Menu Links
  • Photography: Nacho Alegre
  • Photography: Nacho Alegre
  • Photography: Nacho Alegre
  • Photography: Nacho Alegre
  • Photography: Nacho Alegre
  • Photography: Nacho Alegre
  • Photography: Nacho Alegre
  • Photography: Nacho Alegre

水とともに楽しむ、バルセロナのライフスタイル

, 2013/08/12

グラフィックデザイナーのオマー・ソーサとフォトグラファーのナチョ・アレグレはともにバルセロナで生まれた、古い友人同士だ。ふたりは土曜の午後、仲間を呼んでしばしばプールでのパーティを楽しむ。オマーは言う。
「いろんな週末の過ごし方があるけど、ここ数年はプールのある友だちの家に行ったり、ビーチに行ったりして、パーティをするのがノーマルだね。パーティって言っても、いつも大騒ぎするわけじゃない。ほんの少しの酒と食材をそれぞれ持ち寄って、時間を気にせず夜までゆっくり楽しむ。お金もかからないしね。全員が集合するとまずはバムート(ベルモット)タイム。この街では、正午から3時位までをバムートタイムって呼んでるバルが多くて、この時間帯にバムートを飲むのが俺たちのちょっとした楽しみなんだ」

バルセロナ発のライフスタイルマガジン『apartamento』を5年前に立ち上げたふたり。毎号、世界中のクリエイターの暮らしぶり、プライベートルーム、インテリアなどを紹介するスタイリッシュな雑誌だ。現在、日本を含む35ヶ国で販売され、感度の高い読者から支持を得ている。
「ちょうど部屋の家具をそろえようと思って雑誌を探してたんだけど、カタログのような雑誌ばかりで俺たちの読みたいものが全然なかった。だから自分で雑誌をつくろうと思ったんだ。それぞれの望むライフスタイルがあって、そのためにインテリアとかオーナメントをどう心地良く構成しているかを紹介するメディア。テーマは、“ 生活の質”だ。俺たち自身もそれを追求して実践してるよ」

パリやロンドン、NYなどを飛びまわり、世界中のユニークな生活様式に日々ふれているオマーとナチョ。そんなふたりにベースとなるバルセロナの街、ここに住む住人が求める“ 生活の質”とはどんなものか訊いてみた。
「バルセロナの人間は毎日を楽しむことにどん欲だと思う。平日の夜12時からみんなで集まってパーティをすることだってめずらしくない。俺の場合、週に2〜3回、パーティを楽しんで日曜はたいてい、家族と過ごす。こうやってレイドバックしないと続かないだろう?」

ナチョは笑いながらこう話す。6月初旬のこの日。夜8時になってもまだ太陽は沈まない。そんなこともあって、バルセロナの住人は自然と長い夜の過ごし方が上手になると、オマーが続けた。
「それと、この街の人間はつくづくスポーツが好きだと感じるよ。ヨーロッパのなかでも特別にドライで、誰もが外に出たくなるような気候が一年中続く。小さいころはサッカーかスイミングのどちらかに熱中してたって人間が驚くほど多い。たとえば、ランブラス通りを街の南側に下っていくと段々とプールが多くなってすぐビーチにたどり着ける。街なかにはルーフトップにプールのあるアパートもたくさんあるしね。春から10月くらいまで、気軽に泳げるのはここの住人の大きな特権だ」

人と自然、建物やインフラが有機的につながり、労働者とブルジョアが等しく豊かに過ごす。こうした近代都市を目指し、1930年代初頭、バルセロナの街が都市再建計画に掲げたのは4 つのテーマだったという。このとき、コンセンサスを得たのは、「働く」「住む」「移動する」、そして「憩う」という4 つの機能。これを満たすべく街はしだいにデザインを変えてきた。「憩う」べき場所はもちろんビーチであり、広大な地中海。それゆえ居住地域と海辺をつなぐランブラス通りの重要性は古くから強く意識され、ビーチは美しく広く整備されるようになっていく。

働き、憩うことがセットで、生活の質を左右する。そして住人の意識には海で憩うイメージが深く浸透し、そのことが毎日の生活に潤いをもたらす。大都市でありながら、日常的に水と親しむバルセロナの住人。水着さえあれば、旅人だって彼らの気分がほんの少し味わえるはずだ。

