Menu Links
  • papersky

不景気はアートの素 東ベルリンのアーティストたち

, 2009/12/10

2003年 – PAPER SKY取材班が訪れたのは、西側型の経済が支配するようになってまだ間もなかった東ベルリン。近代都市に見られるビジネスマンたちのにぎわいはなく、不況による経済難が続いている状況だった。しかしそうした中で、まず目立つようになったのが、アートに関わる活動。広いスペースにもかかわらず家賃が安く、自由を約束されるこの街はアーティストやクリエイターたちにとって、芸術を育てる格好の場所になっていたのだ。本誌no.5では東ベルリンのアーティスト7組のインタビューを掲載したが、今回はその中から印象的な言葉を紹介しよう。

Susa Pop, Iris Surburg and Renny Caliman (The Recession Sessions) アーティスト
「誰がプロフェッショナルに仕事をこなしているかなんて、どうでもいい事。社会の階級制度なんかよりも、ただ同じ事を愛する人ばかりで集まりたいだけなんです」

Oliver Vogt and Hermann Weizenegger (The Imaginary Factory) ブラシ・デザイン
「東ベルリンには、もう前みたいにたくさんの工場はない。こうやって、小さくてもユニークな会社がある事で、町の環境を救っているように思えるんだ」

Jorne Rischke (J.R. Leather Manufacturer) 革職人
「ビジネスは基本的にまあまあです。でもそこがベルリンの良いところ。14年も仕事をしていて初めて2年前に自分のショップが持てたのも、ホントにここだから出来る事だと思うよ」

Wibke Deertz (ADD) ファッションデザイナー
「ここでは自分の好きな事をするのに、ファイターになる必要はない。ただ引き受けたプロフェクトを無我夢中にやるだけ!」

Saskia Draxle (Hubert Fichte Hotel Room) アーティスト
「新しい環境はクリエイティブ・ピープルにとって必要不可欠。でも彼らのほとんどは、バケーションを楽しむ時間やお金とか、そんな欲がないのよね」

Michael Stein (The Surf poets) 詩人
「僕たちは、みんなに人生について考えてもらいたい。そしてただ仕事を受け取ってそれに合わせるのではなく、自分のアイデアを大切にしてもらいたいんだ」

See also: Papersky no.5

Tags: ,









輪行でドイツのケルンまで |BRUNO自転車旅レポート vol.7

BRUNOが応援する「旅」~世界の自転車旅サポート~ 20歳の大学生、溝口哲也さん 旅レポート第7弾… »STORY

オーストリアからチェコへ|BRUNO自転車旅レポート vol.6

BRUNOが応援する「旅」~世界の自転車旅サポート~ 20歳の大学生、溝口哲也さん 旅レポート第5弾… »STORY

10年も20年も、ルーツを大切に仲間と周年を祝おう

10月の末といえば、ハロウィン……いえいえ、東京の秋の恒例となりつつある自転車の映画祭「Bicycl… »STORY

バイシクル・カルチャー&デザイン『Velo – 2nd Gear』

ベルリンに拠点を置く出版社ゲシュタルテンによる、現代バイクカルチャーの多様なシーンを探る自転車マガジ… »STORY

YOU ARE HERE: BERLIN-TOKYO キックオフイベント

来年10月に東京で開催される、ベルリンの現代アートと文化を紹介する初のイベント「You Are He… »STORY

雪のベルリンから、便りが届きました

2010年最初の投稿で、折しも本日15日は「小正月(こしょうがつ)」。ということで、もうだいぶ遅いの… »STORY

ed05-germany

放浪したくて | ドイツ・ニューフェイス(No.5)

このイシューは、東京に数年間住んでいたドイツ人、レ卜とミシェイラとの会話の中から生まれた。ある日、彼… »STORY

place
ベルリン

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.