Menu Links
  • Photo: Maria Laub
  • Photo: Maria Laub

ニーブスが案内する、チューリヒの書店めぐり

, 2010/08/10

“ジン(ZINE)”という冊子のスタイルをアートブックの領域と結びつけ、世界中にアートジン旋風を巻き起こしたのが、チューリヒを拠点に活動するインディペンデント出版社・ニーブス(Nieves)のベンジャミン・ソマホルダーだ。マイク・ミルズやスパイク・ジョーンズ、写真家ホンマタカシや平野太呂など、有名無名を問わないエモーショナルな作品がこの小さな出版社から世界へと送り出されている。先日開催されたTokyo Art Book Fair 2010においても、HUgE, Between the Booksはじめ、いくつものブースで<ニーブス>という言葉を目にしたように、日本のアートブック界にも多大な影響を与えている。ベンジャミンがニーブスをスタートさせたのは2001年。本誌編集長ルーカスが雑誌『TOKION』をつくっていたころからの10年来の友人だ。

ニーブスは土曜には書店としてもオープンしていて、バッグにも描かれたキャラクター“Waterman”が出迎えてくれる。子どものための絵本からアーティスティックなイラストレーションまで、ジンというローカルな形態をとりながら、そのどれもがユニバーサルな存在感を放っている。ニーブスから10冊以上のジンを出しているステファン・マークスの『85 Zeichnungen』は、昨年、スイス政府が選定している『The Most Beautiful Swiss Books』にも選ばれた。

本誌No.33 スイス特集では、その『The Most Beautiful Swiss Books』になぞらえて、ベンジャミンとルーカスが個人的に選ぶ「最も美しいスイスの本」を探して、チューリヒの書店を自転車でめぐった(P.20-21)。ベンジャミンが最初に案内してくれたのは、老舗の古書店BÜCHER BROCKY(ビューハ・ブロッキ)。センスよくセレクトされた雑誌やZINEをそろえるPerla-Mode、建築・デザインの専門書を扱うHochparterre(ホッホ・パルチール)などをめぐり、絵本やドローイング、建築まで、スイスの多様なアートブックが集まった。ベンジャミンとルーカスが選んだ「最も美しいスイスの本」は8冊。Tokyo Art Book Fair 2010のニーハイメディアのブースにも展示された。

1. Plotzlich diese Ubersicht, A beautiful little book by Fischli / Weiss, published by one of the best publishers, Walther Konig.
2. GRR41 Baku & Back, issue number 41 of the legendary series by Ingo Giezendanner aka grrrr.
3. IM ZOO (Pipifax), Children’s book by Nadine Spengler, silkscreen print with little secrets.
4. deer:die:das: (Ausgabe a wie Apfel), First issue of the new Swiss magazine by Nadja Aebi and Hin Van Tran.
5. S.Marx 85 Zeichnungen, Elaborate risograph print of Stefan Marx’ drawings, published by Rollo press.
6. Ari Marcopolous, Within Arm’s Reach. JRP | Ringier published this first monograph of Marcopoulos’ work.
7. Linus Bill, Falshlight drawings on photographic paper in the dark room.
8. Olgiati, An architectural book on Olgiati’s white house “geibes haus” in laax, Switzerland.

自転車によるチューリヒ街めぐりの最後に、ベンジャミンがこっそり教えてくれたのは、おすすめのスープ店”Bingo Bongo“。素材はみなオーガニックという、スープやサラダ、サンドイッチなどがおいしい、ローカルに愛される店だ。テイクアウトしたスープを持って、ベンジャミンが案内してくれたのは、住宅街の中にある小さな公園。木立に囲まれ、たくさんの子供たちが遊んでいる中、取材班は芝生の上でのんびりとスープを味わいながら一休み。ローカルに案内してもらう旅の醍醐味は、こんなスープを飲むのにちょうどいい公園をすぐに教えてもらえるところにもある。

