Menu Links
  • AKIHABARAPhotography: PAPERSKY

夢がはじまる場所、アキハバラ・ドリーミング(No.18)

, 2009/12/18

なぜ秋葉原なのか? それは、この街が夢見る人たちの地であり、夢がはじまる場所だからである。約400年前、そこには眼をキラキラさせたサムライたちが、一人前の兵士となるべく懸命に訓練する姿があった。時を経て、ここは「火の町」となった。そして秋には美しい紅葉で彩られた「秋葉」は、火の神様と深い関係となった。1880年代のはじめ、秋葉原は新しい火、「電気」を灯した。国内の電力が公共となり、電線やチューブやカッターを売る小さな店が町一帯に軒を連ねたのである。

歴史を通じて、秋葉原はつねに、変わりゆく文化の最前線に位置づけられるファッションリーダーとしての地位を守りつづけてきた。アキバは流行の発信地。その証拠に、1886年に「伊勢丹」第1号店があった場所がいまでも残っている。アキバから生まれた次なるトレンドは、野菜と一緒に売られていたラジオとそのパーツだった。ラジオ放送が開始され、ラジオとパーツの需要が急速に伸びはじめた1925年には、カボチャとニンジンとラジオをいっぺんに買うことができたのだ。

秋葉原は現在、新しい流行や製品や文化が、国内のみならず海外にも広く普及している場所として、さまざまな夢とともにふたたび爆発的な拡大を見せている。今号のPAPER SKYをバイリンガルで発行することにしたのも、それが理由だ。このガイドは、秋葉原の魅力的な過去と現在、そしてそれほど遠くない未来を紹介する。僕たちは秋葉原の「オシャレ」な側面だけでなく「オタク文化」もカバーしたいと思った。それにもちろん、未来に生きるこの街のどこに行けば、最高の製品、最高のお買い得品、最高の食べ物を手に入れられるかといった、より実践的な側面も網羅しようと努力した。そこで最新式ロボット「Lego㌃ Mindstorms㌃ NXT」をこの街に送り、案内役として活躍してもらうことにした。彼はみんなのどんなニーズにも、完璧に応えてくれる。というわけで、アキバですばらしい一日を! イッテラッシャイ。

PAPERSKY #18 AKIHABARA Guidebook

Akihabara Dreaming

Why Akihabara? Because it”s the land of dreamers and the place where dreams begin. Go back 400 years ago and you would find young starry-eyed samurai training hard to become full-fledged warriors. After that it became the “city of fire,” both because of its beautiful autumn foliage and because of the local temple”s association with the Shinto god of fire. In the early 1880”s Akihabara lit up with a new kind of fire: electricity. Small shops selling wires, tubes, and cutters were scattered about the town as domestic electricity was made available.

Throughout history Akihabara has proven itself as a fashion leader, always positioned at the forefront of cultural changes. It is the place where trends begin, and to prove it you can still visit the spot where in 1886 the first Isetan department store stood. The next trend to boom out of Akiba were radios and radio parts sold at street stands alongside vegetables.

Today Akiba is once again exploding with dreams. New trends, products and culture are being introduced not just locally but globally, which is why we habe chosen to make this issue bilingual. This guide presents Akihabara”s fascinating past, present, and not so distant future. We have sought to cover “otaku bunka” as well as the more fashionable side of Akihabara, and of course its more practical aspects as well, such as where you can get some of the best products, deals, and food in the city that lives in the future. To guide you through Akihabara, Paper Sky called upon the newest robot in town, LegoR MindstormsR NXT. He”s totally compatible with all your needs, so have a great day in Akiba. Itte rashyai!

 
» Editor’s Note バックナンバーリスト

Tags: ,









EDITOR'S NOTE

本誌各号に掲載されている、編集長の
Editor's Noteをはじめ、ニーハイメディア・
ジャパンの活動やイベントなどを紹介

ニーハイメディア・ジャパン代表
ルーカス バデキ・バルコ

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.