Menu Links
  • SMARTWOOLPhotography: SMARTWOOL × PAPERSKY

WHOSE SOCKS? vol.3 プロフリークライマー 小山田大さん

, 2011/08/03

本誌との連動企画「smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?」。通気性と保温性にすぐれたスマートウール社のソックスを、毎号、アウトドアやスポーツ等、さまざまな分野でご活躍の方々に履いていただき、本誌ではゲストの足下の写真だけを掲載、それが誰の足かを想像し、ウェブサイトでゲストを紹介するといった企画です。第3回目のゲストは、プロフリークライマーの小山田大さん。中学生の頃から独学でクライミングをはじめ、数々の大会で優勝歴を持ちつつも、現在は世界の高難度課題といわれるプロジェクトの開拓を続ける、世界が注目するトップクライマーのひとり。そんな小山田さんに、クライミングとの出会いやその魅力、そして今後の課題などを語っていただきました。

「もともと山登りが好きで、実家のある鹿児島の山や霧島連山など、子どもの頃からよく山に登っていました。家族や友人に山好きがいたわけではなく、山に出かけるときはたいていひとり。もともと単独行動をするタイプだったので、当時はひとりで山歩きを楽しんでいました。岩登りの楽しさを知ったのは、14〜15歳の頃。ハイキングルートの途中にある岩場を登るのが楽しくて、山登りの延長で岩登りに興味を持つようになりました。ただ当時はいまのように、クライミングジムもなければ、まわりにクライマーがいるわけでもなかったので、独学でクライミングをはじめました」

高校時代から国内の数々の大会に出場し頭角をあわしていった小山田さんですが、2000年に大会からは身を引き、世界の高難度課題を開拓するプロのクライマーとして、活動をはじめるようになります。

「クライミングの課題に挑戦するには、つねに摂生して、体を鍛えていなければなりません。その点ではスポーツと言えるかもしれませんが、僕にとってクライミングは、スポーツというよりむしろものづくりに近い。まだ誰も登ったことのないルートを開拓していくことは、冒険的でもあるし、スポーツとは違った意味合いがあると感じています。岩を登り切るまでには、いろんなプロセスがあって、そのすべてを楽しむことにクライミングの魅力があります。僕の場合、山のなかを歩きまわって岩を見つけ、その岩に辿り着くまでの道をつくることもある。だから登り切ったときは感慨深いものがありますね。クライミングを経験したことのある人でないと、なかなか理解できないと思いますが…」

2004年、世界最難課題といわれたオーストラリアの「The Wheel of life V16」を初登し、世界のトップクライマーとしてとして認知されるようになった小山田さんは、現在も国内外のさまざまなルートの開拓を続けています。

「2004年のオーストラリアでの体験は、とくに印象に残っています。砂漠のなかにキャンプして50日間ほど滞在したのですが、日本とはまったく違う環境でとても新鮮でした。オーストラリアとはまったく環境が異なりますが、森のなかにある岩に登るのも好きですね。ドイツのフランケンユーラという落ち着いた景観のなかでのクライミングもよかったです。あと国内では、岐阜県恵那市にある笠置山によく行きますね。ここは僕が開拓した場所で思い入れもありますが、まだ達していない課題もあるので、そこを登ることも目標のひとつです」

日々、鍛錬し、新たな課題にチャレンジする小山田さん。そんな小山田さんにスマートウールのソックスの魅力を聞いてみた。

「クライミングでは、素足にシューズなのでソックスは履きませんが、クライミングのアプローチにはいいですね。とても気持ちがよくて快適です。8月中旬からのスイス遠征にも持っていきます」。

climbing gym project
神奈川県横浜市都筑区佐江戸町417
Tel: 045-532-3499
http://daihold.com

» WHOSE SOCKS? バックナンバー

<アイテム紹介>
PhDアウトドアライトマイクロ(写真左)
SW71102 ¥1,680(本体¥1,600)
サイズ:M、L
カラー:シルバー(SV)、ミディアムグレー(MG)、ヘンプ(HM)、トウプ(TP)

PhDトーソックスマイクロ(写真中)
SW71150 ¥1,680(本体¥1,600)
サイズ:S、M、L
カラー:ライトグレー(LG)、オートミール(OA)、ピオニー(PY)、ブラック(BK)

ハイキングライトクルー(写真右)
SW71204 ¥1,680(本体¥1,600)
サイズ:M、L
カラー:グレー(GY)、デニム(DM)、トウプ(TP)、ローデン(LD)
SmartWool

» WHOSE SOCKS? VOL.1 メッセンジャー JURIさん
» WHOSE SOCKS? VOL.2 写真家 野川かさねさん

Tags: , ,









Smartwool×PAPERSKY WHOSE SOCKS? vol.13 GOMAさん

本誌との連動企画「smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?」。通気性と保温… »STORY

AUSTRALIA

時を超えたコミュニケーション|ワラス・ロックホール

アリススプリングスから勇壮なジェームズ山脈に沿って約120km。砂を含んだ乾いた風が舞う一本道を、ひ… »STORY

AUSTRALIA

必要なものと不必要なものを知り尽くしていたアナング族

飛行機から見たウルルは、まさに地球のへそと呼ぶにふさわしい景観。赤く広がる土にポコンと突きでた巨大な… »STORY

AUSTRALIA

オーストラリアの先住民、アボリジニに伝わるソングライン

航空写真で世界中の地図を見ることができるようになっても、そこには写ることのない道がある。それは人々の… »STORY

メルボルンのミュージシャン Jess Harlen – I Go

ニュージーランドの先住民マオリの血を引き、エモーショナルな歌声とパワフルな曲調が魅力のジェス・ハーレ… »STORY

AUSTRALIA

オーストラリア、ソングラインを奏でながら(No.29)

今号のPAPER SKYはとても特別だ。なぜなら、オーストラリア先住民、アボリジニの文化に関する特集… »STORY

AUSTRALIA

「ビッグ&ブルー」を求めて、オーストラリア(No.15)

今号のPAPER SKYのために、僕たちはドライヴに出かけた。それは「地球の裏側の国、オーストラリア… »STORY

name
The Wheel of life V16
place
オーストラリア

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.