Nieves Books http://www.nieves.ch

関連動画: Papersky Zurich Ride

 
取材協力:スイス政府観光局
スイス インターナショナル エアラインズ
レイル ヨーロッパ ジャパン

Tags: ,









Hotel Allegro Bern|眺めのいいスイスのホテル 5

ベルンはスイス連邦の首都であるとともに、旧市街の美しい街並みが1983年にユネスコ世界遺産にも登録さ… »STORY

Hotel Schatzalp|眺めのいいスイスのホテル 3

美しいアールヌーヴォー様式の建造物で、1900年にこのホテルが建てられて以来、今もそのクラシックな雰… »STORY

Graphic Landscape 新しい時代を先導したスイスの観光ポスター

人々を誘致するだけでなく、グラフィックデザインの進歩にも大きく貢献したスイスの観光ポスター。100年… »STORY

アルプスの画家が見つめた自然と人間の営み

オーバーエンガディン地方の、ムオタス・ムライユの山岳ホテルから、向かいにある標高2,700mほどのシ… »STORY

Hotel Meisser|眺めのいいスイスのホテル 1

眺めのいい部屋に滞在し、創作活動を続けていたであろう画家たちに思いを馳せながら、窓辺から見る景色が美… »STORY

絵本から垣間見る、グアルダの素朴な暮らし

アルプスの雄大な自然と人々の素朴な暮らしを絵本のなかで表現したのが、イラストレーターのアロイス・カリ… »STORY

数奇な人生を生きたエマ・クンツのアート

方眼紙に規則正しく、精巧に描かれた図形の数々。神秘的な魅力をもつ絵画の作者はスイス人アーティスト、エ… »STORY

永井博|プールを描き続けて~尽きない情熱の理由

絵を見ると、なんだか今すぐその場に身を置いてみたくなってしまう。そんな不思議な魅力を秘めた永井博のイ… »STORY

Ingo Giezendanner 作品集を片手に、チューリヒの街歩き

独自の視点でさまざまな街の風景を切り取るスイス人アーティスト、インゴ・ギーゼンダナー。彼が描いたチュ… »STORY

鮮やかな色彩で、ダヴォスの強い光を表現

スイスの光に魅せられた外国人画家は多い。ドイツ表現主義を代表するエルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー… »STORY

木版画で制作した異色の『ユングフラウ』 Félix Vallotton

画家フェリックス・ヴァロットンが制作した木版画に『ユングフラウ』がある。ユングフラウはベルン州南部に… »STORY

Hotel Schynige Platte|眺めのいいスイスのホテル 2

1894年、インターラーケンからの登山鉄道が開通した翌年に創業した山岳ホテル、Hotel Schyn… »STORY

クレーの心に刻まれた、三角形の山ニーセン

ベルン州南部の高地帯ユングフラウ地方に「ニーセン」というちょっと不思議な山がある。なぜ不思議なのかと… »STORY

Tevaを相棒に、都会のなかで自然と遊ぶ

スイスの魅力は雄大な自然だけではない。むしろチューリヒのような都市部において、自然にアクセスしやすい… »STORY

雲と光が複雑に変化するレマン湖の光景|フェルディナント・ホドラー

スイス人にとって「国民的作家といえば?」と問えば、多くの人がフェルディナント・ホドラーを挙げるだろう… »STORY

画家たちの魂を揺さぶった、スイスの風景を訪ねて

それは6枚の風景画から始まった。フィルディナント・ホドラー、パウル・クレー、フェリックス・ヴァロット… »STORY

スイス生まれのウェアブランド [sn] super.natural

自然と山々に囲まれた国、スイス。アウトドアライフがごく身近にあるこの国では、機能的で着心地のよいイン… »STORY

編集長ルーカスが選んだスイスみやげ|PAPERSKY STORE

編集長ルーカスがスイスでみつけた旅のおみやげが、PAPERSKY STOREに並んでいます。古くから… »STORY

平山昌尚/アーティスト|PAPERSKY INTERVIEW

今年の6月から1ヶ月にわたり、チューリヒの出版社「Nieves」で新作の展覧会を開いたアーティストの… »STORY

アーティスト・佐々木愛さんとスイスの風景のなかへ

「画家が描いた風景を訪ねることは初めての経験でした。スイスの壮大な景色を目の前にすると、画家たちは何… »STORY

スイスの風景のなかへ、エスケープ|Editor’s Note #54

PAPERSKYはまちがいなく、スイスが好きだ。手つかずの湖、雄大な山、健全な森、愛らしいワイルドフ… »STORY

PAPERSKY #54 SWISS | LANDSCAPE ART スイス特集号 発売!

7月30日発売の「PAPERSKY」54号は、スイス特集。アルプスの麓、スイスには、画家たちを魅了し… »STORY

旅する音楽 soundtrack for travelers|スイス編

次号PAPERSKYの特集の地は、スイス。7/30の発売に先駆けて、「PAPERSKY Soundt… »STORY

Grand Hôtel Suisse Majestic|眺めのいいスイスのホテル 4

Grand Hotel Suisse Majesticは、アーティストのフェルディナント・ホドラーが… »STORY

峡谷の迂回を回避させるタミナ橋|スイス、民意を反映する土木(3)

スイス北東部に位置するザンクト・ガレン州。人口1500人強のフェイファースと、人口400人ほどのヴァ… »STORY

山頂へと誘う|スイス、民意を反映する土木(2)

山岳国であり観光大国でもあるスイスは、山の景色を楽しみたい観光客をどのように惹きつけるかという課題と… »STORY

place
チューリヒ

© 2008-2019 Knee High Media. All Rights Reserved.