Menu Links
  • SMARTWOOLPhotography: SMARTWOOL × PAPERSKY

WHOSE SOCKS? vol.6 写真家・渡辺洋一さん

, 2012/08/08

本誌との連動企画「smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?」。通気性と保温性にすぐれたスマートウール社のソックスを、毎号、アウトドアやスポーツ等、さまざまな分野でご活躍の方々に履いていただき、本誌ではゲストの足下の写真だけを掲載、それが誰の足かを想像し、ウェブサイトでゲストを紹介するといった企画です。
第6回目のゲストは、北海道ニセコを拠点に写真家として、スキーガイドとしても活動する渡辺洋一さん。2009年12月に出版された写真集『雪山を滑る人』は、渡辺さんが愛して止まない世界各地の雪山の風景と、その雄大な風景のなかを滑る人々を見事に表現した作品集。まさに自然とともに生きる渡辺さんに、バックカントリーの魅力、そしてニセコでの暮らしについてお話をうかがいました。

「僕は小学生時代を埼玉県の所沢で過ごしたのですが、家の周辺には武蔵野の雑木林が広がっていて、森が僕たち小学生の遊び場でした。トトロの森のモデルにもなった地域で、自然豊かな土地なんですよね。そこで毎日、山遊びをしたり、基地をつくったりして遊んでいました。今思えば、ニセコでの暮らしの原点が、そこにあるように思います。初めてスキーをしたのは小学3年生の時で、友人の誘いでスキー教室に参加したのがきっかけでした。新潟県六日町に行ったのですが、初めて見る雪国の風景に感動しましたね。スキーは全然うまくなかったけど、とにかくあたり一面が真っ白だったことを鮮明に覚えています」

そこから毎年2~3回は、スキーに通い、スキー漬けの人生が始まったという渡辺さんは、中学、高校、大学と競技スキーの選手として活躍。その後、より自然との距離が近い、バックカントリーの世界へと入っていきます。

「岩手の大学に進学して、花巻で暮らすことになったんです。スキー目的で選んだわけですが、花巻と言えば、宮沢賢治や高村光太郎ゆかりの地で、自然を楽しみつつ文学的な歴史を感じる土地で学生時代を過ごしました。当時、競技スキーの練習を山でしていると、横から山岳会の連中が練習している風景が見えるんですよね。アイゼンはいて、ピッケル持って僕らが目指さない山頂部に入って行きます。彼等に大いに刺激を受け、練習を終えスキーを担いで山を目指しました。

こうしてバックカントリーに魅了された渡辺さんは、競技スキーからバックカントリースキーに目覚め、一度は東京で就職したものの、世界中のスキーヤーが憧れの地、北海道のニセコに移住することになります。

「ニセコの家の周辺には、半日や1日で行ける山があって、山菜採りをしたり、サイクリングをしたり、夏場は日常生活の延長で山に入っています。冬はもっぱらスキーですね。これまで世界中の雪山を滑り撮影してきましたが、ニセコに戻ってくると森の豊かさを感じます。他の国の斜面は、たいてい岩肌か針葉樹の森なのに対し、ニセコの山々は雪が12メートルも積もるというのに、落葉広葉樹の森なんですよね。春には春紅葉があって、夏には緑が深くなり、秋にまた紅葉し、冬は落葉して森の景色を変える。こうした風景は日本ならではの風景で、世界では珍しい。だから僕は5年ほど前から、このニセコならではの風景、落葉広葉樹、冬の森を撮影しています」

最後に、長年スマートウールを愛用しているという渡辺さんにスマートウールの魅力についてたずねてみた。
「ソックス、タイツ、アンダーウエア…。肌に直にふれるものは基本的にウール素材のものを選んでいます。スマートウールは日常でもアウトドアでも大活躍。特に冬は一日中、雪のなかにいることも多いので、全身スマートウールを身につけて、寒さから身を守っています」

※ニセコ、冬の森を撮影した作品は、11月にビームスギャラリーで展示の予定。
詳細は… 

ニセコウパシ www.upas.jp

» WHOSE SOCKS? VOL.1 メッセンジャー JURIさん
» WHOSE SOCKS? VOL.2 写真家 野川かさねさん
» WHOSE SOCKS? vol.3 プロフリークライマー 小山田大さん
» WHOSE SOCKS? vol.4 料理研究家 山戸ユカさん
» WHOSE SOCKS? vol.5 グラフィックデザイナー 伊藤弘さん
» WHOSE SOCKS? バックナンバー

 
<商品紹介>
PhDランニング
ウルトラライト マイクロ
SW71018 ¥1,260(本体¥1,200)
ランニングシリーズ中最も軽快なモデル。かかとを保護するタブを備えています
サイズ:M、L
クッション:ウルトラライトノンクッション
カラー:シルバー(SV)、グラファイト(GP)ライム(LI)、ブラック(BK)
素材:メリノウール 66%、ナイロン 31%、ポリウレタン 3%

PhDアウトドア
ライト ミニ
SW71104 ¥1,575(本体¥1,500)
トレイルランニングから暖かい時期のハイキングまでオールラウンドに使えます
サイズ:M、L
クッション:ライトハーフクッション
カラー:アッシュ(AS)、オートミール(OA)、チェスナット(CN)、チャコール(CH)
素材:メリノウール 69%、ナイロン 29%、ポリウレタン 2%

