Menu Links
  • Photography: Cameron Allan Mckean
  • Photography: Cameron Allan Mckean

山に階段を刻みつける|Sekizai|真鶴石材 2

, 2014/06/18

15万年前、箱根山の噴火で流れ出た溶岩が周辺地域をすっぽり覆った。流れだした溶岩が冷えて固まり、やがて真鶴という町の一角をなす小松山と呼ばれる山の土台になった。真鶴で採石業を営む遠藤善之は、若いころからずっとこの山で、空圧ドリル、建設機械、爆薬などを使って石を掘削する仕事をしてきたという。

「価値のある小松石がどこにあるかはわかっています」と遠藤は言う。「まず土を10mほど掘ると石の層にぶち当たる。その層の下に俺たちの欲しい小松石があるんだ」。そう言いながら、ベンチに置かれた灰色の石の塊を指さす。まだ磨かれていない原石は、どこにでもあるような石に見えるが、研磨すれば美しい青みがかった色になる。この貴重な青みがかった石の鉱脈にたどり着くまでに数年かかることもある。

遠藤の会社は、石の採掘をおこなう業者。真鶴の町を見下ろす山の一角から石を切りだしている。彼を含む6人の職人たちが、石を手頃な大きさに切り分け、加工業者に販売する。採掘は、生命の危険と隣り合わせの仕事である。「これは信じられないほど危険な仕事だ、本当に死んじまうからな」。彼が採掘現場で働きはじめたのは24歳のころ。発破作業中に兄を亡くし、後を継ぐようになった。小さなプレハブの休憩所の外では、ふたりの職人がドリルで掘りだした石を分割していた。ドリルの音が石の壁にぶつかり、あたりに反響している。近くの採掘現場では数人の職人が、重機やダンプカーを使って作業をしている。遠藤は、山に巨大な階段を刻みこむように石を切りだしていくようすを私たちに見せてくれた。

「これまで掘りだした良質な小松石のなかで、いちばん大きかった石は長さが8mもあった」と遠藤が教えてくれた。いまでは採掘法の安全性と効率は向上したものの、それほど大きな石にはなかなかめぐりあえない。ほとんどの石がすでに掘りだされているからだ。100年以上前は、海の近くの現場で石を採掘できたから、東京や日本のほかの港に運搬するのも簡単だった。このことが小松石の知名度を押しあげた。小松石のような石はほかになく、真鶴で大量に採掘できたうえ、流通が容易だったからである。いまでは大量に採掘できなくなったし、運搬にかかる手間も外国産のものと変わらなくなってしまった。小松石は貴重品になりつつある。採掘業者の3代目だが、次の代になっても小松石が残っているかどうかはわからないという。真鶴の下に眠る貴重な石の最後の塊が掘りだされる日が、いつかかならず訪れる。その石は切断され、磨かれ、やがて私たちの誰かがその斑点模様の青みがかった石の下に眠ることになるだろう。

新屋石材店
神奈川県足柄下郡真鶴町岩108-2
TEL: 0465-68-1343

Tags:









PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 茨城 ムービー

2019年5月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 茨城のレポート映像がで… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 茨城 開催レポート

新緑美しい5月最後の週末は、それはもうアツイ(気温も)!茨城での自転車旅を過ごすことができました。日… »STORY

台湾 Hike & Bike 発刊記念トークイベント @ 山と道研究所

6/29(土)、鎌倉にある「山と道研究所」にて、PAPERSKY最新号「台湾 Hike & Bike… »STORY

フクシマアズサのほうき|日本のつくり手 第16回

つくばにほうきづくりが伝わったのは明治時代のこと。栃木県の鹿沼で技術を習った行商人が地元に持ち帰り、… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 茨城

