Menu Links
  • Photography: Tetsuya Yamamoto

関所も怖い、天下の険(東海道③ 箱根 → 三島)

, 2013/04/03

小田原を抜けると天下の険、箱根八里の山越えが待っている。箱根宿は東海道五十三次のなかで最も高い場所にあり、その標高は約730m。急な山道に入り口数も減ってきたころ、前を歩くルーカスの方から異香が漂ってくる。その足元を見ると、見事になにかの糞を踏んでいた。「汚ないな、洗えよ」「これ糞じゃないよ」「いやいや、確実に糞だろ」。だがその時、目を落とした江戸時代のガイドブック『道中用心六十一カ条』には「山のなかで狐や狸に化かされないためには、わらじの底に牛の糞を塗っておく」とあった。本当か? 踏んだのは牛の糞ではなさそうだが、よしとして異香とともに峠を進む。

ようやく平坦な道に出ると、そこには400年前から営まれる甘酒茶屋がある。十三代目の山本聡さんは「離乳食も甘酒だった」という筋金入りの甘酒マイスターだ。砂糖を使わず、麹を使ったここの甘酒は、江戸時代から変わらぬほんのりとした甘さで疲れた体を癒してくれる。甘酒は苦手だったルーカスもすっかり気に入って、おかわり。「うちの甘酒は坂道が味つけですから」と謙遜する十三代目に見送られ、三島へ向けてさらなる上りの道をゆく。

行く手には箱根の関所にまつわる悲話の残るお玉ヶ池がある。1702年、江戸の奉公先から逃げ出した少女、お玉が関所を破ろうとして処刑され、その首を洗ったのがお玉ヶ池だという。箱根の関所は、徳川幕府に対して不穏な動きが起こらないよう「入鉄砲(江戸に持ち込まれる武器)と出女(江戸から出る女性)」を厳しく取り締まった要衝だ。出女に対する取り締まりについては後述するが、関所破りは死罪とされた時代において、お玉の死は見せしめとされ、後々まで関所=怖いという印象を植えつけたのだ。
 
This story originally appeared in PAPERSKY’s Edo Tokaido Road Issue (no.36)

Tags:









ジョン・レノンも敬愛した、禅師の教えに触れる|東海道4

一行は沼津市に入り、江戸から数えて13番目の宿、原を目指す。ここには臨済宗中興の祖、白隠禅師ゆかりの… »STORY

ういろうの元祖は、小田原にあり|東海道② 小田原→平塚

横浜市を横断し、平塚を過ぎて大磯に入ると、潮の香りが漂ってくる。西行法師も訪れて歌を詠んだという鴫立… »STORY

芭蕉も泊まった旅籠で、江戸情緒に浸る(御油〜岡崎)

現在の愛知県豊川市にあたる御油の宿場は、姫街道が再び東海道に合流する地点。御油と次の赤坂は、江戸時代… »STORY

由比で江戸のポップアートを学ぶ(蒲原〜興津)

原から吉原を経て、静岡市の蒲原へ。広重の『東海道五十三次』で蒲原は雪景色として描かれるが、この地の気… »STORY

旅のご褒美は、宿場ごとの美味いもの(府中〜藤枝)

江戸から19 番目の宿場、府中は現在の静岡市。ここは徳川家康のお膝元で、『東海道中膝栗毛』の著者、十… »STORY

江戸の老舗をめぐって、多摩川越え(日本橋〜川崎)

PAPERSKY版・東海道中のスタート地点は、日本橋。お江戸日本橋から目指す京の三条大橋までは、全長… »STORY

旅の絵から読む、江戸の文化史

旅という新しい娯楽が日本で生まれたのは、江戸時代のこと。それと連動するように、当時、美術の世界でも旅… »STORY

すべての時間に続く道 | 日本の旅のルーツ、東海道(No.36)

いまから約400年前の江戸時代、多くの旅人が行き交う、世界でもっとも安全で、クリーンな街道があった。… »STORY

keen

東海道を歩くための理想的なシューズ|KEEN

東海道の旅でルーカスが履いているKeenのシューズは、街道を歩くための理想的なパートナー。なぜなら東… »STORY

TOKAIDO

東海道の旅のパートナー、現代の旅人・ルーカス B.B.

「いまって、昔の人の考えかたとか、過去のものを一回ゆっくりと見直してみるべき時代なんじゃないかと思う… »STORY

TOKAIDO

PAPERSKY No.36 東海道を歩く旅 発売

“この歴史的な街道にはいまなお当時のにぎわいを感じられる街並みが残り、タイムトリップでもしているかの… »STORY

name
箱根関所
place
神奈川県
address
神奈川県足柄下郡箱根町箱根1
phone
0460-83-6635
link
www.hakonesekisho.jp

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.