Menu Links
  • Photography: Cameron Allan Mckean
  • Photography: Cameron Allan Mckean

お弁当、緑茶、和菓子と、大相撲|市毛弘子 SUMO RYOGOKU 1

, 2014/01/22

祝詞が奏上され、清めの塩が高々とまかれ、歓声を上げる観客の前で巨体がぶつかりあう。これが大相撲だ。舞台は東京の下町の中心に位置する日本最大の相撲場、国技館。相撲はスポーツでもあり、神道の儀式でもある。
 
お弁当、緑茶、和菓子と、大相撲|市毛弘子

東京下町の午前6時。朝日が隅田川の濁った水の上に降り注ぎ、国技館の緑の屋根に反射する。そんな早朝の両国を市毛弘子が急ぐ。目指すのは、国技館内で自身が経営する案内所の髙砂家。到着後、市毛と他の19の相撲案内所は、観客が午前8時の開場とともにやってくるまでの2時間で、6,000の座席に座布団を並べ、興行前の準備をしなければならない。場所中は1日12時間を、客の応対に費やす。客を予約席に案内し、お弁当、おつまみ、酒やお茶などを運ぶ。
「私が髙砂家で働きはじめたのは昭和42年のことでした。母の手伝いで働いていましたが、母が去年97歳で他界したので、私が主人になったんですよ」。

市毛は国技館の正面玄関で私たちを迎え、髙砂家の入口から厨房へと案内してくれた。現在の国技館は1985年に開業したが、髙砂家が大相撲の観客を接待するお茶屋として創業したのは、その約100年前の1899年である。大相撲の興行の組織化が進むにつれて、お茶屋の必要性は高まっていった。

民間伝承によると、初めての相撲の取組が行われたのは紀元前29年。やがて、相撲は日本の村々の宗教的祭事でおこなわれる見世物から、神道と日本文化に深く関わった儀式的な伝統へと変わっていく。相撲は日本人の精神と文化を現代社会のなかで具現化している数少ない伝統のひとつのように思われる。市毛がその伝統のなかで果たす役割は、観客が大相撲をじかに観戦し、存分に味わえるように仲介することである。

幼少期から大相撲にふれてきた市毛にとって、印象に残る記憶の多くは、第二次世界大戦後の混乱期のものだ。戦後、国技館は一時、閉鎖され、のちに米軍に接収された。そこで大相撲の興行は東京のどこかの掘っ立て小屋でするしかなかった。当時は転々としながらの開催だったため、人々はどこで大相撲が開催されるか知る術がなかった。「お得意さんの自宅や職場に行って、いまはこの会場で大相撲をやっていますよ、と伝えるのが私たちの仕事でした」と市毛は言う。髙砂家の現在のお得意さんの3割が、当時から大相撲を観にきてくれる常連客の家族だという。こうした常連客は、大相撲観戦をおもに接待に使っていた。「最近のお客さんは当時と違い、観戦そのものを楽しみにくる人が多いですね」。市毛の目には、大相撲の世界にいま、ルネッサンスのようなものが進行しているように映る(実際、外国人力士も増えている)。こうした最近の変化にかかわらず、彼女の仕事内容は変わらない。「私の仕事はいまでも、お得意さんといい関係を築いて、次の場所にも来たいと思っていただくこと。そしてお子さんの世代にも変わらずご愛顧いただくことです」。
 
市毛弘子
国技館内の相撲案内所「髙砂家」の女将。明治32年創業の相撲茶屋を取り仕切る。
 
This story originally appeared in PAPERSKY’s ARGENTINA | ART Issue (no.43)

Tags:









Fisherman’s Beanie フィッシャーマンズ・ビーニー

otopukeknit × PAPERSKYのフィッシャーマンズ・ビーニー。耐久性があり、ハリと柔ら… »STORY

野村美丘「わたしをひらくしごと」インタビュー集 発売

ライターの野村美丘さんによるインタビュー書籍「わたしをひらくしごと」に、編集長ルーカスのインタビュー… »STORY

かまわぬ浅草店「藁の道」

手ぬぐい専門店「かまわぬ」の浅草店で、12月7日(金)からイベント「藁の道」が開催されます。 … »STORY

Around the World Pants|PAPERSKY STORE

DEEPER’S WEARとPAPERSKYがコラボしたブラックジーンズ。撥水加工で水や汚れを弾くの… »STORY

山と道 サコッシュ|PAPERSKY STORE

U.L.ハイクを提唱する「山と道」のサコッシュ。ブルーとホワイトを組み合わせた、PAPERSKYオリ… »STORY

Pegs & Pens Case|PAPERSKY STORE

Hariyama Productions × PAPERSKYのペグ&ペンケース。テントを建てるため… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅「ツール・ド・ニッポン」本誌掲載コラム

