Menu Links
  • Photography: Hiroshi Eguchi

イギリスを泳ぎまくる|ロジャー・ディーキン

, 2009/12/10

作家、映画作者、環境保護主義者として知られる、ロジャー・ディーキンの楽しみは、オープンウォータースイミング ──つまり屋外で泳ぐこと。2006年に発行され本国でベストセラーになったという本書は、タイトルにふさわしくイギリス全土を泳ぎまくった一大紀行文となっている。旅のスタートは1996年、イングランド東部サフォーク、自宅の農場の裏にある堀から始まる。水のなかで彼は思う、「どこまでも泳いでいって、美しい日を大いに讃えよう」 。雨が地面に落ち川に流れこみ、時間をかけて海へと注ぎこむように、彼はゆっくりと、その土地土地で泳ぐことを楽しむ。その視点は蛙のように水面と地上を行き来する。水中での思考は、自らの身体から、自然へ、そして歴史、文化へと得意の平泳ぎのように自由に伸びていく。南部の荒野ダートムーアを流れるアーム川では、サケの一団とともに泳ぎ、そのきっかけとなったマイク・ウェストブルックのジャズ曲『アーム・エスチュアリー(河口)』へと思いをめぐらすといった具合。

水のなかで書かれたかのような文章は、スピードも浮遊感も通常とは異なっていて、読んでいるうちに重力が明らかに軽くなるのを感じる。山岳文学ならぬ水中文学というジャンルがあれば真っ先に挙げたいくらいだ。岩礁プール、フィン川の横断、用水路、海峡、さらに氷の下…訪れた場所は30カ所を超え、体験に基づいた環境保護への思いは深い説得力がある。なじみのない地名や事象が頻出するので、傍らに地図とウィキペディアがあればもっと深く楽しめるだろう。

イギリスを泳ぎまくる ロジャー・ディーキン 著/青木玲 訳 亜紀書房 2625円
原書 Waterlog: A Swimmer’s Journey Through Britain Roger Deakin

Tags:









ロンドン、そしてパリを目指して|BRUNO自転車旅レポート vol.8

BRUNOが応援する「旅」~世界の自転車旅サポート~ 20歳の大学生、溝口哲也さん 旅レポート第8弾… »STORY

Ala CHAMP Magazine The Revolution Issue

メルボルンとロンドン、東京を拠点に活動する双子の姉妹MoniqueとJoanna Kaweckiによ… »STORY

旅の女 オノ・ヨーコ |PAPERSKY インタビュー

オノ・ヨーコについて我々が抱くイメージは2つ。ひとつは、気まぐれで自由奔放な一面、もうひとつはミステ… »STORY

パットのサイクリング・ドローイング|PAPERSKY Book Club

自転車のなにがいいって当たり前だけど自分の足で行けるところにしか行けないことだ。ペダルをこいだぶんだ… »STORY

新しいペンギンヘッドの旅立ち|ペンギン・カフェ来日公演

故サイモン・ジェフスらによってロンドンで結成され、1970〜80年代、高い演奏力とウィットに富んだ楽… »STORY

自然の中に身を置く、ゴルフ本来の心地よさ

「この国では、ゴルフは一日仕事じゃないんです。陽も長いんで、当日、電話をくれれば午後3時くらいからで… »STORY

フットボールと街の絆を確かめに

現在、約200カ国で2億4,000万もの人がプレーするといわれるフットボール。その起源は、中世イング… »STORY

LONDON

天然芝とロンドンと、テニス発祥の物語|ウィンブルドン

ハイドパークにケンジントンガーデン、リージェンツパークにホランドパーク。バッキンガム宮殿あたりの中心… »STORY

芝の都、ロンドン | London on the Grass

ハイドパークに代表される広大な公園を持つロンドンは、その都市面積の30%以上が公園や緑地帯という緑の… »STORY

いつまでも持ちつづける旅心|ポール・スミス

ファッションデザイナ一、ポール・スミス。彼はおおらかで誠実、そしてちょっと風変わりなハードワーカーだ… »STORY

LONDON

草上のロンドン|芝生の上のスポーツが生まれた地(No.19)

ロンドンといえば、僕たちのほとんどはセックス・ピストルズ、2階建てバス、古城、そしてはるか遠い遠い昔… »STORY

ペンギンブックスにみる装丁デザインの変遷

オレンジと白のラインに、おどけた表情のペンギンのトレードマーク。洋書が好きな人なら一度は見たことのあ… »STORY

place
イギリス

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.