Menu Links
  • Photography: Yohei Natuse

MOUNTAIN CLUB 尾瀬スケッチ&トレッキング

, 2011/10/11

10月8日9日、Mountain Club第4回目イベントを尾瀬にて行った。今回のテーマは「スケッチ&トレッキング」。秋が深まりつつある尾瀬を、スケッチブック片手にゆるりと歩こうというものだ。平坦な木道が続く尾瀬の湿原はぶらぶら歩くのにうってつけで、穏やかで美しい風景もまた絵心をくすぐる。まさにスケッチ山行にぴったりの場所である。尾瀬と言えば尾瀬沼、尾瀬ケ原、燧ヶ岳、至仏山が有名だが、今回はあえて尾瀬沼だけを訪れ、一日のコースタイムも3〜4時間にとどめた。のんびりと、スケッチをする時間を大切にするためである。暑くもなく、寒すぎることもない、秋の穏やかな陽射しが降り注ぐ季節も、のんびりしたスケッチ山行にぴったりである。

JR沼田駅に集合し、登山口となる大清水へ向かう。今回の参加者は10名。第一回目から参加してくれているリピーターの方もいれば初めて参加してくれた方々もいる。リピーターの方々は、見慣れた顔との再会に自然と笑顔になる。

大清水から今晩の宿泊地である長蔵小屋までは、三平峠を越える峠道を通って3時間ほど。この山道はかつて沼田街道として交易に使用されていた。三平峠でスケッチブックを開く。はじめはためらいがあるものの、描き出してしまえば皆無心になってそれぞれ持参したペンや色鉛筆を走らせる。コケ、看板、木の実など、さまざまな「尾瀬」を描きとめ、長蔵小屋へ向かった。

三平峠から下り出すと、木立の間から青空を映した尾瀬沼が見える。秋晴れのさわやかな一日。ナナカマドを筆頭に山の木々は暖色に色づきはじめ、沼の畔は草モミジに染まっている。その明るい木の葉を透かして届く陽射しが登山道を暖かく包み込む。尾瀬沼の奥には東北でもっとも高い燧ヶ岳がどっしりと聳えている。

秋晴れの3連休ということもあり、長蔵小屋は多くの登山者で賑わっていた。尾瀬に住み、尾瀬の自然を開発から守った平野長蔵が建てた小屋は、日本の山小屋の中でも特に有名で人気の高い山小屋のひとつである。部屋に荷物を置いてから、5分ほど歩いた場所にある「ヤナギランの丘」へ向かった。そこは尾瀬沼や長蔵小屋を見下ろす眺めの良い丘で、平野長蔵をはじめ、長蔵小屋を切り盛りし、尾瀬を開発の波から守った平野家3代のお墓が立ち並んでいる。丘に佇み、スケッチブックを開く。丘から眺める尾瀬沼と森の中に佇む山小屋を描く人、お墓に刻まれた詩を写し取る人、枯れかけた植物を描く人。それぞれの視点で画題を選ぶ様子が興味深い。少しずつ肌寒さを覚えるようになり小屋へ戻った。

山小屋の食事は一品一品手を込んで作られたものだった。山小屋とは思えない丁寧な料理に舌鼓を打ち、食後、今回参加してくれた方がコーヒーを淹れてくれることになった。写真家のMさんと一緒に参加してくれたSさんはコーヒーを研究する日々を過ごしており、自分で焙煎したコーヒー豆、ミル、ドリッパー、ポットと、コーヒー道具一式をバックパックに詰めて参加してくれたのである。SさんとMさんの共同作業で、洗面所の自炊スペースで湯を沸かし、部屋でコーヒーを丁寧に淹れてくれる。部屋中が芳しい匂いに包まれる。次に淹れてくれたのは、アールグレイの茶葉と一緒に淹れたコーヒー。ほのかに紅茶の香りがする、はじめての味わいだった。その後、別館にあるカフェへ。ピアノが置かれ、ランプに照らされた部屋では、ビール、ワインやウイスキーもたのしめる。尾瀬のラベルが張られた赤ワインを注文し、閉店まで歓談のひとときをたのしんだ。

