サルデーニャでチーズといえば、主役は当然ペコリーノ(羊乳のチーズ)。カース・マルツゥという蛆虫入りペコリーノは少々特殊なので別枠扱いにするとして、日本人にはわりと多い羊のチーズは苦手という人でも、ペコリーノ・サルドの味わい深さには開眼してしまうと思う。サルデーニャ産だけが名乗ることのできるDOC(原産地名称保護制度)指定のチーズだ。熟成の進んだマトゥーロなどは、凝縮された強い味で、バランスのよい酸味と辛みがきっとクセになる。

さて、Ertilaではサルデーニャならではの食べ物づくり体験もできるが、今回見せてもらったのはペコリーノである。宿泊者には体験プログラムでも、ここに暮らす彼らにとってはどれも日常の仕事だ。オーナーのピゴッツィ・デムータスさんは50Lの集乳缶を軽々と担ぎ上げ、羊乳を大鍋に入れた。レンネット(子牛の胃液)を加えて火にかけ、ピゴッツィ・パパがゆっくりと撹拌する。フレッシュチーズにするなら温度は35~40°Cほど。残ったホエイはリコッタになる。いつのまにか犬猫たちが集まってきた。おいしいおこぼれをもらえるかもしれないことを、みんな知っているのだ。

できたてのリコッタをたっぷり和えたパスタで至福のランチ。大のチーズ嫌いのルーカスが「おいしい!」とパクパク食べるので奇跡が起きたかと思ったが、なんでもリコッタは「チーズづくりの際にできる副産物であって、厳密にはチーズの範疇には入らない」とのこと。これをなーんだ、ととるか、苦手を克服した! ととるかは、本人次第だ。
 
» PAPERSKY #44 Sardegna | FOOD Issue (no.44)

Tags:









サン・ピエトロ島を目指す南海岸線のドライブ

サルデーニャ島へ旅をするなら、弾丸ツアーは似合わない。州都・カリアリを拠点に、海岸線に沿ってスルチス… »STORY

暮らしの一部としての織物|サルデーニャの手仕事(4)

島のちょうど真ん中あたりに位置するサムゲーオは、サルデーニャにおけるテキスタイルの中心地だ。島でつく… »STORY

食卓に音楽をもたらすサルデーニャの国民食、パーネ、カラザウ

カルタ・ダ・ムジカ=音楽の紙。食べるときにパリパリと小気味いい音を立てることから、そんな詩的な別名も… »STORY

サルデニアン・ナイフ|暮らしに生きるサルデーニャの手仕事(3)

サルデーニャでつくられたというだけで、ある種のオーラをまとう。それくらい、サルデニアン・ナイフにはブ… »STORY

木そのままの姿をとどめたコルクの皿|サルデーニャの手仕事(2)

Ertilaに滞在していたとき、チーズやハムなどのつまみから、バーベキューやパスタ、驚くべきことに煮… »STORY

最も標高の高いフォンニで、最もおいしいポルチェッドゥを

羊のイメージが強い一方で、サルデーニャの伝統の料理にはポルチェッドゥなるものも堂々と存在する。ポルチ… »STORY

歓待を受けたサンテレーネ、ほろ酔いのドルガーリ

ドルガーリは山から海、洞窟まであるバルバージアの観光スポット。工芸や伝統菓子の店、チーズやパン、ワイ… »STORY

さまざまに活躍する籠|暮らしに生きるサルデーニャの手仕事(1)

島の中東部、オリスターノより少し上に位置するサン・ヴェロ・ミリス。伝統的な籠を編む女性がいるという情… »STORY

世界に誇るイタリアのキャビア、カブラスのボッタルガ

その価値を表現するため、カブラス産のボッタルガ、つまりカラスミは、イタリアのキャビアとも称されるが、… »STORY

島の台所、サン・ベネディット市場からカリアリ散策へ

カリアリはサルデーニャ島の南の玄関口であり、島第一の都市。実際、歩く人々や立ち並ぶ店など、今回の旅で… »STORY

サルデーニャ食堂 by PAPERSKY @ New Journey Restaurant

6/6(金)、渋谷のROCKETにて、PAPERSKY最新号の特集に関連したイベント「サルデーニャ食… »STORY

おいしく食べる、シンプルに暮らす|サルデーニャの伝統料理

地中海の真ん中に位置しているという地理的な特徴から、侵攻のため、あるいは交易のために、さまざまな場所… »STORY

サルデーニャ島の旅は、ハーツレンタカーで!

四国の1.3倍もの面積をもち、海あり、山あり、洞窟、古代遺跡ありの、バラエティに富んだ景勝地や魅力的… »STORY

編集長ルーカスが選んだサルデーニャみやげ|PAPERSKY Store

編集長ルーカスがサルデーニャでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに揃っています。写… »STORY

サルデーニャの美味しいお酒|PAPERSKY food club

今回の旅先、サルデーニャ島で過ごしていた間、摂取していた水分はほとんどがお酒だった気がする。 … »STORY

サルデーニャの旅のナビゲーター 料理家・有元くるみさん

「ここ、どこなんだろう? って思う。ヨーロッパだという以外は特定できない感じ」。旅慣れたくるみさんで… »STORY

サルーテ!|Editor’s Note #44

食べたり、料理したり、飲んだりすることが好きなら、サルデーニャというパラダイスがあなたを待っている。… »STORY

4/30発売 PAPERSKY #44 イタリア・サルデーニャ島特集号

明日4月30日、本誌『PAPERSKY』の最新刊が発売になります。今号の特集は、イタリアのサルデーニ… »STORY

name
Ertila
place
サルデーニャ
address
Ertila, Bitti
phone
0784 414558
link
www.agriturismoertila.it

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.