Menu Links
  • Photography: KaO

水と生きる谷、ヴァレー地方の水路と温泉

, 2013/03/12

数々の名峰を有しアルプスの心臓部ともいわれるヴァレー地方。ここは州全体に広がる水路をめぐるハイキングや伝統の温泉地を堪能できる、スイスでもとっておきの“ホッと”スポットだ。そこに暮らす人の、水とともに生きる文化にふれる谷へ。

ツェルマットにマッターホルンがあるように、ヴァレーにはビスがなくてはならない。ビスとは、ヴァレー州全体、約750kmにわたって広がる灌漑用の水路の名称で、谷を流れるローヌ河の左岸と右岸に山々が抱く氷河の水を等配分し、牧草地へ水を引くために始まった。その歴史は13世紀にさかのぼる。

木箱が連なったようなもの、散策路の横をながれる小川のようなものなど、さまざまな形状の水路を水が走る。その数は年々増えつづけて250カ所にもおよび、そのうち約220カ所が、いまも麦畑やブドウ畑、農業などに使用されている。

貴重な資料をはじめ、その歴史はビスの博物館で知ることができる。釘を一本も用いない木製の水路は、ヴァレー州にしかない特別な景観だ。ビスにはそれぞれ名前があり、その所有者と管理者も存在する。面積に応じ、水が平等に配分されるように管理も徹底。水路づくりの技術やその実用性はもちろん、こうした組織化された維持管理は、ビスをつくることと同じくらい重要な仕事なのだ。当時、ヴァレーの青年は18歳になったらビスの修理を学ぶことが必須だった。険しい山の絶壁に取りつけられるビスでは、修理作業中に転落する事故も多かったが、亡くなった人はいなかったという話にちょっぴりホッとする。一方で、保護管理をおこなわなければ20〜30年後に消滅してしまうビスも多い。壮絶な歴史を経てなお、現在も昔と同様にビスのゴミを拾い、修理などを専門にする管理者がいる。世界遺産への登録を果たすために組織されたヴァレーのビス協会を中心に、根気を要する維持管理は続く。

博物館からバスで、少し山の高いほうへ向かい、約11km延びるBisse d’Ayentを散策してみる。1442年につくられたこのビスは、カラマツやモミの木立のトンネル、スイスらしい木造家屋のシャレー、また息をのむような絶景を臨む崖など、多彩な景観を楽しむことができる。岩肌に復元、備えつけられた木製ビスに当時の人の苦労を感じ、また歩きやすく整備された散策路や手入れの行き届いた水路に、その伝統文化を守り伝えようとする地元の人の尽力を垣間みる。多様な植物を楽しむこともできる水路は、散策の道しるべにもなり、初心者も気軽に足を運ぶことができる。他の散策者と挨拶を交わしてすれ違いながら、鼻歌を口ずさみながらテンポよく進む。心に、流れる水音が心地よく響く。

水とともに生きるヴァレーの人々の暮らしは、ローマ時代よりゲンミ峠を行き交う旅人に長く親しまれてきた伝統の温泉地でも体感することができる。2,000〜3,000m級の岩山に囲まれた、谷あいの町ロイカーバート。毎日390万ℓも湧出する51°Cの源泉は、硫黄分もたっぷりのお湯。アルプス最大規模のスパリゾートには、ゲーテやピカソ、マーク・トゥエインやジュール・ヴェルヌなど多くの著名人が湯治場として訪れていたのだという。

老舗公共スパ、ブルガーバートや、高級ホテルのスパ、リンドナー・アルペンテルムなど、とくに屋外の(プールともいえる)大バスタブが人気。日本の情緒ある温泉とは違ったわくわくと気持ちよさ。それになんといっても、迫りくる山々の眺望が病みつきになりそうだ。町に暮らす約1,500人の住民が日常的に通うスパは、水中運動に勤しむ老人、温水プールの滑り台にはしゃぐ子どもたち。時に、シャンパン片手に朝食を楽しんだり、お風呂に入りながら映画を観る夜の催しなどもある。

使う、飲む、聞く、触れる、浸かる……水のある当然の日常は、まさに自然と人とが織りなす、文化的で大切な営みであることに気づく。

Burgerbad/ブルガーバート
標高約1,400mの町ロイカーバートへは、ダイナミックな山道を列車とバスを乗り継いでゆく。ローマ時代より滾々と湧きでる源泉、水温36度の硫黄泉、アルプスの大パノラマも楽しめる憩いの場。

大人:CHF28 青年(17~20歳):CHF22.50
子ども(9~16歳):CHF15.50 ※8歳以下は無料

Rathausstrasse 32, CH-3954 Leukerbad
www.burgerbad.ch

Special Thanks: Switzerland Tourism, Swiss International Airlines, Swiss Travel System

Tags:









