Menu Links
  • Photography: CAMERON ALLAN MCKEAN
  • Photography: CAMERON ALLAN MCKEAN
  • Photography: CAMERON ALLAN MCKEAN
  • Photography: CAMERON ALLAN MCKEAN

海に浮かぶクジャク – 高橋染物店の大漁旗|大漁1

, 2014/03/03

漁には神秘的な側面もある。焼津の漁師たちのあいだには多くの迷信があり、えさの選択から「船玉」(御神体として船内の神棚に祀るもので、起源は漁師の民間信仰であったといわれる。御神体の中身は、女性の髪の毛、サイコロ、お金。漁に出ているあいだ、封印しなければならないものを小箱に入れて御神体としている)まで、あらゆることに影響を与えている。こうした言い伝えのなかで、もっとも目を引くものは「大漁旗」だろう。漁師のあいだでは、誰かが新しい漁船を買うと、仲間が船元に大漁旗をあつらえて贈るのが慣わしになっている。いまの大漁旗の目的はできる限りの幸運を祈願することと、漁船を華やかに彩り、海に浮かぶクジャクに変えることだけであるが、昔はもっと実用的な目的があった。

「もともと大漁旗は現在の無線のような役割を果たしていました」百二十年の伝統を誇る「高橋染物店」の高橋浩之は語る。「沖から旗を上げて帰港すれば、その日は大漁でこれから港の仕事が忙しくなるという合図で、旗が上がらなければ、漁がなかったという知らせでした」。創業当初はおもに着物の染色をしていたという高橋染物店だが、明治期に入り、ドイツから高品質の染料が焼津にも入り始めたのをきっかけに、高橋の祖父が大漁旗のデザインに手を伸ばした。「私がまだ小さい頃、父はいつも大漁旗をつくっていました。ちょうど焼津の漁業全盛期で、毎晩遅くまで大漁旗に向かっている父の姿をよく覚えています」。

旗づくりの作業をつづけながら高橋が言う。留め金でぴんと張った白いキャンバス地の上に、のりを薄くのばし、そこに染料を載せていく。絵の具の缶、ステンシル、筆、染料のくずなどが部屋中に転がっている。高橋が見せてくれたアルバムには、これまでに彼が手がけた大漁旗の写真が収められていた。デザインはすべて異なるが、どの大漁旗にも魚や船、波、富士山…といった縁起柄が描かれている。「いまと違って昔は漁船の数が多かったから、新年となると港は大漁旗をあげた漁船でにぎやかなものだった」。そう語りながら、高橋はアルバムのページをめくる。そこにはおびただしい数の大漁旗が風に揺られ、たなびく姿が写っていた。その華やかな光景は、いまや歴史の一コマとしてアルバムのなかにとどまるのみである。

「町の変化とともに焼津の文化も変わりましたよ」高橋は旗の一枚を洗い始めた。「もう大漁旗の注文がまとめて入ってくることは少なくなりました」高橋が現在つくっている旗の多くは「スポーツチーム、企業、出産祝い用のもの」だという。この町は確かに変わった。焼津の在りし日の姿を懐かしみたくなるだろう。しかしこの町は過去の栄光だけにすがってはいない。何かしらの神秘的なやり方で、焼津の住人たちは伝統を手放すことなく、いまの時代をフルに生きることに成功している。

高橋染物店 /Takahashi Somemono-ten
静岡県焼津市小川新町1-12-10
http://somechan.com/
 
This story originally appeared in Papersky No. 32 (p66-67).