翌日も秋晴れだった。8時に長蔵小屋を出発し、尾瀬沼の対岸にある沼尻休憩所を目指す。およそ一時間の行程。木道が続く平坦な道を、尾瀬沼の水面を眺めながら歩く絶好のハイキングコースである。

沼尻休憩所も多くの人々で賑わっていた。尾瀬沼の湖畔に佇む壁のない建物で、尾瀬沼を渡る風に触れながら飲み物や軽食がたのしめる。暖かな陽射しの下のベンチに腰を下ろし、今日もスケッチブックを取り出す。ここでもSさんにコーヒーを淹れてもらう。穏やかな尾瀬沼の畔でコーヒー片手に絵を描く。それはなんとも言えない贅沢で幸福な時間である。およそ2時間、尾瀬の時間をゆっくりと過ごしたあと、尾瀬沼を一周して三平峠へと登り返し、大清水へと下った。心なしか、昨日よりも木の葉が黄色く色づいているような気がした。

山へ行き、スケッチブックに絵や言葉をしたためる。通常の登山で、2時間も休憩をする人はほとんどいないだろう。絵を描くことを通して、その場所に腰を下ろし、滞在する。絵を描くということは対象とじっくりと向かい合い、観察し、その対象とある関係を持つことに他ならない。それは風景だったり、人だったり、植物だったり、山小屋だったり、山道具だったりするのだが、急いで歩いたのでは気にも留めずに通り過ぎるだけの「もの」が、絵を描くことでその人の記憶に刻み込まれ、「特別なもの」になる。そして、没頭して絵を描き、描き終えて顔を上げたときに思うだろう。絵を描く前よりも、心が山に近づいていることを。山で絵を描くということは、作品としての絵を残すという以上に、山(山にあるもの)と自分とをある特別な関係で結び付けることでもあるのだろう。その時間、その空間が、心を少しだけ豊かにしてくれるような気がする。

尾瀬の時間と空間を共有することができた参加者の方々、山旅に素敵なコーヒーをブレンドしてくれたSさんとMさん。Mountain Clubの輪がひと回り広がった二日間だった。次回はスノーシューイベントを開催予定。顔なじみのメンバ―はもちろん、新しい仲間たちとの出会いが今から待ち遠しい。

※ Papersky facebookページにイベントの写真をアップしました。

Tags:









アイヌ音楽、受け継がれる伝統と変容し続ける未来

口承で伝えられるアイヌ文化は、音楽もまた独自の進化を遂げてきた。伝統を受け継ぐ一方で、どのように表現… »STORY

藍染シューレース|PAPERSKY STORE

徳島県上板町の藍染職人チーム「BUAISOU」× PAPERSKYのシューレース。平紐の先には黒色の… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.17 Buffalo Daughter

ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する、Le… »STORY

自転車とキャンプをテーマにした「BIKE & CAMP KANTOU」

自転車とキャンプをテーマにした「旅フェスティバル」をキーワードにしたイベント「BIKE & CAMP… »STORY

Lee RIDERS presents VINYL HUNTING TOURS vol.18 會田茂一

ゲストミュージシャンとともに個性的なレコードショップをめぐり、とっておきの一枚を探して紹介する、Le… »STORY

Day6 網走~北見~音威子府|ビッキ終焉った。の地でゴールを迎える

最終日となる6日目。日本最北に位置する稚内の少し手前にある音威子府村がこの旅のゴールだ。目的は、彫刻… »STORY

Day5 斜里~網走|斜里のコミュニティで、牛を描く作家に出会う

5日目はまるまる斜里町で過ごした。宿泊した「しれとこくらぶ」は、ホスピタリティがすばらしく、いろいろ… »STORY

リップクリーム Bee Wax Lip Cream|PAPERSKY STORE

naiad × PAPERSKY のビーワックスリップクリーム。シソーの木でできたハンドメイドの器に… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 南信州 ムービー

