Menu Links
  • Photography: KaO
  • Photography: KaO
  • Photography: KaO
  • Photography: KaO
  • Photography: KaO
  • Photography: KaO
  • Photography: KaO
  • Photography: KaO

バゲットと料理とバッグによる響宴

, 2013/08/15

京都globe walkerでの展示Travelingや、『PAPERSKY』Storeでのコラボレーションでおなじみ、京都の革製品〈カロト〉と、PAPERSKY Bicycle ClubキャプテンKaOによる“おいしい展示”が開催中だ。舞台は、京都市の左京区・銀閣寺にほど近い住宅地で、パンと料理とワインをいただけるお店〈germer(ジェルメ)〉。

ゆっくりと食事とお酒を楽しむお店だけれど、カフェ利用でもパンだけの購入でも、気軽に立ち寄ることのできるgermer。2012年12月の開店以来、パンを焼くのも料理をつくるのも、岡本シェフがほぼ一人でこなす。クロワッサンやバゲットがとにかく絶品、こだわりのタンドリーチキンは常連客をも飽きさせない。いつ訪れても美味しく満たされ、穏やかな時間を過ごすことができる。 話すと少し変わった人柄がユニーク、一人で訪れる女性も多い。

パン屋がバッグをつくるという少し変わった連鎖は、料理人・革職人・バッグ職人に共通する職人気質のシンクロだ。germerの並々ならぬ料理へのこだわりは、職人気質や情熱以外の何ものでもない。カロトとのものづくりは、いつも刺激的で情熱的だ。そのカロトが“いつか一緒にものづくりをしよう”と数年越しで思いを伝えていたつくり手が、新たに誕生させたブランドが〈row〉であり、シンプルなバッグのカタチ、縫い目の一つひとつ、細部に行き届いた情熱を感じることができる。

“バゲットとワインをいれてちょうどいい”は、二人がつくるバッグとgermerをつなぐキーワード。ほんの少し“パンとワイン”を連想できる普段使いのバッグは、展示期間(開催中~8月18日(日)まで)以降もgermerで販売(オーダー受注)される。ろう引き帆布のロウ、船を漕ぐ(row)などからブランド名を連想したという〈row〉のバッグは、今はgermerでしかお目にかかれない。とにかく文句なく美味しい料理も、germerへ行かなくては堪能できない。バッグ展の最終日にはカロトによる革のバッグを手縫いするワークショップも開催されるという。 明日はいよいよ、夏の終わりをつげる風物詩・五山の送り火も行われる西の都・京都へ、ぜひ美味しいパンと料理と情熱を感じに出かけてみてほしい。

calotte leather handmade
http://calotte-web.com/top/
germer
http://kyoto-germer.com
http://www.facebook.com/Kyotogermer
京都、自転車ランデブー
http://www.facebook.com/KyotoJitenshaRendezvous

Tags:









PAPERSKY STORE @ Kyoto Hiker’s Gear Party

12月15日、16日の2日間、京都・新大宮広場にて開催される、ハイカーのためのアウトドアマーケット「… »STORY

「ふたつのことば 佐々木愛 × 持塚三樹」展 @ 誠光社

京都の誠光社にて、12/1より「ふたつのことば 佐々木愛 × 持塚三樹」展が開催されます。展覧会タイ… »STORY

PAPERSKY POP UP STORE in 京都 MAGASINN KYOTO

11/23(木)〜11/26(日)の4日間、京都・二条城のそばにある“泊まれる雑誌”がコンセプトの宿… »STORY

自転車の楽しみ方、ネクストステージへ|PAPERSKY bicycle club

ついに、そのときが近づいてきている。PAPERSKY自転車クラブの活動にも、ツール・ド・ニッポン以外… »STORY

京都の泊まれる体験型本屋 Editorial Haus MAGASINN(マガザン)

