Menu Links
  • Photography: Hiroshi Eguchi

10$のジャケットが連れていってくれる旅

, 2012/05/01

映画の脚本が書けなくて煮つまってしまったミランダ・ジュライは、Pennysaverという売ります・買いますサイトの地元版で、大きめのジャケットを10$で売っている人─つまり誰だってよかった─にコンタクトをとり、実際に会いにいくことにした。会ったときにあなたの話を聞かせてほしい。あなたの望み、恐れ、あなたの人生を。そんなこともお願いして。

最初に会ったのは、ミランダがいままで何度となく車で通りすぎてきたロサンゼルス、ハリウッド・ブルーバード沿いの古いマンション住むマイケル。ドアを開けて迎えてくれたのは6ヵ月前に性転換したばかりの女性だった。ずっとしまいこんできた、自分のなかにある女性の部分を隠さないことにしたマイケルには、マッチョな黒い革のジャケットはもう不要のものだ。部屋にはたくさんの化粧品やポルノがガレージセールのように並べられていた。その後もミランダはPennysaverの適当な検索条件で該当した13人の見知らぬ人にコンタクトをとり、部屋を訪れ、彼らの物語を聞かせてもらう。まさに、モノが人を選ぶ(It Chooses You)物語だ。

これってすごくうらやましい旅のかたちでもある。旅だからついどこかに行くのだけれど、本当は新しい体験ができたり、誰かに会って話ができたりすれば、それでいい。

ゴールデンウィークに京都で開催されるBICYCLE CLUBによるツール・ド・キョウトでは、BOOK CLUBも併せて開催します。5月1日に、自転車で京都の古本屋や本屋をまわる予定。京都には本屋さんがたくさんあることは知っているけれど、詳しくはよく知らない。そんな街で自転車に乗って知らない道を走り、見知らぬ本を見つけて、新しく出会った人と話して、一日を過ごす。こんな楽しそうなことってそんなにない。ご参加、お待ちしています。

It Chooses You Miranda July McSWEENEY’S $24.00









place
ロサンゼルス

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.