Menu Links
  • GREECEPhotography: Jiro Fujita

ギリシア、クレイジーで愛嬌のある国(No.17)

, 2009/12/17

ギリシアについて、きみはなにを知ってる?–これは僕が旅に出る前、ありとあらゆる人たちに訊きまわった質問だ。答えはいつもたいがい、沈黙だった。ときにはこんなふうに答える人もいた、「猫」「廃墟」「村上春樹」…。でも沈黙の後にはたいてい、「いつか行ってみたい」という言葉が続いた。
そこで今号のPAPER SKYでは、「ギリシア」を定義することをミッションとした、真っ青な海と真っ白な建物といういかにもな特徴以外のイメージを、この国に与えるために。まずは、この場を借りて僕が大好きなことや僕が気づいたいくつかのことを、読者の皆さんと一緒に考えてみたい。

光:光の彩度は、まぎれもなくギリシアを他と分かつ特徴だ。ギリシアの昼間は、まるで閃光の下を歩きまわっているような気分にさせる。もしもステレオのボリューム調節のように光が加減されているのなら、ギリシアのそれはいつでも目盛りが「MAX」に合わせられているんだろう。光がもつ信じられないくらいの力、それはあらゆるもののどんな細部までをも、すべて顕わにしてしまう。ほとんどの国では、人は人であり、自然は単純に美しい。ギリシアでは、人々は彫刻となり、自然はきらきらと輝きながら踊っている。光がすべての事物のすべてのディテールを吸収し、そこへ浸透し、それらを少しづつ吸い上げて、ぐつぐつと煮え返らせているのだ。

水:ギリシア人は水を愛す。それは日本でいうお茶のような感覚だ。カフェに座ると、軽食と一緒にかならずグラス一杯の水がついてくる。スーパーマーケットに行けば、数えきれないほどたくさんのブランドの水が売られている。この水消費の獲得をめぐる競争はたしかにガへ敷く、これがこの国のボトル・ウォーターの品質を高めている。僕のお気に入りのブランドは「IAOH」、ガラスのボトル入りで売られている。作家ヘンリー・ミラーは、初めてギリシアに訪れた日を回顧してこう書いている。「水が入っていたボトル…どこへ行っても、私はこの水のボトルと出会った。それが私につきまとって離れなくなった。以来私は、水をなにか新しいもの、生きるために不可欠な、新しい要素として考えるようになった」。

食:「グリーク・コーヒー」は、コーヒー豆の粉を直接カップに入れて作るコーヒーで、実際にはトルコのコーヒーとよく似ている。そして僕にとってはとても嬉しいことに、ギリシア料理のほとんどが中東料理の寄せ集めなのだ。中東諸国と同じように、ラムとオリーヴをベースに料理をつくる伝統がギリシアにはある。ほかに中東料理の基本といえるのには、米、イチジク、ヨーグルト、全粒粉のパン、シシケバブがあり、そしていろいろなスパイスであえたライスとハーブを野菜に詰めたり、レタスの葉に包んで食べたりする調理法がある。ギリシア人は中世の世代、ギリシア正教の修道院でギリシア料理を極めた、食事を準備する間、料理担当の修道士たちは、背の高い縁なしの黒い修道士帽をそのまま白色にしたようなものをかぶっていた。それがいまや、巨匠といわれる世界中のシェフたちの伝統的スタイルとなっている。

ギリシアを定義しようと努力を重ねているうちに、僕たちはアルファベットというものに出くわした(どうであろうとギリシアは、アルファベットを生んだ偉大なる母たちのひとりなのだ)。アルファベットの文字はどれもみな、僕たちがまさにギリシアだと感じるようななにかがあるように思えた。今号を全部読み終えるまでには、ギリシアに対する見かたがちょっとだけ変わるだろう。そして次の海外旅行には、この愛すべき場所、でも少しねじまがった、クレイジーで愛嬌のある美しい場所に行ってみたくなるに違いない。

Crazy and charming Greece A to Z

Tell me, what do you know about Greece? This was the question I kept on asking Anybody and everybody prior to my journey. The answer was always the same; there would be silence. Occasionally somebody would say ‘cats,’ or ‘ruins’ or ‘Murakami Haruki’ but for the most part just silence- followed by- ‘I want to go!’

So for this issue Paper Sky’s mission became to define ‘Greece’, to give Greece an image beyond the blue sea and white buildings that surround it’s landscape. In the following pages you will find many things that are ‘very Greek’- but in this short note- I would like to share with you some of my personal ‘very Ordinary Greek’ observations.

*****
LIGHT: the intensity of the light definitely sets Greece apart. Daylight in Greece is like walking around in a strobe light. If you can imagine the light as a volume knob on a stereo, it would be turned up to maximum- blaring. The incredible thing about this light is it turns everything into a state of hyper detail- in most countries people are people and nature is beautiful. In Greece people become sculptures and nature glitters and dances, the light sucks, seeps, sips and slimmers all details of all objects making life under a microscope a daily reality.

WATER: the Greeks love water. It”s like tea in Japan. Sit down and you”ll have a snack and a glass of water placed before you. Go to the supermarket and there will be countless brands of water for sale. Perhaps this custom of water consumption is due to the dry climate- but the competition is definitely fierce making the quality of bottled water extremely high. My favorite brand was IOAH available in glass bottles. Henry Miller, remembering his first day in Greece wrote. “The glass of water. . . everywhere I saw the glass of water. It became obsessional. I began to think of water as a new thing, a new vital element of life.

GREEK COFFEE: Greek Coffee, coffee made with the grains in the cup, is in reality ‘Turkish Coffee’. And most of the Greek cuisine, much to my delight, is a collection of Middle Eastern food. Greece like the Middle East shares a culinary tradition built on lamb as the staple meat and olive oil as the basic fat. Other cornerstones of Middle Eastern cooking are rice, figs, yogurt, coarse whole-meal bread, shish kebab, and the use of spice mixed with rice and herbs and stuffed into vegetables or wrapped in leaves. The Greeks, in the Middle ages, perfected Greek cuisine in Orthodox monasteries. While preparing meals, the cooking monks wore a white version of the tall, brimless, black monk”s cap- in short, what is today the traditional headgear of master chefs.

****
In our effort to define Greece we turned to the Alphabet, after all Greece is the land that invented the Alphabet. For almost each letter in the alphabet, we have come up with something that we feel is very Greek. By the time you have finished reading through the issue you will find yourself very educated. You will also likely find yourself planning your next trip abroad to a wonderful land, Greece, that is lovely, perverse, crazy, delightful and beautiful.

PAPERSKY #17 Real GREECE A to Z

» Editor’s Note バックナンバーリスト

Tags: ,









ラフカディオ・ハーンが生まれた島・レフカダ島

イオニア海に浮かぶレフカダ島は、小泉八雲ことラフカディオ・ハーンの生誕の地。彼のラフカディオという名… »STORY

GREECE

ギリシアの風景を今日に伝える作家たち

文学がもっとも影響力のあるメディアだった20世紀前半、ギリシアという国のイメージは、作家たちのペンに… »STORY

EDITOR'S NOTE

本誌各号に掲載されている、編集長の
Editor's Noteをはじめ、ニーハイメディア・
ジャパンの活動やイベントなどを紹介

ニーハイメディア・ジャパン代表
ルーカス バデキ・バルコ

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.