Menu Links
  • Photography: Cameron Allan Mackean
  • Photography: Cameron Allan Mackean
  • Photography: Cameron Allan Mackean
  • Photography: Cameron Allan Mackean
  • Photography: Cameron Allan Mackean

石に魅入られる|雨宮嫡太郎|雨畑硯 2

, 2011/09/12

硯は日本の書の歴史に欠かせないものである。また、日本の精神的歴史を体現する瞑想の道具でもある。「純粋で、真実に近いものを書きたいなら、心がきれいでなければなりません。硯でおもしろいのは、自分を見つめ直す道具になるところです。彫刻作品と呼んでもいいと思います」。ござの上にあぐらをかいているのは雨宮嫡太郎。雨端硯本舗の13代目職人である彼は、工房のコンクリートの床に座って、硯づくりにかける思いを聞かせてくれた。雨畑地区からひと山越えたところの村にある家が雨宮家の住宅兼工房である。雨宮一族は500年以上前から、石を削って硯をつくることを生業としてきた。目が大きく微笑みを絶やさない雨宮摘太郎は、この仕事に全身全霊で取り組んでいる。けれども彼は、硯づくりの伝統を変えていきたいという。「硯に対する世間の評価を変えたいですね。硯はたしかに工芸品ですが、芸術作品でもあります」。いまの時代には理解しがたいが、日本の書道には昔、きわめて精神的な意味があった。中国の仏教観に倣い、字を書く前に墨を擦るという行為は一種の瞑想であり、禅の精神を体現するものだった。固形墨を擦っていると、知らず知らずのうちに時が過ぎて心が自然のリズムと溶けあい、動く瞑想状態に入っていく。この状態は、硯の見た目と感触によって呼び起こされる。残念なことに、ここ数十年ほどは安価で調達しやすいセラミックやプラスチック製の大量生産による硯が増えてきた。

「いまの人たちは、よい硯の価値も、過去に果たしていた役割も知りません」と雨宮は語る。彼は美術大学を卒業後、1980年代にイタリア人彫刻家に弟子入りしていたことがある。当時は大きな彫刻を手がけており、重い素材に大きな穴をあけたり、軽い素材を組みあわせたりしていた。「最初は硯職人としての名前と彫刻家としての名前を使い分けていました。そのふたつは違うと思っていたので。けれども美術と工芸を分けて考える必要がないことに気づいたんです」。この結論に到達するまでに長い年月が必要だったという。石はすぐに理解できるものではないし、直感的にわかるようなものでもない。なによりも理解されていないのは、石に秘められたさまざまな精神状態を呼び起こす力。これこそ硯の命だと雨宮は言う。ガラスのケースに並んだ雨宮の硯コレクションを見せてもらった。「墨がうまく擦れないような硯もあります。まったく実用的ではないけれど、心を落ち着かせる力がある。その一方で、実用性は天下一品でも、心は落ち着かない硯もあります。物理的な世界と精神的な世界のバランスが大事です」。

Tags: ,









津田直写真展「エリナスの森」

写真家・津田直の写真展「エリナスの森」が、7/16まで山梨のevam eva yamanashi ギ… »STORY

マンモス・ハローキャンプ 2018 開催!チケット発売中!

マンモススクールが主催する、年に一度のビッグイベント「mammoth pow-wow(マンモス・パウ… »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 富士みち編 vol.3 浅間神社

PAPERSKYと旅のセレクトショップ「THE NORTH FACE globe walker」が提… »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 富士みち編 vol.2 吉田うどん

