Menu Links
  • hal-koernerPhotgraphy: Taro Mizutani
  • OREGONPhotography: Taro Mizutani

世界的なトレイルランナー、ハル・コーナーと森のなかへ

, 2012/05/07

ここオレゴン・ポートランドには、ニューヨークのアグレッシヴな空気や、LAやサンフランシスコの華やぎとはあきらかに異なるムードが漂う。この土地から感じられるのは、都会の喧噪や刺激とワイルドライフ、その双方を軽やかに肯定しながらモダンなライフスタイルを追求しようとする精神だ。この地で多くのランナーと出会い、さまざまな走りのスタイルを知るうちに、彼らのそんな気質に気づくことができた。僕らは当初、急激に競技人口を増やすトレイルランニングの最前線でなにが起こっているかを探りに、ここオレゴンを旅先に選んだ。山野を駆ける過酷なレースに挑むランナーたち。彼らがどれほどストイックなライフスタイルを送っているのかに興味もあった。しかし、旅の歩を進めていくうちに見えてきたのは、競技という枠組みを超えたトレイルというアクションの奥深さ。人生をよりエンジョイするためには欠かせない「山のなかを走って、感じる」という時間の使い方だった。

まずはオレゴン州最大の都市・ポートランドをパスし、車で約5時間30分かけ、州南部の街・アシュランドを目指す。世界的なトレイルランナー、ハル・コーナーに会うためだ。ハルはこの人口約20,000人の小さな街でランナーズショップを経営しながら、日々トレーニングに励む。彼は「ウエスタンステイツ100」「エンジェルスクレスト100」といった数々の国際トレイルレースで複数回優勝。これまで出場した90回以上のウルトラマラソン(42.195km以上の距離を走るレースの総称)のうち、じつに7割以上のレースでトップ3に入賞する快挙を成し遂げたランナーだ。僕らはオレゴンとトレイルの密接な関わりを少しでも知るため、ハルとともにアシュランドの街を散策し、会話し、そして走った。
「僕は10歳のころから父と一緒に走ってた。生まれ育ったコロラドには高い山が多くて、夢中で走っているうちにトレイルの虜になったんだ。もちろん小さいころからトラックで走るという経験も積んでいた。でも、固い道を走るのがどうもしっくりこなかった。だからいままでずっと、僕はロードよりトレイルのほうが好きなんだ」。

小さいころから山を駆け、限界に挑戦する楽しさを知った後は、自然とトレイルレースに参加するようになる。レースを始めてすぐにその才能を開花させたハルはアスリート生活のかたわら、シアトルのランナーズショップで働くようになった。ところがほどなく、ここオレゴンへの移住を決意することになる。
「どうしてもシアトルの生活にはなじめなかったんだ。もちろん美しくて豊かな街さ。でも僕が走りたいようなコースへ毎日行くというのがなかなか難しかった。それに街中を走っても車や人ごみを気にしなくちゃならない。ランナーズショップもひしめきあってて経済の競争に巻きこまれるのも嫌だった。だから7年前、オレゴンに移ることに決めたんだ。ポートランドも大好きだけど、ここアシュランドに決めたのは雨が少ないから。ここは1年で約300日も晴れるっていう場所なんだ。人口も少ないから人も車も気にしないで思いきり走れる(笑)。おかげで気分が乗ると週に250kmくらいは走ってるよ。ちょっと山に入れば10〜150kmくらいまでトレイルコースのバリエーションも豊富だ。勾配も多いから10kmもトレイルすればいつの間にか500m以上ものギャップをアップダウンすることになる。気軽に走りたいならリシアパークっていう森林公園も目の前だからトレイル好きには最高だよ」。

そう言いながら山に入るとハルの目は一気に輝いた。大木が寝転び背の高い草が生い茂る道なき急坂を驚くほどのスピードで駆けあがり、跳ねる。まるで山野でダンスを楽しむ野生動物のようだ。切り株に腰かけ、ひと息つくハルが、また静かに話し始める。
「この土を踏む感触が最高なんだ。傾斜に合わせて走るうちに自分のなかで自然とリズムが生まれる感じもいい。舗装道路を走るランを否定するわけじゃないけど、マラソンとトレイルでは走り方もまったく違うし、ランナーとしての人種さえ違うと言っていい。もちろん、トレイルレースのときにはタイムやペースを上げることに集中する。だけどレース中でさえ、周囲の自然を味わい、光や空気を体に取りこむことを楽しむ。森のなかをすごいスピードで走っていても、その季節の木々が発散する緑のにおいを感じている。この喜びはトラックの上では味わえないはずさ。もともとトレイルはアンチマラソンの思想から生まれた。60年代から各地の若者が集まってヒッピー的な思想が根づいたオレゴンでトレイルの人気が高いのもなんとなく納得がいくよ。この土地にはカウンターカルチャーに対する人一倍の情熱のようなものがある。トレイルも一種のカウンターパワーだったわけだし、それだけクールなものなんだと思う」。