トーソックミニ
SW71152 ¥1,785(本体¥1,700)
くるぶし丈の五本指ソックス。土踏まずとくるぶしをサポートするバンドを装備
サイズ:S、M、L
クッション:ウルトラライトノンクッション
カラー:グラファイト(GP)、オートミール(OA)、カデット(CD)、ブラック(BK)
素材:メリノウール 73%、ナイロン 24%、ポリウレタン 3%

ダイヤモンドジム
SW71302 ¥1,890(本体¥1,800)
普段使いからライトハイキングまでマルチに使える、アーガイル柄のソックス
サイズ:M、L
クッション:ノーマルクッション
カラー:チノ(CI)、ライトグレー(GY)、カデットブルー(CD)、チェスナット(CN)、チャコール(CH)、ブラック(BK)
素材:メリノウール 69%、ナイロン 29%、ポリウレタン 2%


smartwool

Tags: , , , , ,









Day4 根室〜斜里|自然が凝縮。狭いが奥深い、知床半島を走る

4日目は、世界自然遺産の知床半島を目指す。根室から別海、野付半島、羅臼町まで一気に海沿いを走り抜け、… »STORY

Day3 大樹~根室|東の果て、根室に魅了された夫妻のもとへ

大樹町の「MEMU EARTH HOTEL」からスタートした3日目。東へと車を走らせ、根室半島を目指… »STORY

Day2 白老~鹿追~大樹|鹿追町「page」の工房で、手仕事に触れる

2日目は、白老町から大樹町へ。その途中にある、鹿追町で「page」として活動する木工作家・高野夕輝さ… »STORY

Day1 函館~八雲~白老|山麓の渓流で魚と戯れる

到着した日の函館は曇天だった。ときどき小雨が混じる、肌寒い日。それでも旅の始まりはいつだって気分が高… »STORY

木彫り熊に会いに、北海道八雲町へ

誰もが知る存在でありながら、じつは隠れた歴史をもっている北海道の木彫り熊。そのルーツである八雲町を、… »STORY

Memu Earth Hotel 前衛建築と自然が織りなす、唯一無二の空間

十勝の雄大な自然のなかにたたずむ「MEMU EARTH HOTEL」。2018年、著名な建築家が手が… »STORY

The North Face / Helly Hansen in Shiretoko

持続可能なツーリズムという観点から、知床自然センター内にオープンした「THE NORTH FACE … »STORY

PAPERSKY STORE @ Enter Zone Outdoor

9月7日(土)、8日(日)の2日間、北海道・札幌にあるPeakPerformance Sapporo… »STORY

PAPERSKY Hokkaido Road Trip with Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツのあるライフスタイル情報を発信するウェブサイト「Mercedes-Benz LIV… »STORY

PAPERSKY 北海道特集発刊記念トークイベント @ 江別 蔦屋書店

9/6(金)、江別 蔦屋書店 "暮らしの棟 コミュニティパーク"にて、PAPERSKY 60号「北海… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.17 Hokkaido

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

人と大地の豊かさに触れるドライブの旅

北海道はロードトリップの旅が似合う。約83,457km2の面積、東京都の38倍もある広大な土地は、都… »STORY

Final Frontier Shiretoko, Hokkaido 知床半島・石川直樹

世界中のいろいろな場所を旅してきたが、その地を好きになるかどうかは、結局のところ人との縁としかいいよ… »STORY

森と人をつなぐ、飛生アートコミュニティー

1986年、廃校跡地に生まれた飛生アートコミュニティー。春からの森づくり、9月の芸術祭とキャンプイベ… »STORY

編集長ルーカスが選んだ北海道みやげ

編集長ルーカスが北海道みつけた旅のおみやげが、PAPERSKY STOREに並んでいます。写真は、北… »STORY

今、ここにある、北海道|Editor’s Note #60

ピクシーズの「Where is My Mind?」が、ブルメスター社のサウンドシステムから鳴り響いて… »STORY

PAPERSKY #60 HOKKAIDO | Drive Issue 北海道特集 発売

7月30日発売の「PAPERSKY」最新号(#60)は、北海道特集。日本でありながら、どこか異国へ誘… »STORY

PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽 北海道編

次号PAPERSKYの特集は、北海道。7/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundtra… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 十勝 ムービー

2018年9月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 十勝のレポート映像がで… »STORY

「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 十勝」開催レポート

北海道の十勝地方で開催した、今年最後のツール・ド・ニッポン。広大な畑、牧場、そしてどこまでも続く真っ… »STORY

マップでめぐる十勝|+10 City Maps No.24 Tokachi

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第24弾は、北… »STORY

Hokkaido Travel Towel 北海道 手ぬぐい|PAPERSKY STORE

「PAPERSKY Tour de Nippon」の開催に合わせて制作している、PAPERSKY ×… »STORY

ニッポンの魅力再発見の旅 十勝

日高山脈と太平洋に挟まれた、北海道のまんなかの蒼茫たる大地、十勝地方。大豆、小豆、じゃがいもなどの大… »STORY

工房 十勝の木のうつわの食器|日本のつくり手 第14回

十勝平野の中心、帯広から車で30分ほど。北海道の雄大な自然の中にひっそりと佇む廃校に到着すると、職人… »STORY

「PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 十勝」参加募集スタート

今秋、十勝で開催するツール・ド・ニッポンは、実りの秋、食欲の秋にふさわしい旅に。野菜を育てる人、パン… »STORY

石川直樹 写真展「New Map for North 知床×運命」

石川直樹 写真展「New Map for North 知床×運命」が、6/20(水)より、スパイラル… »STORY

place
ニセコ

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.