Menu Links
  • Photo: Taku Miyamoto

自然の中に身を置く、ゴルフ本来の心地よさ

, 2012/07/12

「この国では、ゴルフは一日仕事じゃないんです。陽も長いんで、当日、電話をくれれば午後3時くらいからでもプレーできますよ」。ロンドンの中心部からほど近い「レイマーウッド・カントリークラブ」のマネージャー高畠末明さんは、英国ではゴルフは手軽でずっと身近なものだと話してくれた。時間の空いた昼下がり、散歩代わりにゴルフ場へと足を運ぶ。クラブを片手に、柔らかい芝生の感触を楽しみながら、家族や友達と美しい公園をのんびりと歩くように。その感覚は、日本でプレーするそれとは異なる魅力に満ちている。

ゴルフ場のルーツ、まさに発祥の地とされるのが、スコットランドにある「セント・アンドリュース・オールドコース」。600年以上も前に生まれ、ホーム・オブ・ゴルフと呼ばれる聖地だ。15世紀初頭、この地方に住む羊飼いたちが小石を棒で転がし穴へ入れる遊びを始めたところから、壮大なストーリーは幕を開ける。やがてスコットランド中の人々がこの遊びに熱狂するようになり、仕事をせずゴルフに興じる者まで現れた。そんな状況を見て、1457年には王様がゴルフ禁止令を発したというほどだ。その魅力が英国全土に広まる19世紀半ごろまでの数百年、ゴルフはこの地で親しまれたローカルスポーツだったのだ。

太陽と、風と、芝生と、ときには雨に、体をゆだねる心地よさ。自然と親しむという余裕がなければ英国でゴルフは楽しめない。大波のようにうねるフェアウェイ。数分ごとにめまぐるしく変わる天候。英国でのゴルフは、フットボールやテニスよりも、ラグビーに似ている、と言ったゴルファーがいたが、そんなことばも理解できる。丸いボールをきっちり打ったはずなのに、風とラフな緑がいたずらをして予想外の結果をもたらす。そういう運と不運を楽しむかのように、この国には世界中からゴルファーが集まってくる。

» セント・アンドリュース 
» レイマーウッド・カントリークラブ 
» リッチモンドパーク・ゴルフコース 

See also: Papersky No.19 London on the Grass

Tags:









ロンドン、そしてパリを目指して|BRUNO自転車旅レポート vol.8

BRUNOが応援する「旅」~世界の自転車旅サポート~ 20歳の大学生、溝口哲也さん 旅レポート第8弾… »STORY

Ala CHAMP Magazine The Revolution Issue

メルボルンとロンドン、東京を拠点に活動する双子の姉妹MoniqueとJoanna Kaweckiによ… »STORY

旅の女 オノ・ヨーコ |PAPERSKY インタビュー

オノ・ヨーコについて我々が抱くイメージは2つ。ひとつは、気まぐれで自由奔放な一面、もうひとつはミステ… »STORY

パットのサイクリング・ドローイング|PAPERSKY Book Club

自転車のなにがいいって当たり前だけど自分の足で行けるところにしか行けないことだ。ペダルをこいだぶんだ… »STORY

新しいペンギンヘッドの旅立ち|ペンギン・カフェ来日公演

故サイモン・ジェフスらによってロンドンで結成され、1970〜80年代、高い演奏力とウィットに富んだ楽… »STORY

フットボールと街の絆を確かめに

現在、約200カ国で2億4,000万もの人がプレーするといわれるフットボール。その起源は、中世イング… »STORY

LONDON

天然芝とロンドンと、テニス発祥の物語|ウィンブルドン

ハイドパークにケンジントンガーデン、リージェンツパークにホランドパーク。バッキンガム宮殿あたりの中心… »STORY

芝の都、ロンドン | London on the Grass

ハイドパークに代表される広大な公園を持つロンドンは、その都市面積の30%以上が公園や緑地帯という緑の… »STORY

いつまでも持ちつづける旅心|ポール・スミス

ファッションデザイナ一、ポール・スミス。彼はおおらかで誠実、そしてちょっと風変わりなハードワーカーだ… »STORY

LONDON

草上のロンドン|芝生の上のスポーツが生まれた地(No.19)

ロンドンといえば、僕たちのほとんどはセックス・ピストルズ、2階建てバス、古城、そしてはるか遠い遠い昔… »STORY

イギリスを泳ぎまくる|ロジャー・ディーキン

作家、映画作者、環境保護主義者として知られる、ロジャー・ディーキンの楽しみは、オープンウォータースイ… »STORY

ペンギンブックスにみる装丁デザインの変遷

オレンジと白のラインに、おどけた表情のペンギンのトレードマーク。洋書が好きな人なら一度は見たことのあ… »STORY

place
ロンドン

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.