English» For a good catch: The Floating Peacocks

Tags: ,









OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.3 鰹節

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

PAPERSKY Tour de Nippon in 浜松 Movie

2018年3月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 浜松のレポート動画がで… »STORY

OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.2 古道再生

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.1 西伊豆古道

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

Old Japanese Highway、日本の古道 vol.5 西伊豆古道

眼前に駿河湾、背後に天城山系の低山が控える西伊豆・松崎町。今回、globe walkerが歩くのは、… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 浜松 開催レポート

例年より早い桜の開花によって、春の気分とぽかぽか陽気に包まれた3月下旬の週末に、浜松で開催した「PA… »STORY

「SHARE THE LOCAL 静岡」大阪・DOORS HOUSEで開催中

大阪のURBAN RESEARCH DOORS南船場店に併設されたキュレーションスペース「DOORS… »STORY

ツール・ド・ニッポン in 浜松 参加募集スタート

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街…。時代とともにさまざまなカルチャーを生み出してきた街、浜松… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 浜松

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街……。時代によりさまざまなムーブメントを生み出してきた街、浜… »STORY

カネサ鰹節商店の本枯れ鰹節|日本のつくり手 第12回

伊豆半島の西側に位置する西伊豆町田子は、江戸時代からカツオ漁で栄え、鰹節商店が40軒も並んだ「鰹の町… »STORY

“Good People, Town, Shoes” vol.3 フォトグラファー mushさん

屋根のない場所すべてを楽しむための革新的フットウェアを展開する、アメリカ・ポートランドに本拠を構える… »STORY

インダストリアルとクラフトの魅力が融合したウォールクロック 

静岡県のほぼ中央に位置する静岡市一帯は、江戸時代に徳川幕府によって全国から職工を集められたことから、… »STORY

BRUNOと行く、夏の週末キャンプ旅

「ワォ!!」。車窓をぼんやりと眺めていたジュリエンさんが突然声をあげた。彼が指さす方向に目を向けると… »STORY

ピアノ工場|PAPERSKY Japan Club

趣味はピアノ、なんていうと聞こえはいいが実は念願だった中古のピアノを最近買ったばかり。もっぱら聴くの… »STORY

自転車と街とで使えるシューズブランド STOMP LOX

静岡を拠点に、カジュアル志向の自転車乗りに向けたビンディングシューズを製作する「STOMP LOX(… »STORY

マップでめぐる静岡|+10 City Maps No.16 Shizuoka

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第16弾は、富… »STORY

糸がなくなれば負ける|浜松大凧 3

午後遅くの浜松市の中田島砂丘の上の青空は、視界をさえぎるものもほとんどなく、大きく広がっている。ひと… »STORY

凧印の戦い|浜松大凧 2

和紙でできた大凧が空に舞い、竹でできた軽い骨組みからは数百メートルの長さの麻糸が続いている。その麻糸… »STORY

空に消えていく凧 |浜松大凧 1

遠州灘を臨む街、浜松には江戸時代ごろから続く祭りがある。市内の各町が参戦し、長さ1,000m以上の麻… »STORY

漁師のためのシャツ「魚河岸シャツ」|大漁3

遠州屋の店先には品物がちらほらとしか見当たらない。取材に訪れたのが夏ではなかったからだろうか。ガラス… »STORY

TOUR DE SANDWICH by PAPERSKY vol.3 静岡編|Japan Jikkan

料理家が自転車で各地をめぐりながら、いろんな人や食材、風土に出会って受けたインスピレーションを“サン… »STORY

若木信吾さんと浜松古代散歩

遺跡や古墳は、自分が生まれ育った場所にもあることぐらいは聞いている。しかし、その場所を詳しく知る機会… »STORY

Stone Age in Hamamatsu 故郷・浜松のルーツをめぐる旅

11月30日に発売する『PAPERSKY』#46 "NORTHERN JAPAN | JOMON" … »STORY

食べられる記念碑「亀寶最中」 | 大漁 2

焼津の商店街には、ほとんど人影がない。買い物をしている年配の女性が2~3人いるくらいだ。長年、焼津で… »STORY

写真家・若木信吾 「英ちゃん 弘ちゃん」写真集制作

若木信吾の新しい写真集制作に向けたクラウドファンディングが、「IMA FANd!」にてスタートしまし… »STORY

GREEN PARK PICNIC -TEA PARTY- 開催

静岡県の藤枝駅前公園にて、5月24日(土)に開催される「GREEN PARK PICNIC -TEA… »STORY

name
高橋染物店
place
静岡
address
焼津市小川新町1-12-10

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.