Menu Links
  • TOKAIDOPhotography: Tetsuya Yamamoto

PAPERSKY No.36 東海道を歩く旅 発売

, 2011/07/29

“この歴史的な街道にはいまなお当時のにぎわいを感じられる街並みが残り、タイムトリップでもしているかのような感覚になる。東海道をとおして出かける過去への旅は、たんに過去の時代を体感するだけでなく、現在から過去を客観的に捉え、過去から未来に向けての手がかりをつかむ旅でもあるのだ。しかも日本の江戸時代には、未来の社会を築くためのヒントがあふれている”(Editor’s Note No.36より)

江戸と京を結ぶ日本古来の大動脈、東海道。約400年前、徳川家康によって本格的に整備されたこの道は、”旅”という新しい娯楽を知った江戸時代の庶民にとって、憧れの街道だった。当時、先進のヨーロッパから日本を訪ねて東海道を旅した外国人も、宿場でのもてなしと、道の整備のよさに驚いたという。歌川広重が描き、弥次さん喜多さんが旅したこの道には、日本の旅のルーツがある。現代の旅人・ルーカス B.B.を旅のパートナーに、日本再発見の旅へ。

Papersky No.36
Edo’s Tokaido Road, the roots of modern travel
外国人も驚いた、世界一の江戸の街道へ
現代の旅人・ルーカスB.B.と東海道を歩く旅

2011年7月30日(土)より、全国の書店で発売。
発行:(有) ニーハイメディア・ジャパン 発売:毎日新聞社
定価 1,000円 ISBN-13: 978-4620793788

オンラインで購入: fujisan, Amazon, 7net shopping

iPhone, iPadですぐ読める、デジタル版もダウンロードできます。
» fujisanでデジタル版を見る
PAPERSKY No.36 CONTENTS
P16 … Edo Travel Art 旅の絵から読む、江戸の文化史
P22 … Edo’s Tokaido Road, the roots of modern travel
外国人も驚いた、世界一の江戸の街道へ
現代の旅人・ルーカスB.B.と東海道を歩く旅
P28 … Guide for Tokaido Trip
東海道を歩くための旅案内
P52 … Tokaido Sweets
街道沿いの老舗スイーツめぐり
P54 … Papersky Bookstore
東海道の旅に欠かせない本紹介

P55 … Travel To Your Mind ペーパーバック思考旅行
Texts: いとうせいこう / 大竹昭子 / ローランド・ケルツ / 角田光代
P64 … Papersky Interview / Ryue Nishizawa 西沢立衛
P68 … Amehata Suzuri / Yamanashi Inkstone 雨畑硯
P78 … MINI CLUBMAN HAMPTON × KAMI
MINIに乗って、アーティスト・KAMIの作品に出会う旅
P82 … H PLUS New Adventure
日本の新自然 第4回 山岳ガイド 沼野健輔さん
P86 … Life Knowledge 二度目のエベレスト登頂
Photography & Texts: 石川直樹
P90 … Nihon Alps 12 views 槍ヶ岳
Photography & Texts: 成瀬洋平
P95 … Life of Fiction 食べる
Translation: Motoyuki Shibata Text: Rick Bass
P104 … Mt.Fuji and Tokaido
3つの展覧会で、東海道を旅しよう
P108 … Kiyoshi Yamashita 山下清
裸の大将遺作 東海道五十三次

PAPERSKY Clubs
P115 … Mountain
P117 … Bicycle
P118 … Food
P119 … Book
P120 … Japan

Tags:









ジョン・レノンも敬愛した、禅師の教えに触れる|東海道4

一行は沼津市に入り、江戸から数えて13番目の宿、原を目指す。ここには臨済宗中興の祖、白隠禅師ゆかりの… »STORY

関所も怖い、天下の険(東海道③ 箱根 → 三島)

小田原を抜けると天下の険、箱根八里の山越えが待っている。箱根宿は東海道五十三次のなかで最も高い場所に… »STORY

ういろうの元祖は、小田原にあり|東海道② 小田原→平塚

横浜市を横断し、平塚を過ぎて大磯に入ると、潮の香りが漂ってくる。西行法師も訪れて歌を詠んだという鴫立… »STORY

芭蕉も泊まった旅籠で、江戸情緒に浸る(御油〜岡崎)

現在の愛知県豊川市にあたる御油の宿場は、姫街道が再び東海道に合流する地点。御油と次の赤坂は、江戸時代… »STORY

由比で江戸のポップアートを学ぶ(蒲原〜興津)

原から吉原を経て、静岡市の蒲原へ。広重の『東海道五十三次』で蒲原は雪景色として描かれるが、この地の気… »STORY

旅のご褒美は、宿場ごとの美味いもの(府中〜藤枝)

江戸から19 番目の宿場、府中は現在の静岡市。ここは徳川家康のお膝元で、『東海道中膝栗毛』の著者、十… »STORY

江戸の老舗をめぐって、多摩川越え(日本橋〜川崎)

PAPERSKY版・東海道中のスタート地点は、日本橋。お江戸日本橋から目指す京の三条大橋までは、全長… »STORY

旅の絵から読む、江戸の文化史

旅という新しい娯楽が日本で生まれたのは、江戸時代のこと。それと連動するように、当時、美術の世界でも旅… »STORY

すべての時間に続く道 | 日本の旅のルーツ、東海道(No.36)

いまから約400年前の江戸時代、多くの旅人が行き交う、世界でもっとも安全で、クリーンな街道があった。… »STORY

keen

東海道を歩くための理想的なシューズ|KEEN

東海道の旅でルーカスが履いているKeenのシューズは、街道を歩くための理想的なパートナー。なぜなら東… »STORY

TOKAIDO

東海道の旅のパートナー、現代の旅人・ルーカス B.B.

「いまって、昔の人の考えかたとか、過去のものを一回ゆっくりと見直してみるべき時代なんじゃないかと思う… »STORY

place
東海道

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.