2019年9月に開催したPAPERSKY Tour de Nippon in 南信州のレポート映像が… »STORY

PAPERSKY STORE @ Kyoto Hiker’s Gear Party

10月26日(土)、京都・宝ヶ池公園にて開催される、ハイカーのためのアウトドアマーケット「Kyoto… »STORY

Art-Space TARN×PAPERSKY 俳句とハイク-山の辺の道を歩いて俳句を詠む

11/2(土)、奈良県天理市の「Art-Space TARN」にて開催されるワークショップ「俳句とハ… »STORY

MHL × PAPERSKY 「SANDAL SOCK」

英国ブランド「マーガレット・ハウエル」のカジュアルライン「MHL」とPAPERSKYがコラボした靴下… »STORY

MHL × PAPERSKY 「SANDAL SOCK」10/18発売

10月18日(金)より、 英国ブランド「マーガレット・ハウエル」のカジュアルライン「MHL」とPAP… »STORY

ROUTE CAFE AND THINGS トークショー「旅の楽しみはルートにあり!?」

10/19(土)、PAPERSKY編集長ルーカス B.B. と、ブランディングディレクターの福田春美… »STORY

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 南信州 開催レポート

稲刈りを目前に控えた金色の野、木々に実り色づきはじめる赤や青のりんご、アルプスの山々と秋晴れの空。ツ… »STORY

Day4 根室〜斜里|自然が凝縮。狭いが奥深い、知床半島を走る

4日目は、世界自然遺産の知床半島を目指す。根室から別海、野付半島、羅臼町まで一気に海沿いを走り抜け、… »STORY

紅花染トートバッグ Safflower Dyed|PAPERSKY STORE

山形・米沢にて紅花染めを手がける「新田」とつくった、淡い紅色が華やかで美しいトートバッグ。山形産の最… »STORY

Day3 大樹~根室|東の果て、根室に魅了された夫妻のもとへ

大樹町の「MEMU EARTH HOTEL」からスタートした3日目。東へと車を走らせ、根室半島を目指… »STORY

Day2 白老~鹿追~大樹|鹿追町「page」の工房で、手仕事に触れる

2日目は、白老町から大樹町へ。その途中にある、鹿追町で「page」として活動する木工作家・高野夕輝さ… »STORY

楽しみも納得も手に入る自転車店

自転車で山へ入り、ハンモックに揺られて珈琲を一服。仲間との楽しいひととき……この写真に写る至福の時間… »STORY

Rapha トークイベント @ 代官山 蔦屋書店

10月22日(火)、代官山 蔦屋書店にて開催されるRapha主催のトークイベント『代官山 蔦屋書店サ… »STORY

石川直樹展「島は,山。」

霧島アートの森にて、10/4(金)より、石川直樹展「島は,山。」が開催されます。石川直樹は,文化人類… »STORY

PAPERSKY STORE @ GRINDURO

10月12日(土)、信越・斑尾エリアにて開催されるバイクレースイベント『GRINDURO JAPAN… »STORY

MHL × PAPERSKY 「SANDAL SOCK」

10月18日(金)、 イギリスのファッションブランド「マーガレット・ハウエル」のカジュアルライン「M… »STORY

Camtray × PAPERSKY トラベルトレイ

CAMBRO社のCamtray × PAPERSKYの旅トレー。丈夫で耐久性に優れ、トレー中央に描か… »STORY

Day1 函館~八雲~白老|山麓の渓流で魚と戯れる

到着した日の函館は曇天だった。ときどき小雨が混じる、肌寒い日。それでも旅の始まりはいつだって気分が高… »STORY

place
尾瀬

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.