Hotel Allegro Bern|眺めのいいスイスのホテル 5

ベルンはスイス連邦の首都であるとともに、旧市街の美しい街並みが1983年にユネスコ世界遺産にも登録さ… »STORY

Hotel Schatzalp|眺めのいいスイスのホテル 3

美しいアールヌーヴォー様式の建造物で、1900年にこのホテルが建てられて以来、今もそのクラシックな雰… »STORY

Graphic Landscape 新しい時代を先導したスイスの観光ポスター

人々を誘致するだけでなく、グラフィックデザインの進歩にも大きく貢献したスイスの観光ポスター。100年… »STORY

アルプスの画家が見つめた自然と人間の営み

オーバーエンガディン地方の、ムオタス・ムライユの山岳ホテルから、向かいにある標高2,700mほどのシ… »STORY

Hotel Meisser|眺めのいいスイスのホテル 1

眺めのいい部屋に滞在し、創作活動を続けていたであろう画家たちに思いを馳せながら、窓辺から見る景色が美… »STORY

絵本から垣間見る、グアルダの素朴な暮らし

アルプスの雄大な自然と人々の素朴な暮らしを絵本のなかで表現したのが、イラストレーターのアロイス・カリ… »STORY

数奇な人生を生きたエマ・クンツのアート

方眼紙に規則正しく、精巧に描かれた図形の数々。神秘的な魅力をもつ絵画の作者はスイス人アーティスト、エ… »STORY

永井博|プールを描き続けて~尽きない情熱の理由

絵を見ると、なんだか今すぐその場に身を置いてみたくなってしまう。そんな不思議な魅力を秘めた永井博のイ… »STORY

Ingo Giezendanner 作品集を片手に、チューリヒの街歩き

独自の視点でさまざまな街の風景を切り取るスイス人アーティスト、インゴ・ギーゼンダナー。彼が描いたチュ… »STORY

鮮やかな色彩で、ダヴォスの強い光を表現

スイスの光に魅せられた外国人画家は多い。ドイツ表現主義を代表するエルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー… »STORY

木版画で制作した異色の『ユングフラウ』 Félix Vallotton

画家フェリックス・ヴァロットンが制作した木版画に『ユングフラウ』がある。ユングフラウはベルン州南部に… »STORY

Hotel Schynige Platte|眺めのいいスイスのホテル 2

1894年、インターラーケンからの登山鉄道が開通した翌年に創業した山岳ホテル、Hotel Schyn… »STORY

クレーの心に刻まれた、三角形の山ニーセン

ベルン州南部の高地帯ユングフラウ地方に「ニーセン」というちょっと不思議な山がある。なぜ不思議なのかと… »STORY

Tevaを相棒に、都会のなかで自然と遊ぶ

スイスの魅力は雄大な自然だけではない。むしろチューリヒのような都市部において、自然にアクセスしやすい… »STORY

雲と光が複雑に変化するレマン湖の光景|フェルディナント・ホドラー

スイス人にとって「国民的作家といえば?」と問えば、多くの人がフェルディナント・ホドラーを挙げるだろう… »STORY

画家たちの魂を揺さぶった、スイスの風景を訪ねて

それは6枚の風景画から始まった。フィルディナント・ホドラー、パウル・クレー、フェリックス・ヴァロット… »STORY

スイス生まれのウェアブランド [sn] super.natural

自然と山々に囲まれた国、スイス。アウトドアライフがごく身近にあるこの国では、機能的で着心地のよいイン… »STORY

編集長ルーカスが選んだスイスみやげ|PAPERSKY STORE

編集長ルーカスがスイスでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY STOREに並んでいます。古くから… »STORY

平山昌尚/アーティスト|PAPERSKY INTERVIEW

今年の6月から1ヶ月にわたり、チューリヒの出版社「Nieves」で新作の展覧会を開いたアーティストの… »STORY

アーティスト・佐々木愛さんとスイスの風景のなかへ

「画家が描いた風景を訪ねることは初めての経験でした。スイスの壮大な景色を目の前にすると、画家たちは何… »STORY

スイスの風景のなかへ、エスケープ|Editor’s Note #54

PAPERSKYはまちがいなく、スイスが好きだ。手つかずの湖、雄大な山、健全な森、愛らしいワイルドフ… »STORY

PAPERSKY #54 SWISS | LANDSCAPE ART スイス特集号 発売!

7月30日発売の「PAPERSKY」54号は、スイス特集。アルプスの麓、スイスには、画家たちを魅了し… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|スイス編

次号PAPERSKYの特集の地は、スイス。7/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundt… »STORY

Grand Hôtel Suisse Majestic|眺めのいいスイスのホテル 4

Grand Hotel Suisse Majesticは、アーティストのフェルディナント・ホドラーが… »STORY

峡谷の迂回を回避させるタミナ橋|スイス、民意を反映する土木(3)

スイス北東部に位置するザンクト・ガレン州。人口1500人強のフェイファースと、人口400人ほどのヴァ… »STORY

山頂へと誘う|スイス、民意を反映する土木(2)

山岳国であり観光大国でもあるスイスは、山の景色を楽しみたい観光客をどのように惹きつけるかという課題と… »STORY

name
Burgerbad
place
Switzerland
address
Rathausstrasse 32, CH-3954 Leukerbad
link
www.burgerbad.ch

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.