Menu Links
  • AUSTRALIAPHOTOGRAPHY: Hiroshi Seo

「ビッグ&ブルー」を求めて、オーストラリア(No.15)

, 2009/12/14

今号のPAPER SKYのために、僕たちはドライヴに出かけた。それは「地球の裏側の国、オーストラリアのオーシャン・ドライブだった、海を探し求め、その海がどのようにオーストラリアのライフスタイルを形成しているかを知りたかった。ブリスベンから南へメルボルンまで海沿いのハイウェイを走り、強烈なブルーの空とボンダイブルーの海を背景に、僕たちはすっかり青一色に囲まれていた。「ビッグでブルーなオーストラリア」、今回のロード・トリップのムードを一番うまく表現するとしたら、そんなふうに言えるかもしれない。そして、古い街や新しい街、大きな街や小さな街を通り過ぎながら、車のウィンドウ越しに、立ち寄ったガソリンスタンドに、そしてもちろんこの海岸沿いのドライヴで出会った人や場所のすべてに、この国を発見したのだ。そんなオーストラリアで見つけたとっておきの秘密を、ちょっとだけ紹介しよう。

「レッド・ロック・チリ・チップス」特にライム&ブラックペッパー味、「マウント・フランクリン」ミネラル・ウォーター、いつどんな時も5㎏のサーモンを釣らせてくれるフレンドリーなフィッシャーマン、天の川の全景をも見渡せる素晴らしい星空、圧倒されるほどたくさんある美しいビーチ、とてもクリーミーで甘いカフェラテ、膨大な種類のユーカリの木、腰にセクシーなタトゥーを入れたバーの女性たち、ナット・ヤング、ボブ・マクタヴィッシュ、シェーン・ホラン、前方にパトカーがいることをパッシングで知らせてくれる対向車、ニューカッスル、シドニー市街を何千人もの人がジョギングしているなんともおかしな光景、驚くほどの数のギリシャ人とギリシャ・フード、政府後援の野外パーティやレイヴ、派手なシャツを着たトラック運転手、まるで鳩のように街灯柱にとまっているペリカン、オーシャン・ヴューが楽しめるレストランの数々(Rae’s, The Bathers’ Pavilion, Stokehouse, The Baths, A La Grecque)、今まで聞いたこともないような言葉を喋る鳥、ゴーカートのコースのようなフリーウェイ、午前11時前に10のうち8のカフェでかかっているトランス・ミュージック、オーストラリアの鳥たちよりもカラフルな制服の女子高生、80%がスポーツ欄で占められている新聞各紙、サッカー場での子どもたちとカンガルーの共存サメよけネット、世界的に有名な建築家ミック・ピアースと彼の新しいプロジェクト「CH-2 Green Building」(www.mekbourne.vic.gov.au)、ポート・フィリップ湾を横断する40分間のフェリーの旅、「OK」という言葉の代わりにみんながいつも親指を立てているように見えること、道路標識–特にカンガルーとウォンバットのサイン、TV放映されるクリケット試合、寒い冬だけれども暖かい服を気になれず、短パン半袖で歩き回っている地元の男性、「バーガー・キング」が「ハングリー・ジャックス」と呼ばれていること、そして・・・・・・星の数ほどある芝生のボウリング場。

たった一度しか旅していないのに、一体どうしてオーストラリアで”いちばん”の秘密をこれほどたくさん挙げることができたのか。そう、僕たちはこの旅で、まさに”道”というものにこだわったからなのだ!とりわけ「オーシャン・ロード」。ブリスベンからメルボルンまで、この道を海沿いに南へ2,200㎞以上ドライヴし、3つもの–1)PAPER SKYらしいユニークな場所、2)オーストラリアの伝説のサーファー、3)最高のオーシャン・ヴューが堪能できるレストランを探し求め、その途上にある小さな街んぼすべてで、僕たちは車を停めた。さあ、オーストラリアに行って、エンジンを全開にし、シートベルトをしめて、世界一素晴らしい海岸沿いのドライブに出かけよう!

BIG & BLUE in AUSTRALIA

For this issue we went for a drive, an ocean drive, to the land down under, AUSTRALIA. We were in search of the sea and how the sea shapes the Australian’s lifestyle. We took the coastal highway from Brisbane down to Melbourne and between the strong blue skies and the bondi blue sea we were totally surrounded by blue- Big & Blue in Australia is probably the best way to capture the mood of our road trip. While we passed by old towns, new towns, big towns and small towns we discovered the country through our car windows, gas stations, and of course all the people and places we met along the coastal route. Following is a brief list of some of our Australia de mitsuketa totte oki no himitsu.

