Menu Links
  • CALIFORNIAPhotography: Takashi Kumagai

現代文化のノーザンライツ、カリフォルニア(no.25)

, 2009/12/25

僕はバルチモアに生まれた。当時20歳だった母は、誰もが認めるウッドストック・ヒッピー。僕が3歳のころに家族でカリフォルニアへ渡り、最終的にビートニクとヒッピーとサーファーのメッカ、西海岸に移り住んだ。音楽、文学、食べ物、アート、そしてスポーツにいたるまで、現代文化の多くはビートとヒッピーとサーファーの影響をおおいに受けてきた。そしてこのすべてのムーヴメントに共通しているのが、北カリフォルニアの街々に深いルーツをもっているということ。ビートとヒッピーとサーファーがどれほど多くの影響を僕たちに及ぼしてきたか、そしていかに僕たちのカルチャーを感化しつづけているか、それを読者の皆さんに伝えるため、PAPER SKYはこの街へ旅立った。これらのムーヴメントがその基礎を築き、今もたしかに存在して人々を刺激している、数々の場所を垣間見るために。

今回の旅は、サンフランシスコのベジタリアン・レストラン「Greens」のブレックファストに始まる。ここは現代の「オーガニックフード」の元祖といっても過言ではない。そしてビートのメッカ「City Light Books」までぶらりと散歩。さらに地下鉄や車にちょっと乗ってバークレーまで足をのばし、ダスティン・ホフマンの映画『卒業』に登場する伝説的な本屋「Moe”s」に立ち寄る。そこから僕たちが向かったのが、じわじわと細胞増殖のように成長し、今やサーフィンとスケート・ムーヴメントのメッカともなったサンタ・クルーズ。ここにはアメリカでもっとも進んだ知的能力をもつ大学のひとつ、カリフォルニア大学サンタ・クルーズ校(カリフォルニアンたちはUCSCと呼んでいる)がある。その少し南にあるのがビック・サーと呼ばれる場所。かつてはここに、ビートとヒッピーとサーファーが、おいしい空気と世界有数の美しい自然を求めてやってきていた。このあたりは、スピリチュアルでオルタナティヴなライフスタイルを生みだした「エサレン研究所」の本拠地であり、ビートに大きな影響を与えた作家ヘンリー・ミラーの故郷でもあり、また「マーヴェリックス」と呼ばれるビッグウェイブと、この大波を初めて制覇したという伝説のサーファー、ジェフ・クラークに会いに、世界中からサーファーが集まるハーフムーンベイにもほど近い。そして、このオルタナティヴ・ムーヴメントの旅物語の締めくくりとして、現代のムーヴメントに欠かせないのが、フランシス・フォード・コッポラの驚くほどおいしいワイン「ルビコン」を生んだナパのワイナリーRubicon Estate」だ。

さあ、これで十分。手短かに言えば、今号のPAPER SKYを読んで、ビートニクスとヒッピーとサーファーのすべてを学んだら、あとはもう「トリップ」するだけ、ということ!

PAPERSKY #25 CALIFORNIA | Morning

The Northern Light of Modern Culture ─ Northern California

I was born in Baltimore. At the time my mother was 20 yeas old and a certified Woodstock hippy. We went to California when I was three and eventually moved to the west coast- home to the Beatniks, Hippies and Surfers.

Much of modern culture weather it be music, literature, food, art or even sports has been greatly influenced by the Beat’s, Hippies and Surfers. And what all of these movements share are their deeply imbedded roots in the cities of Northern California. In order to give you a picture of how the Beatnik’s, Hippies and Surfers have influenced us so much and continue to influence our culture Paper Sky took a peak at the many Northern California places where these movements were founded and continue to exist and inspire.

The trip begins with breakfast in San Francisco at Greens, safe to say this place is the originator of modern day ‘Organic Food’, and then take a stroll over to the Beatnik mecca- City Lights Books. After a short subway ride we arrive in Berkley and at Moe’s books the legendary bookshop featured in Dustin Hoffman’s movie the Graduate. From there we wander down to Santa Cruz originally an incubating cell and now a mecca for both the surfing and skating movements and home to one of the most forward intellectually thinking universities in America the University of California, Santa Cruz or as Californian’s refer to it, UCSC. Just a bit below Santa Cruz is a place called Big Sur and this is where the Beat’s, Hippies and Surfers all came together to get a breath of air and some of the best nature in the world. The area is home to Esalen a mecca for spiritual and alternative lifestyle’s, it was also home to writer, Henry Miller one of the Beat’s major influences and close by in Half Moon bay surfers travel from the corners of the world to surf the Big Wave called Mavericks and speak to the legend who fist surfed it Jeff Clark. In closing a travel story on the alternative movements modern day movement would not be complete without a visit to Rubicon Estate in Napa home to Francis Ford Copala’s amazingly delicious wine Rubicon.

OK, enough already. In short read this issue, learn all about Beatniks, hippies, surfers and then TAKE A TRIP.

