Menu Links
  • AUSTRALIAPHOTOGRAPHY: Piroshi Utsunomiya

オーストラリア、ソングラインを奏でながら(No.29)

, 2009/12/30

今号のPAPER SKYはとても特別だ。なぜなら、オーストラリア先住民、アボリジニの文化に関する特集記事は、日本ではなかなか見られないから。とはいえ、12万5千年もの歴史と、300を超える言語をもつアボリジニの文化を語りきれるはずもなく、僕らはその地を旅しながら、肌で感じたアボリジニ文化を紹介することにした。

旅のはじまりは、オーストラリア大陸の中央に位置するウルル(エアーズロック)、そして、ウルルから450kmほど離れた町、アリススプリングス。僕らがこの地域を取材先に選んだのは、アボリジニの聖地であるウルルをはじめ、ここには太古から変わらぬ姿で鎮座する巨石群が点在し、アボリジニとともに暮らしてきた動植物や彼らの祖先が残した壁画が数多く存在する場所だからだ。そしてこうした自然や彼らの創造物によって形づくられたソングラインも、ここにははっきり存在している。

ソングラインとは、アボリジニの祖先が放浪した道筋を、神話や古代文化の概念などを織り交ぜながら、歌や踊り、絵画をとおして語り継いできたアボリジニの遺産のこと。聖なる大地は生きものであり、その大地は歌によって生かされていると彼らは言う。彼らの祖先もまた、歌うことで生命を吹きこみ、歌を通じて命を与えられていたのだ。そして彼らは歌うことのなかに自分たちの先祖の土地・物語・夢を大切に保存し、それを自分たちの過去、現在、未来の時間の流れのなかで再現している。

今号の旅のナビゲーターは、10年ほど前に、オーストラリア北部のアボリジニ居住区、アーネムランドでアボリジニの人々と暮らした体験をもつGOMAさん。この土地の文化と、ディジュリドゥと呼ばれるアボリジニの楽器に魅了されたアーティストだ。「ソングラインを奏でながら」というタイトルのとおり、僕たちの旅はGOMAさんの吹くディジュリドゥとともにあり、同行したクルーの手にはいつも高音でリズムを刻むリズムスティックがあった。そう、僕らは、オーストラリアのソングラインに新たな音を刻みながら旅をしていたのだ。

今号を通じて読者のみなさんがオーストラリアに伝わる文化に親しむにつれ、その歴史のリズムにかき立てられ、いずれ、自分自身のソングラインを奏でてくれるだろうことを願って。

PAPERSKY #29 AUSTRALIA | Playing Songlines

Playing the Songlines
This issue of Paper Sky is very special as it is the first attempt for a major Japanese magazine to report on Aboriginal Australians or Indigenous Australian culture. Native Australians date back as long as 125,000 years ago and consisted of over 300 languages, so as you can imagine the best we can do is scratch the surface.
We began our trip in Uluru-Kata Tjuta National Park- the belly button of Australia and then moved to Alice Springs. One of the reasons we know that these two areas are so special is due to the large number of paintings, natural rocks, water holes, trees, animals and land formations. These natural elements forrm or become what are known as Songlines.

Songlines, also called Dreaming tracks by Indigenous Australians, are in short how Aborigines past their culture from one generation to the next. Songlines pass down ancient cultural concepts and stories through singing, storytelling, dance and painting. Songlines are an intricate series of song cycles that identify landmarks for navigation. For the Aborigines all land is sacred and alive. Their ancestors gave life in singing, gave them life through song. The songs must be continually sung to keep the land “alive”. In singing they preserve the land/story/dreaming of their ancestors, and recreate it in their oneness of past, present and future.

Our guest for this issue is Goma, who ten years ago, was living in Northern Australia’s- Arnhem Land. Goma was fascinated by the culture and the Aboriginal instrument called a didgeridoo. We called this issue Playing the Songlines, because as we traveled to the various sacred sties and met Native Australians, Goma would always have his didgeridoo in hand, while the females of our tour would be carrying Rhythm Sticks. In short the Paper Sky crew was traveling Australians’ Songlines in stereo. It’s our hope that as you read about this ancient culture you’ll be stirred to the rhythms of their history and set off to play out your on songline in Australia.

 
» Editor’s Note バックナンバーリスト

Tags: ,









Smartwool×PAPERSKY WHOSE SOCKS? vol.13 GOMAさん

本誌との連動企画「smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?」。通気性と保温… »STORY

AUSTRALIA

時を超えたコミュニケーション|ワラス・ロックホール

アリススプリングスから勇壮なジェームズ山脈に沿って約120km。砂を含んだ乾いた風が舞う一本道を、ひ… »STORY

AUSTRALIA

必要なものと不必要なものを知り尽くしていたアナング族

飛行機から見たウルルは、まさに地球のへそと呼ぶにふさわしい景観。赤く広がる土にポコンと突きでた巨大な… »STORY

SMARTWOOL

WHOSE SOCKS? vol.3 プロフリークライマー 小山田大さん

本誌との連動企画「smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?」。通気性と保温… »STORY

AUSTRALIA

オーストラリアの先住民、アボリジニに伝わるソングライン

航空写真で世界中の地図を見ることができるようになっても、そこには写ることのない道がある。それは人々の… »STORY

メルボルンのミュージシャン Jess Harlen – I Go

ニュージーランドの先住民マオリの血を引き、エモーショナルな歌声とパワフルな曲調が魅力のジェス・ハーレ… »STORY

AUSTRALIA

「ビッグ&ブルー」を求めて、オーストラリア(No.15)

今号のPAPER SKYのために、僕たちはドライヴに出かけた。それは「地球の裏側の国、オーストラリア… »STORY

EDITOR'S NOTE

本誌各号に掲載されている、編集長の
Editor's Noteをはじめ、ニーハイメディア・
ジャパンの活動やイベントなどを紹介

ニーハイメディア・ジャパン代表
ルーカス バデキ・バルコ

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.