Menu Links
  • Photography: Iker Basterretexea

アーシーなデザインのバスク風ボードケース

, 2011/06/20

サン・セバスティアンでは街なかでも、ウェットスーツ姿のサーファーが歩いているのをよく見かける。海からあがった後はシャワーも浴びず、ボードをケースにポン。そのまま家まで歩いて帰るなんていうスタイルがここでは当たり前だとか。そんな彼らの必需品、ボードケースの人気ブランドが「ソウ&シング」。バスク発、話題のブランドのファクトリーを訪ね、エリ・サエスさんに会った。「なにかスペシャルなことを始めたくて。友だちが3人集まって自然にこのブランドができた。ノーマルなものじゃおもしろくないから、私たちが気に入ったテキスタイルを手づくりで組みあわせてケースをつくるの。かならず2種類のテキスタイルをミックスさせるのがポイント。私たちは、バスクの海や山、緑や食べ物などからインスピレーションをもらって、色や柄のデザインで表現してる」

プロサーファーも多く愛用するそのケースは、アーシーカラーをうまく使った落ち着いたデザインが特徴。そのどれもが一点ものだとか。「特別ってことでその人だけのデザインを考える。ボードのサイズやデザインの希望を聞いて、メールなどでやりとりしながらオリジナルケースをつくっていくの。私たちは古くて素敵なものが大好き。でもテキスタイルはかならず新品を入手してつくってる。少量だけ手に入れて使いまわしをしないのも特徴かも」

それぞれに異なる本業をもつというメンバー。ブランドをスタートさせた理由を聞くと、すぐさま笑顔でシンプルな答えが返ってきた。「ここでは皆、シンプルに生活を楽しみたいって思ってる。サーフィンや友だち、ドライブや料理、ワインもね。私たちもどれだけ毎日エンジョイできるかって考えたら自然とソウ&シングができたの」

Tags:









アートから香る、バスクの「光」と「匂い」

バスクという土地は、これまで数多くの高名なアーティストを生んできた。伝説の彫刻家エドゥアルド・チリー… »STORY

世界的なサーフスポットを抱えるバスクに生まれて

文化的にも共通性をもつスペイン側バスクとフランス側バスク。彼らは法律的にはそれぞれの国に属していても… »STORY

志津野雷写真集 ON THE WATER

サーフィンをきっかけに、愛する自然の魅力を伝えるために写真を始め、世界中でカメラを構えてきた写真家… »STORY

ワインと踊る、バスクのダンス

18世紀、フランスの哲学者であるヴォルテールは著書に、バスクの民をこう称した。「山々で、歌い踊る人々… »STORY

バスクの海と一体化する、スローサーフ

大西洋岸ビスケー湾沿いに連なるバスク地方は、サーフィンのメッカ。スペイン側にはムンダカ、フランス側に… »STORY

FOOD CLUB

有元くるみ料理教室 シリーズ(3) バスク料理 第3回

旅をテーマにした料理教室PAPERSKY FOOD CLUBと有元くるみさんが主催する料理教室「fo… »STORY

FOOD CLUB

有元くるみ料理教室 シリーズ(3) バスク料理 第2回

旅をテーマにした料理教室PAPERSKY FOOD CLUBと有元くるみさん(リンク先 www.gr… »STORY

BASQUE

ピッチにほとばしる、バスクのプライド

アルゼンチンのリオネル・メッシやポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドなど、世界のトップスターたちが… »STORY

ロレアック・メンディアン|バスク流クリエイティヴィティ

バスク・カルチャーを探るうえで欠かせないのが「ロレアック・メンディアン」。95年にギプスコアで誕生し… »STORY

BASQUE

バスクの旅のパートナー、ミュージシャン Caravan

世界中にヒト、モノ、コトがあふれ、世の中はハッピーなことだけじゃなくなってきている。どうやって生きれ… »STORY

BASQUE

バスク、シンプルライフのヒントを探しに(No.35)

日本が震災に襲われたとき、僕はバスク地方のホテルの部屋にいた。そしてネットから流れてくる映像に唖然と… »STORY

BASQUE

PAPERSKY No.35 バスク特集号発売

"いまの日本に必要なのは、「シンプリシティ」ではないだろうか。思想の根幹を変え、新たな時代の思想へと… »STORY

place
バスク
link
Sew’n Sing

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.