京都・二条城近くにある『Editorial Haus MAGASINN(マガザン)』は、「触って、使… »STORY

WORKING FISHERMAN vol.5 蒲入水産有限会社(伊根) 田中晃斗さん

ノルウェー発祥のアウトドアブランド、ヘリーハンセンは、1877年、商船隊の隊長だったヘリー・J・ハン… »STORY

藍染トートバッグ|PAPERSKY STORE

京都・丹後を拠点とする「高蔵染」とつくった、藍色に染まったボディに滴らせたしぶきが美しいトートバッグ… »STORY

Tour de Nippon in Kyoto/Tango Movie

2017年3月に開催したTour de Nippon in 京都/丹後のレポート動画ができました。残… »STORY

海が、試練の辛さを忘れさせてくれた。丹後半島サイクリング旅

残雪や雨を心配していた3月のツール・ド・ニッポン。京都・丹後半島旅の週末は、好天にも恵まれた、それは… »STORY

京都に来ていなかったらきっと日本に暮らしてなかった|Kyoto Cyclists 4

「各地を走っているけれど、自転車に乗るなら僕は西日本のほうが好き。MTB選手だったからかな。関西は山… »STORY

マップでめぐる海の京都|+10 City Maps No.19 Seaside Kyoto

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第19弾は、日… »STORY

道具は大切に扱う、一生ものにする|Rendezvous with Kyoto Cyclists 3

「材料は一部のパーツをのぞいて、すべて国産。ひとつひとつこの伏見でハンドメイドしているオリジナルのフ… »STORY

Day6 伊根〜京都 | 舟屋の窓辺に腰かけ、6日間の自転車旅を想う

伊根浦には小さな入江を取り囲むように舟屋と呼ばれる家屋がびっしりと立ち並び、独特の景観をつくり出して… »STORY

Day5 琴引浜〜伊根 | 職人文化と絶景続きの海岸線。丹後の宝にふれた日

弥栄町で染色工房を営む大下倉和彦さんを訪ねた。丹後はかつてちりめん生地の一大産地として栄えたが、時代… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 京都/丹後

私たちが知る風情ある京の町は、全体からみればほんの一部。町の南にはお茶の産地が、北は豊かな森が広がる… »STORY

ツール・ド・ニッポン in 京都/丹後 参加募集スタート

3月のツール・ド・ニッポンでは、丹後半島をめぐる週末旅に出かけます。京都の北端、日本海に突き出た風光… »STORY

Day4 天橋立〜琴引浜 | 海の京都を満喫。波音をBGMに眠る夜

旅も4日目になると、朝起きて自転車に乗って走ることが日常になってくる。この日はひとまず西を目指し、丹… »STORY

自転車なら、京都の四季を誰より楽しめる|Kyoto Cyclists 2

「自転車でどこまででも行けるんです」 毎日の往復約10kmの通勤も、実家がある宇治へも、そしていくつ… »STORY

Tevaでゆこう。新古息づく、粋な町へ

幾度訪れてもどれほど歩いても、京都の奥深さは、はかり知れない。古きを守り、新しきを汲みながら粋に革新… »STORY

思い立って自転車で山へ。そういうことも、京都の日常|Kyoto Cyclists 1

どんなシーンでどう使うか? サイズや形の希望だけでなく、使う人と顔を合わせ、細やかなやりとりをとおし… »STORY

AMETSUCHIの器|Urban Research Doors 日本のつくり手 第9回

Urban Research Doorsが、PAPERSKYと共に日本各地を巡り、その土地に根ざした… »STORY

Day3 綾部〜天橋立 | ついに日本海! 峠から見下ろす日本三景・天橋立

「僕も一緒に宮津まで行っていいですか?」 自転車で日本一周の経験もある昭文さんの、トラベラーの血が騒… »STORY

Day2 園部〜綾部 | 丹波の山から次々と、個性的な夫婦が現る!!

2日目はすばらしく晴れ上がり、朝から気分は最高だった。園部の城下町を抜けて9号線をひた走り、兵庫県篠… »STORY

Day1 京都〜園部 | 京の町は遠ざかり、霧が立ち込める雨の奥山を走る

旅立ちは雨だった。この日は京都在住30年の自転車ガイド、ヴィンセントさん(P.99)が加わり、総勢7… »STORY

東へ西へ上ル下ル。自転車で京都、本の旅へ

便利な機器の普及により、本を携えて旅に出ることも減ったかもしれない。それでも、やっぱり好きなのだ。路… »STORY

PAPERSKY presents KYOTO BOOKSTORE RIDE

PAPERSKY no.52「京都/自転車」特集、「Bookworms to your Bikes」… »STORY

name
Germer
place
京都
address
京都市左京区浄土寺西田町3
phone
075-746-2815
link
website

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.