Red Rock Deli Chips especially Lime & Black Pepper flavor, Mount Franklin Australian water, friendly Fishermen with all the time in the world that let you pull in their 5kg Salmons, Amazing Stars at Night- including a full on view of the Milky Way, the overwhelming number of beautiful beaches, the fact that coffee lattes are so creamy and sweet, the countless varieties of Yukatalipitus Trees, bar girls with sexy tattos above their hips, flower shops with flowers you’ve never seen in your life, Nat Young, Bob Mctavish, Chyan Horne, the fact that on coming cars blink their lights to let you know you will be coming up on a patrol car, New Catsle, the ridiculus scene of thousands of white joggers in the city of Sydny, the amazing number of Greeks and Greek food, government sponsored bush parties or raves, truckers in neon shirts, Pelicans that sit on the lampposts as if they were piggons in any other country, the following restrants all with an ocean view: Rae’s, Bather’s Pavilion, Stokehouse, The Baths and A La Grecque, birds that speak languages you’ve never heard of before, freeways that are like go-cart racing courses, morning trance in 8 out of 10 cafes before 11:00 am, girl’s schools with uniforms more colorful then most of the Australian bird population, the fact that 80% of the newspaper is devoted to sports, the unity between kids and kangaroos on the soccer field, shark nets, Mick Pearce one of the world’s most amazing architecst and his new project the CH-2 Green Building (www.melbourne.vic.gov.au), the 40 minitue ferry ride across Port Phillip Bay, the fact that everyone seems to always be sticking their thumbs up in place of the word OK, the road signs especially the Kangarro and Wombat signs, cricket games on TV, Australian men who despite it being winter are mentally unwilling to wear warm clothes and walk around in shorts and short sleeve shirts, the fact that the Australians call Burger King- Hungry Jacks, and the heavenly large number of lawn bowling establishments.

So you ask how after only one trip we were unable to unlock so many of Australia’s best kept secrets- well we took to the ROAD! Specifically we took to the Ocean Road- driving down the coast from Brisbane to Melbourne and covering over 2,200 kilometers and stopping at all the small towns in between in search of three things: 1) to find unique Paper Sky-ish places to stop, 2) to meet a few of Australia’s legendary surfers, 3) and to feast at the best ocean view restaurants. So get to Australia, rev your engines and buckle up for the most spectacular coastl drive in the world.

PAPERSKY #15 AUSTRALIA Ocean Drive
 
» Editor’s Note バックナンバーリスト

Tags: ,









Smartwool×PAPERSKY WHOSE SOCKS? vol.13 GOMAさん

本誌との連動企画「smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?」。通気性と保温… »STORY

AUSTRALIA

時を超えたコミュニケーション|ワラス・ロックホール

アリススプリングスから勇壮なジェームズ山脈に沿って約120km。砂を含んだ乾いた風が舞う一本道を、ひ… »STORY

AUSTRALIA

必要なものと不必要なものを知り尽くしていたアナング族

飛行機から見たウルルは、まさに地球のへそと呼ぶにふさわしい景観。赤く広がる土にポコンと突きでた巨大な… »STORY

SMARTWOOL

WHOSE SOCKS? vol.3 プロフリークライマー 小山田大さん

本誌との連動企画「smartwool × PAPERSKY WHOSE SOCKS?」。通気性と保温… »STORY

AUSTRALIA

オーストラリアの先住民、アボリジニに伝わるソングライン

航空写真で世界中の地図を見ることができるようになっても、そこには写ることのない道がある。それは人々の… »STORY

メルボルンのミュージシャン Jess Harlen – I Go

ニュージーランドの先住民マオリの血を引き、エモーショナルな歌声とパワフルな曲調が魅力のジェス・ハーレ… »STORY

AUSTRALIA

オーストラリア、ソングラインを奏でながら(No.29)

今号のPAPER SKYはとても特別だ。なぜなら、オーストラリア先住民、アボリジニの文化に関する特集… »STORY

EDITOR'S NOTE

本誌各号に掲載されている、編集長の
Editor's Noteをはじめ、ニーハイメディア・
ジャパンの活動やイベントなどを紹介

ニーハイメディア・ジャパン代表
ルーカス バデキ・バルコ

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.