Menu Links
  • Photography: Shino Chikura
  • Photography: Shino Chikura
  • Photography: Shino Chikura
  • Photography: Shino Chikura
  • Photography: Shino Chikura
  • Photography: Shino Chikura
  • Photography: Shino Chikura
  • Photography: Shino Chikura
  • Photography: Shino Chikura
  • Photography: Shino Chikura

メッセンジャーを追いかけて、伊豆・修善寺へ

, 2013/09/13

元祖メッセンジャーの追っかけ?を自称している私には、どうしても記しておきたいことがある。日本のサブカルチャーな自転車の歴史に、小さくて大きな足跡を刻むことになる催しMIXPRESSION 11が、9月15-16日(日・祝月)に 台風のため10月5-6日(土-日)に順延のうえ伊豆・修善寺で行われる。

修善寺といえば、サイクルスポーツセンター(CSC)という自転車を楽しむための日本屈指の大規模施設があるばかりか、日本の競輪選手を育成するための競輪学校が隣接する特別な場所だ。MIXPRESSION 11の会場はそのCSCで、東京はもちろん全国各地からこの日を待ち望んでいたメッセンジャーが集う。メッセンジャーというのは、会社や個人などから依頼された荷物の配送を自転車で行う職業。東京・横浜、名古屋、大阪、福岡など主に都市部で成り立つ仕事ともいえるので、なじみのない人も多いかもしれない。

MIXPRESSIONは、主に東京のメッセンジャーの有志によって手づくりで行われる。『PAPERSKY』の#33号でスイスを共に自転車で旅したJuriも、そのメンバーの一人だ。2日かけて予選・決勝と行われるメインレースでは、設置された仮のオフィス間で荷物のデリバリー業務(荷物のピックアップ&デリバリー)を行い、正確さとスピーディさを競う。日頃のスキルを競う、いわば仕事の技量を判定する試合のようなものだろう。さらに会場では、海外でその熱が高まり、今では日本各地でその活動が目覚ましい自転車競技・バイクポロも、メインレース同様に2日間たっぷり行われる。夜のBBQも朝食も、宿泊場所の準備も往復のバスツアーもすべて、メッセンジャーたちが万全の準備を整えて、訪れるたくさんの人を迎えてくれる。さらに9月28日(土)までに参加申し込み(レジストレーション)をすれば、レースで出走することも、夜のBBQでメッセンジャーの輪に入って楽しむことができるというのだ!

“11”回を重ねるMIXPRESSIONは、2002年に京都ではじまった“京都ロコ”に刺激された東京のメッセンジャーたちによるムーブメント。さらにさかのぼると日本のメッセンジャーたちが、1993年から続くメッセンジャーの世界大会Cycle Messenger World Championships(CMWC)から受けた影響は大きい。2006年、東京・横浜・京都のメッセンジャーたちが決意した<日本でのCMWCの開催>は、2009年に果たされることになる(CMWC 2009 TOKYO)。

1年に1度、世界のとある都市で開催されるメッセンジャーの祭典に、私がはじめて触れたのは2001年のブタペスト大会。その前年、港区の溜池山王という街で仕事をするようになってすぐの頃、行き交うサラリーマンの真っ黒い群れとは明らかに異なる、鮮やかな色合い。自転車で駆け抜けるメッセンジャーの姿が、とても刺激的で、気持ちを動かされたことを、今もはっきりと覚えている。新米OLな私は、入社後程なく(入社4ヵ月目!)して自転車通勤をはじめ、交差点でカメラを抱えメッセンジャーをパパラッチするようになった。“メッセンジャーの魅力、自転車の楽しさを私なりに伝えたい”、そう思って今に至る。この3連休、予定がない人はふらり、数時間でも修善寺に寄ってみてほしい。MIXPRESSIONや、このたった一度のブログの投稿でさえも、誰かにとってメッセンジャーや自転車の魅力を感じられる、小さな“きっかけ”になれば嬉しい。

 
※写真は、写真家・千倉志野さんとともに訪れた、2007年のCMWC DUBLIN、2008年のCMWC TORONTOでの模様です。2007年におけるプレゼンテーションで2009年の東京での世界大会開催を決め、2008年には東京のメッセンジャーSINOが世界チャンピオンになったという、記念すべき大会の大事な記録です

Tags:









OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.3 鰹節

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

PAPERSKY Tour de Nippon in 浜松 Movie

2018年3月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 浜松のレポート動画がで… »STORY

OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.2 古道再生

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 西伊豆古道編 vol.1 西伊豆古道

PAPERSKYと旅のセレクトショプ「THE NORTH FACE globe walker」が提案… »STORY

Old Japanese Highway、日本の古道 vol.5 西伊豆古道

眼前に駿河湾、背後に天城山系の低山が控える西伊豆・松崎町。今回、globe walkerが歩くのは、… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 浜松 開催レポート

例年より早い桜の開花によって、春の気分とぽかぽか陽気に包まれた3月下旬の週末に、浜松で開催した「PA… »STORY

「SHARE THE LOCAL 静岡」大阪・DOORS HOUSEで開催中

大阪のURBAN RESEARCH DOORS南船場店に併設されたキュレーションスペース「DOORS… »STORY

ツール・ド・ニッポン in 浜松 参加募集スタート

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街…。時代とともにさまざまなカルチャーを生み出してきた街、浜松… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 浜松

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街……。時代によりさまざまなムーブメントを生み出してきた街、浜… »STORY

カネサ鰹節商店の本枯れ鰹節|日本のつくり手 第12回

伊豆半島の西側に位置する西伊豆町田子は、江戸時代からカツオ漁で栄え、鰹節商店が40軒も並んだ「鰹の町… »STORY

“Good People, Town, Shoes” vol.3 フォトグラファー mushさん

屋根のない場所すべてを楽しむための革新的フットウェアを展開する、アメリカ・ポートランドに本拠を構える… »STORY

インダストリアルとクラフトの魅力が融合したウォールクロック 

静岡県のほぼ中央に位置する静岡市一帯は、江戸時代に徳川幕府によって全国から職工を集められたことから、… »STORY

BRUNOと行く、夏の週末キャンプ旅

「ワォ!!」。車窓をぼんやりと眺めていたジュリエンさんが突然声をあげた。彼が指さす方向に目を向けると… »STORY

ピアノ工場|PAPERSKY Japan Club

趣味はピアノ、なんていうと聞こえはいいが実は念願だった中古のピアノを最近買ったばかり。もっぱら聴くの… »STORY

自転車と街とで使えるシューズブランド STOMP LOX

静岡を拠点に、カジュアル志向の自転車乗りに向けたビンディングシューズを製作する「STOMP LOX(… »STORY

マップでめぐる静岡|+10 City Maps No.16 Shizuoka

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第16弾は、富… »STORY

糸がなくなれば負ける|浜松大凧 3

午後遅くの浜松市の中田島砂丘の上の青空は、視界をさえぎるものもほとんどなく、大きく広がっている。ひと… »STORY

凧印の戦い|浜松大凧 2

和紙でできた大凧が空に舞い、竹でできた軽い骨組みからは数百メートルの長さの麻糸が続いている。その麻糸… »STORY

空に消えていく凧 |浜松大凧 1

遠州灘を臨む街、浜松には江戸時代ごろから続く祭りがある。市内の各町が参戦し、長さ1,000m以上の麻… »STORY

漁師のためのシャツ「魚河岸シャツ」|大漁3

遠州屋の店先には品物がちらほらとしか見当たらない。取材に訪れたのが夏ではなかったからだろうか。ガラス… »STORY

TOUR DE SANDWICH by PAPERSKY vol.3 静岡編|Japan Jikkan

料理家が自転車で各地をめぐりながら、いろんな人や食材、風土に出会って受けたインスピレーションを“サン… »STORY

若木信吾さんと浜松古代散歩

遺跡や古墳は、自分が生まれ育った場所にもあることぐらいは聞いている。しかし、その場所を詳しく知る機会… »STORY

Stone Age in Hamamatsu 故郷・浜松のルーツをめぐる旅

11月30日に発売する『PAPERSKY』#46 "NORTHERN JAPAN | JOMON" … »STORY

食べられる記念碑「亀寶最中」 | 大漁 2

焼津の商店街には、ほとんど人影がない。買い物をしている年配の女性が2~3人いるくらいだ。長年、焼津で… »STORY

写真家・若木信吾 「英ちゃん 弘ちゃん」写真集制作

若木信吾の新しい写真集制作に向けたクラウドファンディングが、「IMA FANd!」にてスタートしまし… »STORY

GREEN PARK PICNIC -TEA PARTY- 開催

静岡県の藤枝駅前公園にて、5月24日(土)に開催される「GREEN PARK PICNIC -TEA… »STORY

name
修善寺
place
静岡
link
MIXPRESSION 11

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.