「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン」は、その土地に暮らす人や、その土地に根ざした手仕事・文化と… »STORY

ニットキャップ World Post Edition|PAPERSKY STORE

冬の寒さに負けないMADE IN USAのニットキャップ。上質なウール(85%)とリサイクルのナイロ… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.24 AFRA

ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する、Le… »STORY

A Different Way To Travel Tシャツ|PAPERSKY STORE

流れるような細い線で円弧を描いたグラフィックに、PAPERSKYのコンセプト『A DIFFERNT … »STORY

SAFE TRAVEL お守りステッカー|PAPERSKY STORE

お守り型のステッカー。日本や世界をめぐる旅の道中には、いつも危険やトラブルがつきもの。そんな旅人の安… »STORY

Camtray × PAPERSKY トラベルトレイ

CAMBRO社のCamtray × PAPERSKYの旅トレー。丈夫で耐久性に優れ、トレー中央に描か… »STORY

トラベルタンブラー|PAPERSKY STORE

KINTO × PAPERSKY のトラベルタンブラー。高品質のステンレス製で、ストレスフリーの飲み… »STORY

ネックピロー|PAPERSKY STORE

Eagle Creekのネックピローは、軽くて持ち運びに便利で、長時間のフライトでも快適に睡眠を楽し… »STORY

4色ボールペン|PAPERSKY STORE

スタイリッシュな印象で未来を感じさせる、イタリア生まれの4色ボールペン。鉛筆のような形で持ちやすく、… »STORY

PAPERSKY STORE @ JUMBLE TOKYO Spring / Summer 2019

9月19日〜21日、東京・渋谷にあるベルサール渋谷ファーストにて開催される、ファッションや雑貨、アパ… »STORY

PAPERSKY STORE @ CAT MARKET

10月6日〜7日の2日間、京橋エドグラン1階にて開催される、POSTALCO主催のCraft・Art… »STORY

LUCA-MON ON THE ROAD vol.3「とつぜんの雨ニモ負ケズ」

編集長ルーカスの旅をモデルに、イラストレーターの間弓浩司さんが描く漫画「Luca-mon on th… »STORY

PETZL ヘッドライト|PAPERSKY STORE

軽量でコンパクトな「PETZL」の防水ヘッドライト。白色LED3灯と赤色LED1灯付き。照射距離は最… »STORY

近藤亜樹個展「あの日を待つ 明日を待つ 今日」

アーティスト・近藤亜樹の個展「あの日を待つ 明日を待つ 今日」が、六本木のシュウゴアーツにて、9/… »STORY

Bike Traveler Kit Bag|PAPERSKY STORE

FREDRIK PACKERS × PAPERSKY Tour de Nipponのオリジナル輪行バ… »STORY

PAPERSKY STORE @ FOR STOCKISTS EXHIBITION & JUMBLE TOKYO

PAPERSKY STOREが、2つの合同展示会に出展します。9月5日〜7日は、東京・西池袋にある自… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.42 高井康生

ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する、Le… »STORY

藍染シューレース|PAPERSKY STORE

徳島県上板町の藍染職人チーム「BUAISOU」× PAPERSKYのシューレース。平紐の先には黒色の… »STORY

SABA Tシャツ|PAPERSKY STORE

美味しそうなサバがプリントされたTシャツ。福井・若狭から京都へと続く街道をつかって運ばれた海産物のな… »STORY

映画『縄文にハマる人々』7/7より公開スタート

縄文時代の謎に迫る映画『縄文にハマる人々』が、7/7(土)〜渋谷シアター・イメージフォーラムをはじめ… »STORY

name
両国
place
東京

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.