Menu Links
  • Photography: Yohei Natuse

「山パン」 – 家で簡単につくれて山に最適なパン

, 2010/12/21

今夏、一緒に北アルプスへ出かけた近所のパン屋さん「キュルティヴァトゥール」に、家で簡単につくれて山に最適なパンはないか聞いてみた。行動食の定番ドライフルーツとナッツをふんだんに使ったパンなら栄養価も腹持ちもよい。そこで考えてもらったのがこの「山パン」だ。

材料
強力粉125g、薄力粉125g、ドライイースト1g、塩5g、水200g、ドライイチジク45g、カリフォルニアレーズン100g、サルタナレーズン100g、ドライプルーン50g、ゆずピール30g、クルミ( ロースト)30g、カシューナッツ(ロースト)60g

つくりかた
①強力粉と薄力粉を振いにかけてボウルに入れる。
②常温水50gを入れた容器にイーストを入れて溶かし、別容器に水150gを入れて塩を溶かす。
③①に②を入れて軽く手でかき混ぜる。
④③に④を入れて軽くかき混ぜ、カードで生地をまとめる。
⑥乾燥を防ぐためにビニールを被せ、25~28℃の場所で10分くらい発酵。
⑦細かく刻んだイチジクとプルーンを加え、生地で包みこむように混ぜる。
⑧ビニールを被せて25~28℃で10分くらい発酵。
⑨ゆずピール、レーズンを加え、生地で包みこむように混ぜる。
⑩ビニールを被せて25~28℃で10分くらい発酵。
⑪ナッツを加えて均一になるように混ぜ、ビニールを被せて25~28℃で2時間発酵。
⑫強力粉を振った台の上で、カードで生地を半分に切って長方形に伸ばす。細長くなるように3つ折りにして形を整える。型を使う場合は油を敷いた型に生地を詰め、25~28℃で1時間発酵。
⑬表面に切れこみを入れる。220℃ のオーブンで30分、さらに200℃ で15~20分焼いたらできあがり! 

軽く混ぜて発酵させるだけなのに、しっかりとした食感のパンが焼きあがった。焼きたてよりも半日ほど置いたほうがおいしいとのこと。秋も深まり、冬の足音が聞こえる季節。お手製のパンをザックに詰めて、日溜まりの山へ出かけてみてはいかがだろう?

Tags:









漆器を持って山へ行こう

登山用クッカーといえば、アルミやチタンなどの金属製が一般的。直接火にかけられるので鍋としても食器とし… »STORY

ひと鍋パスタの山ごはん

山のごはんはフリーズドライが多くなる。軽いし燃料の節約になる。近所のスーパーで買えて、しかもおいしい… »STORY

伝統は木から生まれる | 美濃和紙 3

伝統はこだまのようなもの。世代が変わるたびに聞こえかたが違ってくる。伝統とは、年長者から若者へと受け… »STORY

水のなかでつくる紙 | 美濃和紙 1

静かに差しこむ自然光が一枚の紙をとおして、やわらかな光となって満ちている。世代を超えて受け継がれてき… »STORY

山を歩くイラストレーター・成瀬洋平「山のポストカード」

旅をテーマにしたアイテムを、製作にまつわるストーリーを交えて紹介するシリーズ。第4回は、山を歩くイラ… »STORY

道具に組みこまれた知恵 | 美濃和紙 2

人間は道具がなくても多くのことができるが、道具があれば神のようになれる。手漉き和紙を魔法のようにつく… »STORY

name
キュルティヴァトゥール
place
岐阜
address
中津川市阿木2664-270
link
www.cultivateur.jp

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.