» Editor’s Note バックナンバーリスト

Tags: ,









小島聖 初エッセイ「野生のベリージャム」

女優・小島聖さんが、旅や食のエピソードを綴った初エッセイ『野生のベリージャム』が発売されました。女優… »STORY

旅も中盤、カリフォルニアへ|BRUNO自転車 北米旅レポート vol.4

BRUNOがサポートする輪行女子世界旅、北米西海岸を縦断する伊藤沙也加さんから旅のレポートが届きまし… »STORY

サンフランシスコを目指して|BRUNO自転車 北米旅レポート vol.3

BRUNOがサポートする輪行女子世界旅、北米西海岸を縦断する伊藤沙也加さんから旅のレポートが届きまし… »STORY

創業40年のバックパックブランド|PAPERSKY mountain club

2017年、グレゴリーは創業40周年を迎えた。バックパック界のロールスロイス。高峰への遠征を支え、多… »STORY

A History of Gregory | GREGORY 40th Aniversary Fair

カリフォルニアで生まれ、最高の背負い心地と品質、機能性を追求したバックパックをつくり続けてきたGRE… »STORY

今なおハンドメイドでつくられるミッドセンチュリーモダンの逸品

1940年代のカリフォルニアには、東海岸では考えられないような安く広い土地が残されていた。一年中温暖… »STORY

カリフォルニアの自然を巡る旅 vol.4 セコイア・キングスキャニオン

森のなかを伸びる道路をレンタカーで走っていくと、いつの間にか辺りに生えている木が巨木ばかりになってい… »STORY

カリフォルニアの自然を巡る旅 vol.3 ヨセミテ国立公園

モノレイクを出発した私たちはTioga Pass峠を越え、ヨセミテ国立公園へと向かった。標高はどんど… »STORY

カリフォルニアの自然を巡る旅 |モノレイク・トゥファ州立自然保護区

デスバレー国立公園を出た私たちは、約250km北に位置するモノレイク・トゥファ州立自然保護区にやって… »STORY

カリフォルニアの自然を巡る旅 vol.1 デスバレー国立公園

岩と砂と風が創り出す幻想的な風景を眺めながら、沙漠の一本道を車で進んでいく。今回私たちは、カリフォル… »STORY

人々が守り続けてきた巨木の森、マリポサグローブ

いまや世界中から年間400万人の観光客が訪れるヨセミテ国立公園だが、この地が国立公園となるまでには、… »STORY

GREGORY HELLO CALIFORNIA|カリフォルニアの旅へ

カリフォルニアで生まれ、30年以上にわたり最高の背負い心地と品質、機能性を追求したバックパックをつく… »STORY

PAPERSKYカラーのチコバッグ|PAPERSKY Store

カリフォルニア州チコにあるChicoBag社は、2007年にリサイクルショップで購入したミシンから始… »STORY

Juniper Ridge | 太古の香りを現代に届けて

20年ほど前、地元のハイカー、ホール・ニュービギンが思い立ったのは、森の植物からパフュームやコロンを… »STORY

ザイルを使ったカメラストラップ「YOSEMITE CAMERA STRAP」

YOSEMITE CAMERA STRAP(ヨセミテカメラストラップ)は、本物のアウトドアギア… »STORY

街から受ける、強烈なエネルギー|成長を続けるデニム Levi’s®

ドイツから来たリーバイ・ストラウスがサンフランシスコ・ベイエリアに商店を構えたのは1853年のこと。… »STORY

サーモンが私たちに教えてくれること|Patagonia Provisions

Patagoniaはこれまで、環境問題に強い関心を抱き、さまざまな取り組みを行ってきた。とりわけユニ… »STORY

世界初、自動販売機型サヌークショップが期間限定オープン

カリフォルニア生まれのフットウェアブランド「Sanuk®(サヌーク)」が、世界初のベンディングマシン… »STORY

Alite | 人の心を潤す、壮大なグランドデザイン

「お金のことはほとんど考えてない(笑)。フォーカスしてるのは、どうすれば都市生活者を楽しくさせられる… »STORY

アスリートを支え続けるエナジーバー|Clif Bar

世界中のアウトドアマンに愛されるClif Bar。その本拠に訪れると、まるでスポーツクラブのような設… »STORY

Ramen Shop | 日本から学んだ「ブレンズ」の概念

いまや全米随一のグルメシティに変貌を遂げたサンフランシスコ。AppleやFacebook、Twitt… »STORY

St. George Spirits | 創造の種が詰め込まれたウィスキー

僕らが次に目指したのはThe Island Cityと呼ばれるアラメダ・エリア。美しい湾を臨む広大な… »STORY

復興への強い意志が息づく、歴史あるホテル

1906年4月、M8前後とも推定される大地震がサンフランシスコを襲った。この影響で街の各所では膨大な… »STORY

STUSSY Livin’ GENERAL STORE presents Letterpress Poster

誰かが語りかけているかのような、微妙にかすれた文字のひとつひとつ。活版印刷ならではのアナログ感が漂う… »STORY

サンフランシスコ手ぬぐい|PAPERSKY Store

日本の伝統的なアイテムのひとつ手ぬぐいは、軽量で速乾性も高く、何かと便利なすぐれもの。世界の都市のイ… »STORY

Jay Nelson ジェイ・ネルソン/アーティスト|PAPERSKY Interview

サンフランシスコ在住のジェイ・ネルソンは世界的にその名を知られる、異色のアーティストだ。代表的な作品… »STORY

EDITOR'S NOTE

本誌各号に掲載されている、編集長の
Editor's Noteをはじめ、ニーハイメディア・
ジャパンの活動やイベントなどを紹介

ニーハイメディア・ジャパン代表
ルーカス バデキ・バルコ

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.