Menu Links
  • Photography: Tetsuya Yamamoto

ニュージーランドの“長い”旅路|Editor’s Note #41

, 2013/05/01

前号を発行してから、“長い”時間が経ってしまった。なぜなら僕らは、ニュージーランドを“長い”時間をかけて歩くロングウォークの旅に出ていたから。今回、どうしてこういった特集を組んだかというと、PAPERSKYの読者にはハイカーやサイクリストが多く、そんなアクティブな読者の方々に、週末の日帰りや1泊2日の山歩きやサイクリングではなく、新しい旅の提案をしたいと考えたからだ。「ロングトレイル」「ロングウォーク」と呼ばれる山歩きにはどんな発見があるのか、「ロングライド」のバイクトリップはどんな感覚なのか…そんな疑問を抱きつつ、僕らはニュージーランドへと旅立った。

“長く”歩く、“長く”自転車に乗る、とは少なくとも4日ほどの日程で旅すること。なかには何週間も何ヵ月も歩きつづける旅人もいるだろう。こうした旅人の多いニュージーランドでは、“長く”歩くことを「トランピング」といい、“長く”自転車で走ることを「ツーリング」という。ロングウォークやロングライドでは、旅をとおして精神的な変化を体験する。旅の前の自分は、もはや旅の後にはいない。どのように変化するかは人によりけりだが、距離の感じかたや、1日という時間、動物や人、天気、森の音…さまざまなものに対する感覚が一変してしまうのだ。山道を歩き、自転車で長い距離を移動することで、体力的な変化はもちろん、精神的にもポジティブな感覚へと自分自身が変化していくことがわかる。

ニュージーランドでは、ロングウォークの旅は特別なことではない。全土に張りめぐらされたトレイルや、“長い”距離を移動する旅人への配慮があり、インフラが整備されているからだ。DOC(Department of Conservation)という驚くべきシステムにより、全国どこへ行っても管理されたトレイルや清潔な山小屋、テントサイトがあり、ハイカーたちをサポートしている。このような徹底した管理システムのもと、人々は気軽に山や森に入り、キャンプやアウトドアを楽めるというわけだ。そんなすばらしいニュージーランドを舞台に、時間が許すかぎりのんびりと“長い”時間をかけて旅してほしい。ザックに荷物を詰めたら、大自然を遊び場に、歩き、自転車で走る長旅へ出かけよう。

 
New Zealand’s Long Pathway

It’s been a Long time since our last issue- and that’s because we’ve been on a Long walk in the land of New Zealand. We know that many of our readers are very active hikers as well as bicyclist but we want to introduce Papersky fans to a new way of approaching hiking & biking. A way that is not just a weekend stroll in the mountains or a day cycling around town. In this issue we went to New Zealand to discover what is called for hikers, the LONG TRAIL or LONG WALK and for cyclist the LONG RIDE.

Walking or riding LONG is pretty much any walk or ride that lasts at least four days and in many cases several weeks and in extreme cases several months. In New Zealand they call this ‘tramping’ when it’s done on foot and ‘touring’ when it’s done by bike.

Walking the LONG TRAIL or cycling on the LONG RIDE is a mentality changing experience- after doing a LONG WALK you will no longer be the same person you were prior to starting the walk. How you change depends on you and your experiences- but the distance, days, animals, people, weather sounds and the constant moving on and up and down and around– will physically change you and likely in a very positive and up beat way.

In New Zealand LONG WALKER’S are not an exclusive club they make up a large percent of the population. New Zealand has created the worlds most amazing network of trails, well kept, well made, long lasting, with an infrastructure to match. Besides having some of the worlds best maintained trails New Zeland also has some of the worlds cleanest huts, & tent sites, thanks to their amazing DOC (Department of Conservation) system. Besides making it easy to stay & camp the trails offer amazing signage and DOC offers easy & accurate maps so that one can walk and ride and play about in New Zealand’s natural play ground for days on end.