とはいえ、トレイルが過酷なスポーツだということをハルも否定しない。ときに「肺をパンクさせ、足を壊す」と形容されるほどの競技であるトレイルと本気で向きあうには相応の覚悟が必要だと彼は言う。山岳でのトレーニング中には何度も足首に深刻なケガを負い、数メートルの崖から落ちてしまったことさえある。「ウエスタンステイツ100」のレース中にはコース上に現れた巨大な熊におののきながら走り、「ベア100」というレースの最中には周囲を取り囲んだピューマを威嚇しながら走るという経験もした。十数時間、深い山を駆けつづけるということは、まさに異世界へのトリップにほかならない。
「トレイルをしていると、こんな急な坂をどう乗りきろうとか、あの水辺をどうパスしていこうといった困難な場面によく出くわす。でもそんなときに顔を歪めて悩んでもいい答えは出てこないんだ。僕は決まって、エンジョイしようと心がける。そうすると不思議なもので、クリエイティヴな発想が頭のなかに芽生えてくるんだ。こういう自分の内面との対話もトレイルの楽しい部分だよ」。

山での対話を終え、僕らは街に降りた。お腹が空いたというハルが、お気に入りのレストランへ連れていってくれるという。店では彼が率先して、新鮮なオーガニック野菜とジューシーなビーフ、地ビールを注文してくれた。アスリートにしてはちょっと意外なチョイスだ。
「オレゴンの人間は住環境だけじゃなく食にもうるさい。この州には全米中でもナンバーワンといえるほどのおいしい料理、ビールが豊富にそろってる。食事を心底エンジョイするっていうこの土地のムードも気に入ってるんだ。それにオレゴンのレストランやバーには地産地消って考えが根強い。おいしいものを積極的に食べることが地元の農場や牧場、ブルワリーを潤すってみんなわかってるんだよ」。

壮大な自然のなかでのアクティビティを楽しむだけでなく、都市でのスタイリッシュなライフスタイルをも追求するオレゴンの住人。おいしいからといって世界中の食物を街に集めるのではなく、地産地消を目指し、あらゆる意味でサステナブルなフードカルチャーを育もうとする市民の気質。住人のモダンなバランス感覚にハルも強い共感を覚えているという。

別れ際、彼に、人里離れた山奥で暮らしたいという欲求はないのかと訊いてみた。答えはノー、だった。
「僕の場合、トレイルするってことはたしかに、森や山のなかで“revive(=蘇生)”するっていう意味が大きい。でもずっと山のなかにいつづけても僕の生きるっていうモチベーションは高まらない。街へ戻って周囲のすぐれたランナーに出会ったり、さまざまな人々の生き方に触れたりすることで、僕のなかの創造性が刺激されるんだ。人間は植物のスタイルを真似て生きることなんてできない。やっぱりインスパイアされるのは人間のおこないなんだ。だから人の集まる場所と自然との距離というものが重要になってくる。そういう意味で、オレゴンという土地の人々が好む“絶妙の距離感”を、僕もとても気に入っているんだ」。
ハル・コーナー|Hal Koerner|トレイル・ランナー
1976年1月23日アメリカ生まれ。10歳のころからトレイルランを開始して以降、「ウエスタンステイツ100」「エンジェルクレスト100」「USATF50」など数々のレースで優勝。現在は競技を続けながら数々のレースもプロデュース。オレゴン・アシュランドでランナーズショップを経営する。THE NORTH FACE契約ランナー。www.roguevalleyrunners.com

Oregon is a Western US town very different than its neighbors to the South (LA & San Francisco) and North (Seattle). In Oregon people have realized what is for many an idealistic lifestyle- a place where individuals are inspired and energized by both nature and the city. This unique mentality has turned Oregon into a mecca for Trial Running; a hybrid sport that blends running with nature. To give us an inside look into Trail Running and Oregon we hit the trails with Ultra Runner Hal Koerner. Hal has been named one of the top 10 ultra-runners in the US for the past seven years.