PAPERSKYと旅のセレクトショップ「THE NORTH FACE globe walker」が提… »STORY

JVC × OLD JAPANESE HIGHWAY 映像でたどる日本の古道 富士みち編

PAPERSKYと旅のセレクトショップ「THE NORTH FACE globe walker」が提… »STORY

Old Japanese Highway、日本の古道 vol.2 富士みち

旅のセレクトショップ、globe walkerとPAPERSKYが訪れたのは、春の気配が漂い始めた富… »STORY

3/3チケット発売開始!マンモスパウワウ 2017

3月3日(金) 9:00より、「mammoth pow-wow(マンモスパウワウ)2017」のチケッ… »STORY

マンモスパウワウ 2017 開催&チケット発売日のお知らせ

マンモススクールが主催する、年に一度のビッグイベント「マンモスパウワウ(mammoth pow-wo… »STORY

3/3チケット発売開始!マンモスパウワウ 2016

3月3日(木) 9:00より、「mammoth pow-wow(マンモスパウワウ)2016」のチケッ… »STORY

マンモスパウワウ 2016 特設サイト&チケット発売日のお知らせ

マンモススクールが主催する、年に一度のビッグイベント「マンモスパウワウ(mammoth pow-wo… »STORY

THE NORTH FACE キッズキャンププログラム @ マンモスパウワウ

子どもたちのための自然体験プログラムを実施しているザ・ノース・フェイスが、親子のための野外フェス・マ… »STORY

マンモスパウワウ 2015 公式サイト&チケット発売日のお知らせ

マンモススクールが主催する年に一度のビッグイベント「マンモスパウワウ(mammoth pow-wow… »STORY

山の天気予報|PAPERSKY Mountain Club

昨年の夏は悪天候に泣かされた。毎週末のように雨が降り、平日に予定していた長期縦走も中止。いつの間にか… »STORY

タイニーハウスをつくり暮らすためのワークショップ開催

「タイニー(小さな)」「ハウス(家)」でシンプルに暮らすライフスタイルを求めて。PICA 山中湖ヴィ… »STORY

映画『クライマー パタゴニアの彼方へ』デビッド・ラマが来日

8月30日よりドキュメンタリー映画『クライマー パタゴニアの彼方へ』が公開される。これを記念して主人… »STORY

エレッセが提案する、新たなテニス体験の機会

一昨年実施された調査によれば日本のテニス人口は約373万人。この国でテニスを楽しむ人の数は、まちがい… »STORY

この夏、テニスを感じる山中湖へ|Tennis Jam In Yamanakako

テニスの新たな体験を提供することを目的に、elesse(エレッセ)が山中湖で展開するイベント「TEN… »STORY

マンモス・パウワウ 2014 開催&チケット発売日のお知らせ

親子のための野外フェスティバル「mammoth pow-wow(マンモス・パウワウ)2014」が、5… »STORY

初冬のたのしみ|PAPERSKY mountain club

紅葉は終わったが、本格的な雪山シーズンはもう少し先。晩秋から初冬にかけてはちょっと中途半端な時期であ… »STORY

女性ガイドによる女性のための山歩き

「山登りを始めたけれど次にどこへ行ったらいいかわからない」「テント泊に挑戦したいけれど一緒に行って教… »STORY

“破天荒な練馬の双子”、世界水準のミュージシャン MONT BLANC

既存のジャンルに当てはまらない音楽観で国内外から注目を集めている「Mont Blanc」は、ダイファ… »STORY

山本哲也写真展「Green」ギャラリートラックス

旅を重ねながら透明感のある写真を撮り続ける写真家・山本哲也さんの写真展が、八ヶ岳のGALLERY T… »STORY

mammoth-pow-wow 2013

「マンモス・パウワウ 2013」チケット発売スタート

親子のための野外フェスティバル「mammoth pow-wow 2013」が、5月11日(土)・12… »STORY

MOUNTAIN CLUB

成瀬洋平原画展「やまとやまびと」

甲府の山のお店エルクにて、成瀬洋平さんの原画展「やまとやまびと」を1/31まで開催しています。「山と… »STORY

MOUNTAIN CLUB

雪山登山へのワンステップ、八ヶ岳

登山を始めて数年、雪山トレッキングは何度か経験し、そろそろピッケルとアイゼンを使った本格的な雪山登山… »STORY

YAMANASHI

森本美絵「family complex」

11月3日からギャラリートラックスにて、写真家・森本美絵さんの展示会が始まります。ファッション、カル… »STORY

name
雨端硯本舗
place
山梨
address
山梨県南巨摩郡鰍沢町5411
link
www.amehatasuzurihonpo.com

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.