Menu Links
  • Photography: Ana Armendariz
  • Photography: Ana Armendariz
  • Photography: Ana Armendariz

自己管理による植物と人間の自然な関係|メフンへ Mercedes

, 2014/01/23

自然や植物をテーマにした詩や絵画などの作品を手がけるメフンヘのメルセデスと、「都市のなかにある緑」をめぐるウォーキングに出かけた。彼女がまず案内するのは、道路沿いの歩道に並ぶ「植えこみ」。「この街ではそれぞれの自宅の前の歩道に、自分の好きな果物の木を自由に植えたりしてもいいの。ただし、剪定などの手入れや掃除も自分たちでやらなければならないのよ」。

道路などの公共空間は自治体が管理するのが当然と思いこんでいる日本人にとっては驚きだが、政治体制の混乱により行政システムの機能が徹底しているとはいえないアルゼンチンでは、なにごとも「自己管理」が基本。こうした行政の「管理不行き届き」がひとつの「魅力」にもなっている例として、彼女はパレルモ地区のカルロス・タイス植物園を挙げる。この植物園はかつて、区画ごとに違った植物が整然と植えられた人工美を誇っていたが、いまではさまざまな種類の植物が混在する「野生」により近い環境に変化しており、その「自然な共生」のありかたが好きだという。
「私が関心をもっているのは、植物と人間の関係。たとえば、蘭は昔は12,000種ほどしかなかったけど、いまでは育種の技術が進んで40,000種までに増えている。こうした文化はすごく興味深いけれど、その一方で、現代では巨大なバイオメーカーが遺伝子組み換え作物の開発を進めているという現実もある。植物は私たちの食の中心にあるものだから、人間と植物がともに生きることについて、もっと意識したほうがいいと思うの」。

管理のすべてを行政システムの「おまかせ」にすればするだけ、人間の暮らしと自然は遠ざかる。この街を歩けば、それがいかに「不自然」なことであるか気づかされる。

mejunje(メフンへ)
http://mejunjeando.blogspot.jp/

アルゼンチンアート|メフンへ Julian Gatto
http://www.papersky.jp/2014/03/11/craftsman-julian-gatto/

This story originally appeared in PAPERSKY’s ARGENTINA | ART Issue (no.43)

Tags:









グアラニー・ポーラ イン トーキョー

ブエノスアイレスにあるギャラリー「グアラニー・ポーラ」が、期間限定で東京・恵比寿に初上陸します。「ク… »STORY

水に囲まれた別荘地、ティグレ・アイランドへ|アルゼンチン

ブエノスアイレス北東約30km、デルタ地帯の群島「ティグレ・アイランド」は自然のなかでの暮らしを求め… »STORY

地元で情熱をもって働く職人たちを訪ねて|Julian Gatto

メフンへのジュリアンがガイドするのは、自宅の半径数百メートル以内の場所が中心のローカルツアー。世界で… »STORY

国境を超えてダイレクトにつながる「感性の共同体」

「『PAPERSKY』はどんな雑誌なんだい? 読者はどんな人たち? クライアントは?」。会って本誌を… »STORY

経済危機がもたらした「社会とつながる建築」

資本主義国であるかぎり、景気と建築は密接な関係がある。好況になれば開発が始まり建設ラッシュとなり、不… »STORY

カルチャーが交錯して生まれつつある「新しい食」

アンティークの家具に囲まれた瀟洒なダイニングルームを訪れると、アロイーズ・アルマーニはテーブルいっぱ… »STORY

パタゴニア、エル・ボルソンの陶芸

雄大な自然に囲まれたアルゼンチン南部パタゴニア地方の街、エル・ボルソン。ここは放浪の末にヒッピーたち… »STORY

アルゼンチンアートの歴史を創造する新世代

現代アルゼンチンのアーティストたちのアトリエを撮影しつづけている写真家のイグナシオに現在のアートシー… »STORY

アーティストがもつ、社会を「別の面から見る」力

かつては「芸術の都パリ」だと呼ばれたし、「コンテンポラリー・アートの中心地はニューヨーク」だってのも… »STORY

エミレーツ航空で行く、「地球半周・西まわり」の旅

今回、エミレーツ航空での「西まわりの旅」に出かけた西加奈子さん。「遠いんやろうなあ…」と心配しつつも… »STORY

編集長ルーカスが選んだアルゼンチンみやげ

取材先のアルゼンチンで、編集長ルーカスがみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに揃いま… »STORY

小説家・西加奈子さんと南米アルゼンチンへ

日本から見た「地球の裏側」がどこにあるのか、正確なことはわからないが、アクセスするのに最も遠い国のひ… »STORY

いまより「いま」なアルゼンチンアート|Editor’s Note #43

いまより少し未来の「いま」へようこそ! アルゼンチンやブエノスアイレスのアートシーンに興味のある読者… »STORY

PAPERSKY #43 アルゼンチン特集号 発売

11月30日発売の『PAPERSKY』43号の特集は、アルゼンチン。アーティストや写真家、デザイナー… »STORY

フジロックを沸かせた、アルゼンチンのバンド ONDA VAGA

南米のビーチで生まれた、ポップなワールドミュージック。スペイン系アルゼンチン人による民族音楽バンド、… »STORY

ALEJANDRO FRANOV JAPAN TOUR 2013 with EXPE

シタールからカリンバ、ピアノまでさまざまな楽器を操り、「音の妖精」の異名を持つアルゼンチンのアーティ… »STORY

name
Jardin Botanico Carlos Thays
place
Argentina
address
Av. Santa Fe 3951 Ciudad de Buenos Aires
link
jardinbotanico.buenosaires.gob.ar

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.