Papersky No.38
Oregon Into the Forest Green Trailもっと深く、緑のなかへ
オレゴンのランナーたちと紡ぐトレイルラン・ストーリー

2012年4月30日発売
オンラインで雑誌を購入: fujisan, Amazon
デジタル版を購入: fujisan

Tags:









編集長ルーカスが選んだオレゴンみやげ

編集長ルーカスがオレゴンでみつけた旅のおみやげが、オレゴン特集号本誌にて紹介されています。オレゴン州… »STORY

UNITED ARROWS green label relaxing GREEN TRAVEL vol.18 Portland

UNITED ARROWS green label relaxing × PAPERSKY「GREE… »STORY

オレゴンの景勝地と7つの自転車

日本の本州と四国を合わせた面積とほぼ同じ広さを誇るオレゴン州。オレゴン州というと荒々しい海岸線や手つ… »STORY

Delta Air Lines | Direct Flight to Portland

デルタ航空は、2020年春より米国―東京間の全運航便を成田空港から羽田空港に移行されます。これに伴い… »STORY

高山都さんと自転車で巡るオレゴンの旅

アウトドアアクティビティの本場、オレゴン州の魅力を体感するなら断然、自転車がいい。自転車の速度だから… »STORY

オレゴンの8番目のワンダー、それは自転車!|Editor’s Note #61

オーガニックフードを食べると、最高の気分になる。オーガニックな交通手段である自転車に乗ると、やはり最… »STORY

PAPERSKY #61 OREGON Cycling issue オレゴン特集

11月30日(土)発売のPAPERSKY最新号(#61)は「オレゴン/サイクリング」特集! 美しい自… »STORY

PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽 オレゴン編

次号PAPERSKYの特集は、オレゴン。11/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundt… »STORY

BRUNOが応援する世界自転車旅第2弾、北米西海岸縦断の旅スタート!

スイス生まれの自転車ブランド「BRUNO」が、自転車で世界旅にチャレンジしてみたい人を支援するプログ… »STORY

エースホテルが手がけた、オレゴンの森に佇むロッジ

オレゴン州の中央に位置し、美しい山々と針葉樹の森、高地砂漠や火山地帯と、バラエティに富んだ地形を有す… »STORY

ローカル×おいしい×自転車=無限大?!|PAPERSKY bicycle club

彼の名は、クリス・キング。いまや参加チケットの獲得がとても難しいという「グルメセンチュリー」を仕掛け… »STORY

コース取りのデザインセンス Tryon Creek State Park|オレゴン

ポートランドを知るための大切なキーワードが「サステナビリティ(=持続可能性)」。自然も都市も、人も文… »STORY

多彩なランニングコースを選べるMount Tabor Park|オレゴン

総面積は0.8km²、コース一周でおよそ20~30分とさほど広くはない。でも、しっかり100mほどの… »STORY

アフター5は森林散策へ Forest Park|オレゴン

ポートランダーに最も人気が高いランコースは、間違いなくフォレストパークだ。ここは、原生植物を保護する… »STORY

数多くの名ランナーを生んだ街、ユージーンへ

オレゴンには著名なランナーの足跡や伝説を感じられる場所がいくつもある。ポートランドを南下し、数多くの… »STORY

モーニングトレイル Lower Macleay Park|オレゴン

朝は7時30分に起床。装備を整えたら、すぐさまトレイルへ。2時間のランニングの後は11:30の出勤時… »STORY

Harding & Wilson x PAPERSKYの蝶ネクタイ

クリスマスパーティにもぴったりな、小さな紙飛行機のアイコンがあしらわれた蝶ネクタイ。オレゴン州ポート… »STORY

マップでめぐるポートランド | +10 City Maps No.3 Portland

PAPERSKYがセレクトしたおすすめのショップやレストランなど、マップを通じて街の魅力を伝える「+… »STORY

OREGON

PENDLETON ナチュラルなウールへのこだわり

1800年代中盤にその第一歩を記した老舗高級衣料メーカー、PENDLETON。ネーミングのとおりこの… »STORY

OREGON

ウォーターフロント・パークを走るコース

「FIT RIGHT」は、トレイルを広義に捉え、「走り」に伴うさまざまな楽しみを追求する人気のランナ… »STORY

OREGON NIKE

NIKE 伝説は、この街で始まった|Hand Made in Oregon

「2001年にこのタイガー・ウッズ・ビルが完成したときには、本人がここからティーショットを打ったの。… »STORY

DANNER “切り株の街”で作られる、山歩きのブーツ

1932年に創業したDANNERは世界的なアウトドアシューズブランド。以来80年近く、ここポートラン… »STORY

KEEN “休暇”を豊かに彩る、ハイテクシューズブランド

2003年に誕生したフットウェアブランド「KEEN」はもともとカリフォルニアに本拠を置いていた。創業… »STORY

ランチタイムはビーチへ|Sauvie Island Run

アウトドアで遊べば遊ぶほど、会社での評価が高まる。ティムとマリグレイスはオフィスで日々、こんな説法を… »STORY

OREGON

オレゴン・トレイルにて|Editor’s Note #38

都市部にある公園で園内に約130kmものトレイルのある街が、ほかにあるだろうか? たとえ雨が降ってい… »STORY

OREGON

Papersky No.38 オレゴン・トレイルランニング特集

“グリーンランニングとはオレゴンの人々にとって、自分自身をつねに快適な状態に保つための方法である。苔… »STORY

name
ポートランド
place
アメリカ、オレゴン州

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.