Menu Links
  • ed12-texas

国境にて|テキサス・ボーダータウン・トリップ(No.12)

, 2005/01/25

今回の取材で、僕たちは初めて、ラレドという街にある米国テキサス州とメキシコの国境を垣間見た。国境沿いの全域で最も交通量の激しいポイントであるインターナショナル・ブリッジ・ワン(第一国際橋)では、リオ・グランデ川を挟む両方向に、対岸ヘ渡ろうとする何千人もの人々が列をなしていた。ショッピングや仕事に行く人もいれば、友達や家族を訪ねる人もいる。

橋の下では、また別の光景が繰り広げられている。パトロール隊員が勢いよく行き来しながら、川岸沿いの草むらからテキサス州への脱走を試みる「不法入国者」たちを待ち受けているのだ。この川のメキシコ側にいる一人の男が二名の友人に向かつて大声で叫び、彼らが捕まらないようにと指示をする。男たちは日が暮れるのを待ち、国境パトロール隊は辛抱強く待ち構え、その上方にある橋の上では、車と人の往来が絶えることなく流れ続ける。テキサスーメキシコ関係の複雑さ、そしてその必然性を目の当たりにする瞬間だ。

テキサス州の街と、大部分がヒスパニック系の人々からなるリオ・グランデ川流域を結んでいる一本のハイウェイを車で、走っていると、2つの全く異なる文化が完壁に融合している地域に出くわした。そこでは食べ物、音楽、ライフスタイル、言語のすべてが、テキサスとメキシコの両方が同じ分だけ混ざり合ってできた産物のように見えるのだ。

ある地点で、数百羽もの雄鶏を裏庭で飼っている家を見かけ、写真を撮ろうと停車した。すると一人の女性がポーチから降り立ち、私道を通って僕たちの方ヘ歩み寄ってきた。NYから来た僕たちのスタッフのフォトグラファ一、ジョシュアが手を振りかけて途中でやめた。おそらく、米国西部の辺境の地ヘ不法に立ち入ってしまったのではないかと訝ったのだろう。しかしその女性は、僕たちを家の中ヘ招いてくれた。「中に入ればもっといい写真が撮れるってママカ「言ってるわ」と。結果的に、僕たちはこの土地の奥へと案内され、心のこもった温かい歓待を受けた。これにはちょっと驚かされたものだ。国境沿いのテキサス側の地域はたいていの場合、吹きさらしの砂漠が広がり、北の都心部ヘ望みを託して逃亡してきたメキシコからの不法移民者以外ほとんど誰もいないと思われている。しかし、僕たちが見たのは、美しい風景の只中に据えられたひとつの一貫した文化と、その豊かな過去であった。良かれ悪しかれ、ある程度の貧困や政治的国難、歴史の重みを抱えているにもかかわらず、僕たちはここに、ふたつの社会がひとつに結合している姿を確かに発見したのである。

Text: ピーター・ウィルソン
PAPERSKY No.12 Texas Mexico テキサス・ボーダータウン・トリップ
January 2005

In Borderland | TEXAS | EDITOR’S NOTE – 12

We got our first glimpse of the Texas-Mexico border in a town called Laredo. At International Bridge #1 , the most heavily trafficked point of entry along the entire border, thousands of people line up to cross in both directions over the Rio Grande River. Some are going to shop, some for work, others to visit friends and family.

Beneath the bridge another scene plays out. Patrolmen zip back and forth waiting for a couple of “illegals” to make a break for Texas from the brush along the banks of the river. A man on the Mexico side calls out to his two friends to steer them away from capture. The men wait for nightfall , the Border Patrol wait patiently, and above, the traffic on the bridge keeps flowing. The complexities, and the inevitability, of the Texas-Mexico relationship are plain to see.

As we drove the single highway that connects Texas towns in the predominantly Hispanic Rio Grande river valley, we encountered a region where two utterly distinct cultures have utterly fused-all of the food , the music, the lifestyle and the language are products in seemingly equal parts of both Texas and Mexico.

At one point, we came across a house with hundreds of roosters in a front yard and stopped to take a picture. A woman stepped off the porch and walked down the driveway towards us. Our NY photographer gave a half-wave, perhaps wondering about the implications of trespassing in the wild west. But the woman invited us inside. “My mother says you would get a better picture if you came in.” As it turned out, we were invited into living rooms throughout the region, receiving a warmth and hospitality that was for some reason surprising. Texas’ regions along the border are more often than not thought of as bleak desert expanses, where few people other than illegal Mexican immigrants making a dash to northern city centers venture. What we found was an entire culture and its rich past set amidst a beautiful physical landscape.

Despite relative poverty, political puzzles and the weight of history, for better or worst, we found two societies joined as one.

Text: Peter Wilson
PAPERSKY No.12 Texas Mexico – Daries of the Tex Mex Borderland
January 2005

Tags: ,









TEXAS

テックス・メックス 国境に生きる音楽 テハーノ

「国境」という言葉に、島国に暮らす日本人はどれだけの想像力を働かせることができるだろうか。アメリカ南… »STORY

EDITOR'S NOTE

本誌各号に掲載されている、編集長の
Editor's Noteをはじめ、ニーハイメディア・
ジャパンの活動やイベントなどを紹介

ニーハイメディア・ジャパン代表
ルーカス バデキ・バルコ

© 2008-2018 Knee High Media. All Rights Reserved.