東京から特急列車で約75分の距離にありながら、可住地面積は全国上位。毎年、農業産出額は全国トップ3入… »STORY

「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 茨城」参加募集スタート

令和元年、最初のツール・ド・ニッポンが旅するのは茨城県の霞ヶ浦と水戸。水戸黄門として知られる徳川光圀… »STORY

茨城県北サーチ「なにかが道をやってくる」@ メゾン・ケンポク

茨城のメゾン・ケンポクにて、写真家・松本美枝子によるアート・プロジェクト茨城県北サーチ「何かが道をや… »STORY

PAPERSKY STORE @ JUNGLE FESTIVAL 2018

10月20日〜21日の2日間、千葉・南房総にある白浜フラワーパークにて開催される、ディジュリドゥ奏者… »STORY

PAPERSKY STORE @ TINY GARDEN FESTIVAL & Loppis Ueda

9月には、PAPERSKY STOREが2つのイベントに出店します。9月1日〜9月2日は、群馬県嬬恋… »STORY

GOMA「JUNGLE FESTIVAL 2018」

ディジュリドゥ奏者/画家のGOMAが主催するCAMPイベント「JUNGLE FESTIVAL 201… »STORY

PAPERSKY STORE @ Oaxacan Week in Umigoya

8月6日〜12日、葉山・一色海岸にあるビーチハウス「UMIGOYA」にて開催される「Oaxacan … »STORY

FM ヨコハマ「FUTURESCAPE」に編集長ルーカスが出演

FM ヨコハマのラジオ番組「FUTURESCAPE」(9/30放送)に、PAPERSKY編集長ルーカ… »STORY

自転車を巡るドキュメンタリー Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ

ドキュメンタリー映画「Bikes vs Cars 車社会から自転車社会へ」のワンデー上映会が、10/… »STORY

Tour de Nippon in Gunma Movie

2017年5月に開催したTour de Nippon in 群馬のレポート動画ができました。六月の収… »STORY

今井だるま店のだるま|Urban Research Doors 日本のつくり手 第10回

だるまはその赤色が病気や災いを防ぎ、魔除けの効果があると信じられ、古くから縁起物として親しまれてきた… »STORY

初夏の群馬へ。小麦畑を縫ってバイク&山の姿に触れるハイクな週末

六月の収穫を目前に控えた、黄金色の小麦畑。新緑美しい五月のツール・ド・ニッポンでは、群馬での充実した… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 群馬

秋から春に吹く上州からっ風。冬の長い日照時間と乾燥した季節風により、群馬では良質な小麦がとれる。南に… »STORY

WORKING FISHERMAN vol.4 江の島片瀬漁協 湘南丸 浜野展行さん

ノルウェー発祥のアウトドアブランド、ヘリーハンセンは、1877年、商船隊の隊長だったヘリー・J・ハン… »STORY

le coq sportif「ツール・ド・ニッポン in 群馬」プレゼントキャンペーン

5月27日(土)・28日(日)に開催される「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 群馬」の参… »STORY

“Good People, Town, Shoes” vol.1 ジョウモウ大学 橋爪光年さん

屋根のない場所すべてを楽しむための革新的フットウェアを展開する、アメリカ・ポートランドに本拠を構える… »STORY

Tour de Nippon in Gunma 参加募集スタート

初夏の旅先は、群馬へ。列車でのんびり移動しても、東京から2時間たらず。町の風景と田畑が織りなす車窓の… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.34 坂口修一郎

毎回、ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する… »STORY

PAPERSKY STORE @ 群馬・桐生 パーベイヤーズ 3/10 OPEN

3/10、群馬・桐生にオープンする、旅とフィールドワークのコンセプトショップ「Purveyors.(… »STORY

益子に降り立った星|PAPERSKY japan club

初めて栃木県の益子を訪れたのは十数年前のこと。当時「少年民藝館」という本との出会いから「民藝」の世界… »STORY

石川直樹「この星の光の地図を写す」|水戸芸術館現代美術ギャラリー

世界をフィールドに活躍する写真家、石川直樹による初の大規模個展「この星の光の地図を写す」が、水戸芸術… »STORY

WORKING FISHERMAN vol.3 葉山町漁業協同組合 畠山晶さん

ノルウェー発祥のアウトドアブランド、ヘリーハンセンは、1877年、商船隊の隊長だったヘリー・J・ハン… »STORY

name
真鶴
place
神奈川

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.