Menu Links
  • WAJIMAPHOTOGRAPHY: CAMERON ALLAN MCKEAN

輪島塗 2|器の芯を挽く 池下満雄

, 2013/01/23

74歳の池下満雄の工房には、おおまかな形に切られた木の椀が10列ほど高く積みあがっている。壁の窓から差しこむ光がたまった木屑を照らす。その中心に池下が座り、木地と呼ばれる木の椀を挽いている。1日10時間、来る日も来る日もここに座り、次の工程の職人たちが何度も重ね塗りするための椀をつくっているのだ。

「椀木地は器の芯みたいなものです」。工房に座り、木の椀を挽きながら池下は言う。この「芯」に今度は、別の職人たち―塗師と呼ばれる輪島塗りの職人たち―が幾重にも漆を塗り重ねて漆器ができあがる。木地師と塗師は最終的な作品のイメージを共有し、手に持ったときの感触を話しあう。「いまの若い職人たちは正確な寸法を言いますが、昔は持ったときの感触についてよく話していました。その話の内容に沿って作業したものです。たとえば女好きの職人なんかは、お椀を女の人の乳房になぞらえて、大きさとか、女性の年齢とか、全体的な形のイメージなどを伝えたものですよ」。池下にとって、こうした話しあいは仕事のもっとも大切な部分であり、塗師がどのような椀に漆を塗りたいと考えているかを本当に理解するために欠かせない工程だという。 

彼が木地づくりの仕事を始めたのは15歳。木地職人の伯父の家に養子に来たときからだ。「ひとりで木を扱えるようになるまでには、それから何年もかかりました」と池下は語る。おおまかな形に切られた椀をろくろでまわし、イメージした木地に仕上げていく。池下がこの技を体得し、ぴったり同じ形の器をいくつもつくりだせるようになるまでに、何年もかかったという。「でも最近では、新しいデザインに合わせて納得できる木地に仕上げるのは難しいと感じるようになってきました」。

そして池下は自分の技能を伝承できる若手職人がわずかしかいないこと、外から輪島塗りの世界に入ってくる人間がいないことを嘆く。最盛期には、池下に仕事を頼む職人が60人もいたという。ところがいまでは、椀木地づくりを依頼してくる職人は片手に余るほどしかいない。注文が減ったのは社会が変わったから。他産地で製造されたプラスチック製の椀が漆器の需要を満たすようになったからである。輪島漆器と、輪島漆器に似せたプラスチック製の食器の違いは、見ただけではわかりにくい。だが、両者の間には決定的な違いがある。プラスチック製の椀には芯がない。椀の芯は完璧な丸みを帯び、いっさいの歪みなく左右対称な漆器をつくるために必要な多くの職人たちの長年にわたる協力の証。千年以上にわたって伝承され、洗練されていった骨なのだ。

赤木明登(あかぎ あきと)
塗師。1962年岡山県生まれ。
編集者を経て、1988年に輪島へ移住

This story originally appeared in Papersky’s SWISS | water issue (no. 40).

Tags: ,









Travel Towel 能登半島 手ぬぐい|PAPERSKY STORE

PAPERSKYが提案する、日本の魅力再発見の旅プロジェクト Tour de Nippon。イベント… »STORY

日本の最涯で最先端の美術を。開催まであと3ヶ月、奥能登国際芸術祭

9月3日(日)から能登半島の先端の町、石川県珠洲市で開催される「奥能登国際芸術祭2017」。この度、… »STORY

今秋開催される奥能登国際芸術祭、参加アーティスト第3弾発表

2017年秋、能登半島・石川県珠洲市を舞台にした芸術祭「奥能登国際芸術祭」が開催されます。この度、第… »STORY

大野製炭工場のお茶炭|Urban Research Doors 日本のつくり手 第8回

Urban Research Doorsが、PAPERSKYと共に日本各地を巡り、その土地に根ざした… »STORY

Tour de Nippon in 奥能登 Movie

2016年9月に開催したTour de Nippon in 奥能登のレポート動画ができました。知らな… »STORY

知らない町のお宅に、招かれて過ごす。奥能登、満喫旅

海に突き出た、半島をめぐる旅。島国ニッポンらしい、豊かな旅だなぁとつくづく感じるものです。ツール・ド… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 奥能登

能登半島は、左手の親指をちょこんと倒したときの形と似ている。ちょうど第一関節から先にある穴水町、輪島… »STORY

Tour de Nippon in Oku-Noto 参加募集スタート

周囲を日本海にぐるりと抱かれる、石川県能登半島の〝奥〟をめぐるツール・ド・ニッポン。能登半島の先端に… »STORY

金沢に「芸術を愛する人々が住む国=西京国」が出現

東京でも北京でもソウルでもない東アジアのどこかの国「西京」。日本の小沢剛、韓国のギムホンソック、中国… »STORY

奥能登国際芸術祭、参加アーティスト第一弾が発表

2017年秋、能登半島の先端に位置する石川県珠洲市を舞台にした芸術祭「奥能登国際芸術祭」が開催されま… »STORY

輪島塗・赤木明登展「ぬりもの」

編集者を経て輪島へ移住し、塗師として制作活動を行っている赤木明登さんの個展「ぬりもの」が開催されます… »STORY

WAJIMA

輪島塗 3|千年続く生活様式 赤木明登

あらゆる伝統がかたちを変えている。だが、日本のすべての伝統工芸のなかで、漆器ほど著しい変化を見せてい… »STORY

WAJIMA

輪島塗 1|木から塗料を採取する 若岡一夫

日本海に面した能登半島の先に、輪島の町がある。ここでは漆の木の樹液に、「地の粉」と呼ばれる珪藻土の粉… »STORY

ISHIKAWA

SAZANAMI FISHING COOPERATIVE 佐々波漁港

石川県七尾市・佐々波漁港。能登半島に海辺に位置する小さな漁村。冬の魚として知られるブリの季節を迎えた… »STORY

金沢蓄音器館 Kanazawa Phonograph Museum

雪の積もる金沢に、金沢蓄音器館を訪ねた。初代の館長は、戦前から蓄音器店を開いてきた八日市屋浩志氏であ… »STORY

name
池下満雄
place
石川県輪島市

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.