» PAPERSKY’s BARCELONA | SWIM Issue (no.42)

Clothing: Speedo® Special Thanks: Omar Sosa

Tags:









アドリア・カナメラス|バルセロナの写真家 水のある風景 4

アドリアは若くして、音楽にまつわる写真でその名を成した。これまで関わったのはスペインのフォークシンガ… »STORY

ダニエル・リエラ|バルセロナ、水のある風景 3

バルセロナという街を一言で表現するとどうなるか。その問いに対し、ダニエルは少し考えた後、こう答えた。… »STORY

ナチョ・アレグレ|バルセロナ、水のある風景 2

もともと弁護士を目指していたナチョがある写真家に会ったのは10年ほど前。その仕事ぶりを見て、趣味で続… »STORY

コケ・バルトリーナ|バルセロナ、水のある風景 2

背には山が迫り、懐に海を抱えるバルセロナの街。この地で育った気鋭のフォトグラファーたちが撮る、美しい… »STORY

フランス国境まで続く異空間、コスタブラバを目指して

バルセロナの中心部から海岸線を北上すると「コスタブラバ」というオアシスにたどり着く。巨岩がつくりだす… »STORY

今日の午後は、海の見える絶景プールで

海辺のレストランでパエリアをと、趣きを感じるレストラン「Puda Can Manel 」へ。1870… »STORY

中世の細道を抜けて、バルセロネータを目指す

旧市街と呼ばれるエリアでは歩を進めるたびに、バルセロナの歴史が体に染みいってくる。中世のたたずまいを… »STORY

編集長ルーカスが選んだバルセロナみやげ|PAPERSKY STORE

取材先のバルセロナで、編集長ルーカスがみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに並んでい… »STORY

隠れ家ビーチで過ごす、静かなバルセロナ

にぎやかなビーチもいいけど、隠れ家的ビーチも悪くない。全長4kmにもおよぶ海岸線には、ノーマルなビー… »STORY

すべての住民がヴァカンスを楽しむように暮らせる街

この街を散策する最強のパートナーは自転車だ。点在する歴史的建築物をめぐったり、心地よいプールやビーチ… »STORY

特別な意味を持つ丘「モンジュイック」での一日

旅の始まりはケーブルカーに揺られながら標高180mの丘、モンジュイックへ。ここにはバルセロナの住民の… »STORY

FOOD CLUB 有元くるみ料理教室 カタルーニャ料理 第2回

旅をテーマにした料理教室PAPERSKY FOOD CLUBと有元くるみさんが主催する料理教室「fo… »STORY

バルセロナの旅のナビゲーター、モデル・入夏さん

古くから、膨大な数のアーティストを生みつづけているこの街。バルセロナで見られるアートは、旅人にもたし… »STORY

街中が待ち望む、「世界水泳2013 」の舞台をめぐって

今年7月、バルセロナ市民が心待ちにするビッグイベント「世界水泳2013」がこの街で開催される。92年… »STORY

泳いで旅するバルセロナ!|Editor’s Note #42

バルセロナは世界でもっとも多くの観光客が訪れる観光都市のひとつ。サグラダ・ファミリアに、とびきりおい… »STORY

PAPERSKY #42 バルセロナ特集号 発売

『PAPERSKY』No.42 バルセロナ特集号が、7月30日に発売されました。今年FINA世界水泳… »STORY

FINA世界水泳選手権大会、スペイン・バルセロナにて開幕

スペイン・バルセロナにて、国際水泳連盟(FINA)が主催する「第15回FINA世界水泳選手権大会」が… »STORY

FOOD CLUB 有元くるみ料理教室 カタルーニャ料理 第1回

旅をテーマにした料理教室PAPERSKY FOOD CLUBと有元くるみさんが主催する料理教室「fo… »STORY

マップでめぐるバルセロナ | +10 City Maps No.6 Barcelona

PAPERSKYがセレクトしたおすすめのショップやレストランなど、マップを通じて街の魅力を伝える「+… »STORY

place
バルセロナ

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.