Menu Links
  • NEW YORKPhotography: Yuri Shibuya

NEW YORK BOOKSHOP WALK

, 2011/09/26

インターネットの普及とともに、インディペンド系ブックストアがどんどん姿を消したのは、すでに過去の話。写真集やアート本のブームで、いままた、NY の本業界がおもしろくなっている。今回訪ねたなかで、唯一、老舗と呼べるのは、1976年に創業したアート本の雄「Printed Matter」。アーティストの自費出版やZINEなど「いま、ここでしか手に入らない」商品を、$15~30といった良心的な価格帯で提供している。アート作品やプリントも取り扱うが、非営利の形態を維持するために、店の趣旨に賛同するアーティストが提供する作品のみ。ショーケースにディスプレイされる作品から、アート界のこの店に対する強固な支持を窺い知ることができる。

Dashwood Books」は、マグナム・フォトで文化ディレクターを務めたデヴィッド・ストレッテル氏が運営する、現在のNY で唯一の写真集専門店。「その時代のスピリットを象徴する写真集」を中心に、海外のレア写真集やサイン入り初版も多い。最近ではライアン・マクギンリーの最新作『Life Adjustment Center』を出版するなど、パブリッシャーとしての活動もはじめた。

河を渡ったブルックリンには、NY フォトフェスティバルの主催者でもある、写真集やアート本の出版社「powerHouse Arena」の本屋がある。今年に入ってからは、ストリート系ブランド「aNYthing」のエーロン・ボンダロフの手による「Ohwow Store」、デザイナーのマーク・ジェイコブスが手がける「Bookmarc」が、ウェストビレッジに立て続けにオープン。アート界、ファッション業界からも、本のシーンを盛り立てようとする気運が感じられる。本のルネッサンスが進行中なのかもしれない。

Tags: , ,









メスティーソ独自の視点で、生と死を綴る|Art in New Mexico(4)

100年前の廃材や錆びたメタル、古い靴箱、スクラップ寸前の車やオートバイのパーツ。現代アーティストの… »STORY

独自の審美眼が光るネイティブアメリカンアート|Art in New Mexico 2

19世紀後半ごろからニューメキシコ州やアリゾナ州に、ネイティブアメリカンとアングロサクソンの交易の場… »STORY

難易度に合わせて選べる複数のトレイルが魅力|Train to Trail (4)

ハリマン州立公園には複数の入口がある。おすすめは、スローツバーグとタキシードの入口だ。ハイキングを始… »STORY

マニトウ自然保護区の森を巡るトレイル|Train to Trail (3)

マニトウ自然保護区は、ハイキング初心者や、ゆっくりハイキングを楽しみたい人におすすめのスポット。ニュ… »STORY

絶景を求めてブレイクネック・リッジを歩く|Train to Trail (2)

ブレイクネック・リッジは、コールド・スプリングス地域で最も人気のあるハイキングスポットのひとつ。人気… »STORY

SUE KWON|NYの写真家たち(5)

10代にパリで見たセバスチャン・サルガドの個展が、写真をはじめるきっかけに。「サハラ砂漠の飢饉の被害… »STORY

ハドソンバレーの最高峰、ビーコン山へ|Train to Trail (1)

週末になるときれいな空気を求めて、ブルックリンからアップステートへ。車の代わりに公共交通機関をフル活… »STORY

DAVID HORVITZ|NYの写真家たち(4)

2冊めの著作『Everything That Can Happen In A Day』が刊行。たとえ… »STORY

PETER SUTHERLAND|NYの写真家たち(3)

父親を亡くして自分を持て余していた時期に、カメラを手に取ったことが写真をはじめるきっかけになった手づ… »STORY

Table on Ten 地元農家が集う、キャッツキルのハブ・ステーション

キャッツキル山地の北側。曲がりくねった道をえんえん走ったところにあるブルームビル。過疎化が進み、人口… »STORY

Swoon Kitchenbar アップステート・フードカルチャーのパイオニア

アップステートの取材中、農家でもレストランでもよく耳にした「Swoon」という名のレストラン。誰もが… »STORY

Lady Jayne’s Alchemy ガーデンから生まれる、奥深い発酵の世界

すべての始まりは、自宅でつくった手製のビネガーだった。知るほどに奥深さを増す「発酵」の世界に魅せられ… »STORY

Murray’s 気鋭のデザインカフェが、19世紀の教会に出現!

チボリはジャーマンタウンの少し南に位置する町。ランドマークはアート関係を志す学生が集うバード・カレッ… »STORY

NYの日常に花をもたらすフラワーファーム|Saipua Flower Farm

2006年、ブルックリンにオープンした生花店「Saipua」。葉物や枝物を取り入れたリラックス感のあ… »STORY

Gaskins 小さな街に灯りをともす「みんなの食堂」

月曜日の午後6時。週始めというのに、「Gaskins」のテーブルはテラス席まで満席だ。訪れているのは… »STORY

「コーポラティブ・ファーム」という考え方|Letterbox Farm Collective

ハドソンのファーマーズマーケットで、ひときわ明るい雰囲気を放つブースを見つけた。店に立つのは全員20… »STORY

Black-Eyed Suzie’s 地元農家を知り尽くしたオーガニックカフェ

ハドソンバレーの農家について知りたいなら、「Black-Eyed Suzie's」に行けばいい。そう… »STORY

PAPERSKY Interview 佐久間裕美子/ライター

アメリカに留学し、そのまま居ついて、早くも人生の半分。そのほとんどをニューヨークで過ごしながら、だん… »STORY

Fish & Game 地元食材から学び、変化する。進化系ファインダイニング

今、ハドソンで最も予約の取りにくいレストランを挙げるとすれば、まちがいなく「Fish & Game」… »STORY

Phoenicia Diner 農場直結! 新しい時代のダイナー

豊かな自然が残るキャッツキル自然保護区に「マンハッタンから車を飛ばしてでも行きたい!」と話題のダイナ… »STORY

老舗ファームも柔軟に進化中!|Samascott Orchard

別名「ビッグ・アップル」と呼ばれるニューヨークシティ。その由来は、ニューヨーク州におけるリンゴ生産量… »STORY

マップでめぐるブルックリン|+10 City Maps No.18 Brooklyn

PAPERSKYがセレクトした街の魅力をマップで伝える「+10 City Maps」。第18弾はニュ… »STORY

兄妹で切り開く 、新しい酪農の可能性|Chaseholm Farm

かつてハドソンバレーは畜産や酪農もさかんな地域だった。が、この30年で全米の畜産・酪農家は一気に大規… »STORY

「複合農家」という新しいファームの形|Made in Ghent

「これが地図だから、自由にまわって」。と渡された手書き地図。歩き始めるとどこからともなくアヒルたちが… »STORY

アートからファームへ。華麗なる転身|Star Route Farm

キャッツキルはかつて農業で栄えたエリア。高齢化などにより一度は廃れた農業を近年、若い農家たちが復活さ… »STORY

アップステートで生まれた東海岸流「EAT GOOD」カルチャーを巡る

元来「アップステート」とはニューヨーク州の北部・中部・西部地域、つまりニューヨーク市とロングアイラン… »STORY

place
New York

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.