Menu Links
  • Photography: Cameron Allan Mckean
  • Photography: Cameron Allan Mckean

お弁当、緑茶、和菓子と、大相撲|市毛弘子 SUMO RYOGOKU 1

, 2014/01/22

祝詞が奏上され、清めの塩が高々とまかれ、歓声を上げる観客の前で巨体がぶつかりあう。これが大相撲だ。舞台は東京の下町の中心に位置する日本最大の相撲場、国技館。相撲はスポーツでもあり、神道の儀式でもある。
 
お弁当、緑茶、和菓子と、大相撲|市毛弘子

東京下町の午前6時。朝日が隅田川の濁った水の上に降り注ぎ、国技館の緑の屋根に反射する。そんな早朝の両国を市毛弘子が急ぐ。目指すのは、国技館内で自身が経営する案内所の髙砂家。到着後、市毛と他の19の相撲案内所は、観客が午前8時の開場とともにやってくるまでの2時間で、6,000の座席に座布団を並べ、興行前の準備をしなければならない。場所中は1日12時間を、客の応対に費やす。客を予約席に案内し、お弁当、おつまみ、酒やお茶などを運ぶ。
「私が髙砂家で働きはじめたのは昭和42年のことでした。母の手伝いで働いていましたが、母が去年97歳で他界したので、私が主人になったんですよ」。

市毛は国技館の正面玄関で私たちを迎え、髙砂家の入口から厨房へと案内してくれた。現在の国技館は1985年に開業したが、髙砂家が大相撲の観客を接待するお茶屋として創業したのは、その約100年前の1899年である。大相撲の興行の組織化が進むにつれて、お茶屋の必要性は高まっていった。

民間伝承によると、初めての相撲の取組が行われたのは紀元前29年。やがて、相撲は日本の村々の宗教的祭事でおこなわれる見世物から、神道と日本文化に深く関わった儀式的な伝統へと変わっていく。相撲は日本人の精神と文化を現代社会のなかで具現化している数少ない伝統のひとつのように思われる。市毛がその伝統のなかで果たす役割は、観客が大相撲をじかに観戦し、存分に味わえるように仲介することである。

幼少期から大相撲にふれてきた市毛にとって、印象に残る記憶の多くは、第二次世界大戦後の混乱期のものだ。戦後、国技館は一時、閉鎖され、のちに米軍に接収された。そこで大相撲の興行は東京のどこかの掘っ立て小屋でするしかなかった。当時は転々としながらの開催だったため、人々はどこで大相撲が開催されるか知る術がなかった。「お得意さんの自宅や職場に行って、いまはこの会場で大相撲をやっていますよ、と伝えるのが私たちの仕事でした」と市毛は言う。髙砂家の現在のお得意さんの3割が、当時から大相撲を観にきてくれる常連客の家族だという。こうした常連客は、大相撲観戦をおもに接待に使っていた。「最近のお客さんは当時と違い、観戦そのものを楽しみにくる人が多いですね」。市毛の目には、大相撲の世界にいま、ルネッサンスのようなものが進行しているように映る(実際、外国人力士も増えている)。こうした最近の変化にかかわらず、彼女の仕事内容は変わらない。「私の仕事はいまでも、お得意さんといい関係を築いて、次の場所にも来たいと思っていただくこと。そしてお子さんの世代にも変わらずご愛顧いただくことです」。
 
市毛弘子
国技館内の相撲案内所「髙砂家」の女将。明治32年創業の相撲茶屋を取り仕切る。
 
This story originally appeared in PAPERSKY’s ARGENTINA | ART Issue (no.43)

Tags:









Eco Travel Bag | PAPERSKY STORE

カリフォルニア州チコにあるChicoBag社は、2007年にリサイクルショップで購入したミシンから始… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.25 岸眞衣子

ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する、Le… »STORY

鳥取の手仕事と食を楽しむイベント「CO-TORI VOL.7」開催

北は日本海、南には中国山地の山々が広がる、自然溢れる“鳥取”。自然に恵まれた風土を象徴する鳥取の手仕… »STORY

石川直樹『THE VOID』|PAPERSKY STORE

『THE VOID』は、世界を旅する写真家・石川直樹が、「写真家として生きていくことを決めた出発点に… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.26 荏開津 広

ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する、Le… »STORY

PAPERSKY STORE @ EXTRA PREVEW #18

2月13日(水)〜15日(金)の3日間、東京・日の出にあるクリエイタースペース「TABLOID」にて… »STORY

HOUDINI リストゲイター|PAPERSKY STORE

スウェーデンのアウトドアブランド「HOUDINI」の高機能素材のリストゲイターは、自転車、ハイキング… »STORY

Mountain Bandana | PAPERSKY STORE

現在、東京・初台にある東京オペラシティ アートギャラリーにて開催中の、写真家・石川直樹さんの展覧会『… »STORY

タープポーチ Tarp Pouch|PAPERSKY STORE

ラベルの紙飛行機がクールな印象のタープポーチ。タープとは、もともと船の帆や垂れ幕、テントなどに使われ… »STORY

AIRPLANE PAD|PAPERSKY STORE

ALASKA BUNGU × PAPERSKYの紙飛行機が折れるレターパッド。書き味も心地よく、旅先… »STORY

石川直樹写真展「この星の光の地図を写す」

写真家・石川直樹さんの写真展「この星の光の地図を写す」展が、東京オペラシティにて1/12(土)より開… »STORY

旅のお香 トラベルインセンス|PAPERSKY STORE

旅のお香をケースに入れて持ち歩けるようになりました。見知らぬ旅先のお部屋でも、お香を焚いてリラックス… »STORY

Papersky New Mexico Fair @ Daikanyama Tsutaya

1月10日(木)〜1月31日(木)、代官山 蔦屋書店の2号館にて、PAPERSKY 58号「ニューメ… »STORY

アイウェアストラップ |PAPERSKY STORE

halo commodity × PAPERSKYの、アクティブに動く人にとって‘視界良好’なアイウ… »STORY

ミニベル Maharani Noah Bells|PAPERSKY STORE

古くからインドでハンドメイドされてきたノアベルは、今では数少ない伝統的なアイテムのひとつ。昔は多くの… »STORY

ほんものの江戸を味わう|PAPERSKY Japan club

江戸の味といって思い浮かべるものは何だろう。寿司、鰻、天ぷら、そば、まあ大方そんなところだろうか。そ… »STORY

PAPERSKY All-Weather Sticker|PAPERSKY STORE

PAPERSKYの紙飛行機ロゴをかたどったオリジナルステッカー。防水性だから、雨や水に濡れてもはがれ… »STORY

福田春美 ライフスタイルブック「ずぼらとこまめ」

ブランディングディレクターの福田春美さんによる著書「ずぼらとこまめ」が出版されました。ライフスタイル… »STORY

フラットポーチ|PAPERSKY STORE

持ち物をスマートにまとめて運べ、カバンの中で整理しやすいフラットポーチ。目的や用途に合わせて立体的に… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.43 Chocolat

ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する、Le… »STORY

ライトタオル | Light Towel & Scarf | PAPERSKY STORE

PAPERSKY × MOKUのライトタオル。薄くて軽いのに、吸収・速乾性にすぐれ、ふっくら柔らかく… »STORY

Fisherman’s Beanie フィッシャーマンズ・ビーニー

otopukeknit × PAPERSKYのフィッシャーマンズ・ビーニー。耐久性があり、ハリと柔ら… »STORY

野村美丘「わたしをひらくしごと」インタビュー集 発売

ライターの野村美丘さんによるインタビュー書籍「わたしをひらくしごと」に、編集長ルーカスのインタビュー… »STORY

かまわぬ浅草店「藁の道」

手ぬぐい専門店「かまわぬ」の浅草店で、12月7日(金)からイベント「藁の道」が開催されます。 … »STORY

Around the World Pants|PAPERSKY STORE

DEEPER’S WEARとPAPERSKYがコラボしたブラックジーンズ。撥水加工で水や汚れを弾くの… »STORY

山と道 サコッシュ|PAPERSKY STORE

U.L.ハイクを提唱する「山と道」のサコッシュ。ブルーとホワイトを組み合わせた、PAPERSKYオリ… »STORY

name
両国
place
東京

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.