Tags: ,









かわいい子とともに、旅に出かけよ

ニュージーランドへの2ヵ月におよぶ子連れ旅を、しかも自転車で楽しんでいる親子がいる。大阪発の季刊紙『… »STORY

Milford Track 世界中のハイカーが憧れるNZを代表するトレイル

世界遺産テ・ワヒポウナムの核心部、フィヨルドランド国立公園内に位置する。湖から谷を抜け、山岳エリアに… »STORY

Kepler Track 日本アルプスの稜線歩きを好むハイカー向き

湖畔から森の道を登りきると、そのトレイルは雲上の稜線歩きへハイカーを誘い、そこから谷沿いの原生林を進… »STORY

エイベル・タズマン|黄金ビーチと原生林が織りなす奇跡のトレイル

太陽に恵まれ、温暖な気候で有名なエイベル・タズマン国立公園内の、無数の美しいビーチをつなぐ全長54,… »STORY

ニュージーランド、遙かなる道筋。縦断の末に見えた風景

2010年暮れ、構想から16年を経た壮大な計画が実現間近に迫った。夢のニュージーランド縦断トレイルだ… »STORY

鳥たちが誘う、ニュージーランドの奥深く

森を抜け、美しい湖畔をパスするといきなり眼前に勇壮なパノラマが。1日、2日では着けない山の奥深くに、… »STORY

Day-5 丘の上から漂う、果実の香りに誘われて

水辺ではサギの仲間、ブルーヘロンの美しい姿に見惚れ、時にはブルーペンギンまで出没するというロードを爽… »STORY

山戸浩介・ユカ|山のなかの”美味しい”旅へ

料理研究家の山戸ユカさんはご主人の浩介さんとともに、夫婦でよく山歩きを楽しむ。山歩きの最中、新たな料… »STORY

Day-4 オーガニック王国の深淵に触れる、一筋の道

街のランドマークである大聖堂や、ニュージーランド初のラグビーマッチがおこなわれたフィールド「ボタニカ… »STORY

Routebarn Track 神々しい自然景観が次々と展開

ニュージーランド初挑戦のハイカーにおすすめしたいのがこの縦走路。3日間32kmという、短い行程にこの… »STORY

Day-3 太陽が育んだ、豊かな“味”を巡る旅

次に目指したのは「グレイトテイスト・トレイル」と呼ばれる、ちょっと美味しそうな名前のバイクコース。拠… »STORY

山と道|2人で追求する、どこまでも軽快な山歩きのカタチ

世界最軽量クラスの山道具で知られるガレージメーカー「山と道」。夏目彰さん、由美子さんは夫婦で山歩きに… »STORY

Day-2 シダの森を駆け抜ける、3日間の山岳ライド

クック海峡を通り過ぎる風を感じながら、フェリーで南島北部の街・ピクトンへ。ここからウォータータクシー… »STORY

編集長ルーカスが選んだニュージーランドみやげ

今回取材先のニュージーランドで、ルーカスがみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY Storeに並び… »STORY

Day-1 風の街、ウェリントンでギアと旅気分をチューニング

マウンテンバイクライドを控え、まずは北島南部の首都、ウェリントンへ。ここは南島への玄関口として、毎日… »STORY

ルーカス B.B.ニュージーランドトークイベント

5月17日、東京・青山のBOOK246で開催される「New Zealand NIGHT vol.5」… »STORY

旅のパートナー 伊藤弘さんと行くNZロングハイク&ライド

太古から守られてきた巨木の森と、美しい海岸線が続く北島。南島では、南極からの風が優しくたなびく勇壮な… »STORY

Wide Open Travellers vol. 1 伊藤弘さん

「Wide Open Travellers」は、本誌の特集にあわせてその旅とカバンを紹介する、GRE… »STORY

PAPERSKY #41 ニュージーランド特集号 発売!

4月30日発売された『PAPERSKY』No.41の特集は「ニュージーランド」。豊かな自然に恵まれ、… »STORY

DRINK LOCAL! ローカルフードとして味わうコーヒー

ニュージーランドのコーヒー・キャピタルと呼ばれるウェリントン。メインのキューバ・ストリートには賑やか… »STORY

マップでめぐるオークランド | +10 City Maps No.5 Auckland

PAPERSKYがセレクトしたおすすめのショップやレストランなど、マップを通じて街の魅力を伝える「+… »STORY

lakeside-bike-ride

レイクサイド&アイスクリーム・ライド

湖に沿うように書かれた点線は、キャンプ場から続くお勧めの自転車ルート。「この湖畔からの景色は最高だよ… »STORY

NEW ZEALAND

スマートで美しい山道具をつくる|山と道 インタビュー

バックパックやサコッシュ、スリーピングマットなど、ハイキングに特化した軽量ギアを製作する「山と道」。… »STORY

世界を旅する大道芸人|FUNNY BONES

トランクから次々といろいろな小道具が飛び出し、マジックやジャグリング、パントマイム、ボイスパーカッシ… »STORY

ニュージーランド グリーンデザインの旅

PAPERSKYのウェブチームが、ただいまニュージーランドを訪れています。夏真っ盛りのニュージーラン… »STORY

石川直樹、カヌーの源となる森を探して

古来、南太平洋では星などを利用して自らの位置と進むべき方角を導き出すナビゲーションシステムが確立され… »STORY

EDITOR'S NOTE

本誌各号に掲載されている、編集長の
Editor's Noteをはじめ、ニーハイメディア・
ジャパンの活動やイベントなどを紹介

ニーハイメディア・ジャパン代表
ルーカス バデキ・バルコ

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.